映画「リリーのすべて」 選べない体

20世紀初期、デンマークに住む風景画家のアイナーは、同じく画家の妻と一緒に暮らすごく普通の紳士に見えたが、ある日、妻に女性モデルの代役を頼まれたことから、自らが女性であったことに気付く。そして、日常的に女装をして自らをリリーと名乗ることとなる。

その後、本来の自分の姿にするべく、当時は実験段階であった性転換手術を受けることにするのだが、それは大変危険な賭けであった。

この映画を観ることにしたきっかけは、自分が長年に渡りトランスジェンダーの人々を誤解していたからである。特に、男性から女性に転換する人は、女装癖があり、また、気弱で受け身になりたいから女性になりたがっているのではと思っていた。

実のところ、その人達は、異性の体になりたいのではなく、そもそもが異性であるのに、外見上、自分と違った性の体として生まれてきたのを修正しようとしているのであるということが分かった。男である、女であるというのは肉体的に違うだけでなく、精神的にも違うということを意味するのだ。それは社会的な男らしいとか、女らしい、というのとは違う生物学的な性認識である。

最近、そのことで有名なのが、アメリカ人で元オリンピックの男子陸上競技の金メダリストであったケイトリン・ジェナーである。性転換手術を65歳で施し、女性の体になり、髪の毛を伸ばし女装をしている。彼女曰く、自分は、それ以前は毎日、朝から晩まで自分に嘘をついて生きていたと。正直いって外見上、不気味に見えるのだが、それが本人にとっての「ありのまま」の姿である。

人は、生まれる時、自分が男になるか女になるかを選べない。それと同様に、心と体の性が同じ人間として生まれるか、ずれが生じる人間になるかも選べないのだ。

しかし、悲しいことに、そういう事情に対しての社会の理解が乏しい限り、彼ら、彼女らは苦しみ続けるであろう。リリーの時代は、全く理解がなく、医師に相談をすると、精神病院に連れ込まれそうになったりした。現代は、日本でも、性転換をした後に、戸籍変更が可能となるように法改正もされるようになったが、社会の偏見は未だ根強い。

これは、人が人として生きる上での権利の問題と捉えるべきだろう。


# by masagata2004 | 2016-12-09 20:58 | Trackback | Comments(0)

米大統領選トランプ勝利に関して思い出すこと

実業家のドナルド・トランプ氏が、元大統領夫人のヒラリー・クリントン女史を破り、第45代大統領の就任が決定した。正確にいうと、これ以外に、ゲリー・ジョンソン(リバタリアン党)とジル・ステイン(緑の党)という候補者がいたのだが、二人は討論会にも参加できないほどの冷遇。小選挙区二大政党制の元、二者択一しかないアメリカの選挙制の元では、日本の共産党や公明党のような少数政党の人が大統領になることも、議席をとることも非常に難しい状況。

なにはともあれ、暴言振りまき、人種差別主義、性差別主義、反移民、反イスラムを掲げる傲慢な男が大統領に就任することになったのだけど、これは、かねてから予想できたこと。世論調査では拾えない隠れ支持者がいたのだから。

しかし、私は、こうなることを20年前から予想していた。20年前は確か、共和党の予備選で、パット・ブキャナンという人物が過激思想で物議をかましていたが、ちょうどその時、私はサンフランシスコの大学の学生だった。アジア系の学生が、「あんな奴が大統領になるなんて」と不安を露わにしていたが、共和党の代表候補にさえなれず、選挙結果はクリントン女史の旦那さんである現職が続投。

大学では、二大政党への不満を先生が話していて、民主も共和も似たり寄ったりで、だから、投票率は低いんだと。どっちに入れても同じなら、外出していくなんてばかばかしい。ましてや、日本と違い平日に投票日があるから、仕事を休まなければならない。平日投票制度は、19世紀に日曜の教会の後、汽車に乗って投票所に行かなければならない時代の名残だとか。

