歴史ドキュメンタリー映画