ついでに日本と違い、投票にいく前に、有権者登録をしなければならない。選挙の年になると、道に立って「Register to Vote」と呼びかける人が目立つようになる。
でもって、こんな面倒なことが投票率を押し下げ、そして、この制度はトランプを嫌う非白人が投票に行きにくくするからくりを生み出している。つまり、不法移民は当然投票をできないが、黒人やラテン系の人々は、意図的で複雑なプロセスで門前払いを食らうことになるのだ。そして、今年は、そういうことを禁止する法律が無効になった初めての選挙なので、さらにあからさまになったとか。

トランプの勝利に関しては、白人の人種差別意識が影響したというが、もうそんなものは存在しなくなったのではと思われがちだが、そんなことはないということを留学時代に思い知った。いくつか、トランプ現象を予感するエピソードを紹介したい。


続き
# by masagata2004 | 2016-11-14 16:34 | 米留学体験談 | Trackback | Comments(0)

映画「Wの悲劇」 演技派女優のW競演

30年以上前、私が中学生だった頃、映画館で観た映画。それを久しぶりにDVDで観た。

女優志願の若い女性が、大女優のとんでもない申し出を引き受けた報酬に、大舞台劇の主役に抜擢される。彼女は、見事にその演技をこなすのだが・・・。

ストーリー設定と展開が、かなり強引に思えたが、俳優の演技力にかなりの説得力があった。特に、二人の女優。主演の薬師丸ひろ子と準主役的な存在の三田佳子だ。

1980年代の若手人気女優とキャリア女優のコンビには迫力があった。

以前、とある舞台劇で二枚目を演じた俳優が、舞台の外では何の変哲もない人物に変わっていたのを目撃したことがある。なるほど、俳優とは、美男美女であるだけでなく、美男美女を演じられる人たちなのだと自覚した。

こんな台詞が印象に残る。「赤ちゃんに大人を演じろと言われても、できないが、大人が赤ちゃんを演じることはできる」。演技とは、客観的に役を理解し、なりきるということを意味するのだろう。

ちなみに、この映画の中で脇役として出演していた高木美保は、その後、昼メロ史上最高視聴率を誇った「華の嵐」でヒロインの貴族令嬢を演じた女優である。

この「華の嵐」についてもいずれ語りたいと思う。

この映画は舞台劇制作を巡る人間模様を描いたものだが、その舞台自体を実際に観てみたいと思った。山荘で繰り広げられる殺人事件のミステリーと謎解き。

舞台劇は、演技がドラマや映画と違い、やや大袈裟になる。また、効果音や照明も手の込んだものにしている。それが、映画と違う。これまで、映画を舞台化したものといったら、「細雪」と「風と共に去りぬ」を観たことがある。

映画とは違った味わいを感じる。この映画では、映画ドラマの面白みと舞台劇の面白みを対比しながら、表しているのが特徴だ。

因みに、最近、私は舞台劇に関心を持っていて、舞台劇の台本でも書きたいと思っている。それについても、今後いろいろと語りたい。

# by masagata2004 | 2016-09-23 03:20 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

沖縄で体感する真の民主主義

先週、沖縄に行った。海水浴に行って来たわけではない。民衆の戦いを観て、また加わるためだ。
これについては、この沖縄カテゴリーを読んでいただけると分かると思う。

場所は、今一番ホットな東村高江。ここは、米海兵隊の北部訓練場の一部返還に伴い、交換条件とした6つのヘリパッドの建設が進むところだ。

そもそも返還地は、米軍が使用不可能となったところであり、また、新しい基地にはオスプレイという騒音と欠陥で問題となった機種が配備されるため、高江に住む住民の生活が脅かされ、ノグチゲラなどの絶滅危惧種の環境への破壊が予想される。

そのため、県内外の多くの人々が反対運動に参加している。

問題となっている現場は、N1裏と呼ばれるところ。この地図を見てもらうと分かりやすいのだが、N1の丸2つが現在、森の中で建設が進んでいるヘリパッドの地点。
b0017892_1185866.jpg


N1裏は、それを横切る点線の下の道と交わるところ。そこに反対派の人々は座り込みテントを張っている。
b0017892_1161710.jpg


実をいうと、ここは、今年の7月中旬まではこんな感じであった。
b0017892_11105236.jpg


なぜ、大きなテントが張られ、より多くの人々が集うようになったかというと、N1の点線の上の入り口から、工事車両が入るようになり、その工事車両が、別のHとGの地点に移動するための通過点としてN1裏が狙われているからだという。

7月下旬まで、N1表といわれた点線上の入り口には、座り込みテントが張られていたが、機動隊により排除され、現在は警備員で厳重に固められている。以前と、現状の写真の比較。
b0017892_11141568.jpg

b0017892_11142933.jpg


さて、N1裏テントでは、

続く
# by masagata2004 | 2016-09-06 11:47 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)

映画「シン・ゴジラ」 さよなら、アメリカ

『シン・ゴジラ』に不満の花田紀凱編集長

私にとっては、怖くもかわいくもあるゴジラ。ある種のキャラとしてゴジラを観ている。
フルCGということで、どんなものかと思い、暇つぶしに観にいった。評価は、まあまあ。

今回の最新の映画は、ハリウッド版のゴジラに影響を受けたものだと思える。特に、原発と関連づけたところがそうだ。ゴジラは福島第一の危機を、そのままゴジラにしたような感がある。

そういえば、30年ぐらい前に観た沢口靖子が出演していたゴジラでは、ゴジラが浜岡原発に上陸して原子炉をとって、放射能を吸うシーンがあったので原発批判が盛り込まれていると思ったのだが、今回はリアルな原発事故がモチーフ。まるで、この映画のためにあの事故が起こったと思えるほど。

因みにCGを使っているだけあって、30年前に観たものとは映像の迫力が断然違う。模型だと模型と分かってしまうよね。

もう一つ気になったのは、米軍の存在。映画の中では「我々は彼の国の属国」「相変わらず押しつけがましい」「残留物を勝手に持ち去った」と不満を述べるシーンがたらたら。ただ、米軍が協力したりして、「さすが米軍だな」というシーンも。だけど、所詮は、彼らの利益のために動いているに過ぎないと分からせられる。

映画の中では、女性防衛大臣が「米軍は前には出ません。支援する立場です」と発言する。これは日米防衛ガイドラインに規定されていること。日本には、防衛のprimary responsibility(主要なる責任がある)と決まっている。外務省は「主体的に行動する」と意図的な誤訳をしているが、アメリカは、つまりのところ日本の防衛義務は負っていない。日米安保条約も、あくまで、有事の時点で大統領と議会が承認した場合にのみ、防衛行動にでるとなっている。
b0017892_15572381.jpg

原発事故の後に「トモダチ作戦」が繰り広げられたが、あれもしっかり費用を請求された。もっとも、米軍の援助がなければどうにかなっていたかというわけでもない。災害援助なのだから、自衛隊で十分できたことだし、そうでなければならない。

悲しいことに、この作戦に参加した原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員は強い放射能を浴びて、ひどい健康被害に悩まされながらも、日米両政府から補償を受けられることなく、東電を訴えているとか。アメリカは自国民さえも、大切にできないという悲しい事態。

アメリカは傲慢だが、今や超大国ではない。GDPの世界比率は、全体の16%程度。もう世界を押さえられる力はなく。国内では貧富の差が拡大。だから、トランプが大統領になりそうな事態を招いている。

私の勝手な解釈だが、この映画は「日本人よ、危機は自分で対処せよ。アメリカはあてにならないよ」という意味が込められているように思える。

だからこそ、沖縄に彼らのために新基地作ってやるような愚行は止めなければいけない
b0017892_15562512.jpg

写真は、沖縄県東村高江の海兵隊北部訓練場メインゲートの前で新ヘリパッド建設に抗議する人々の様子。(2016年7月2日)
その後、東京の新宿でも抗議デモが開催された。
b0017892_1675242.jpg

この問題に関しては、やんばる東村 高江の現状 をご覧ください。現在、とても深刻な事態に。多くの人の協力が必要!!
# by masagata2004 | 2016-08-18 15:57 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

お気に入りブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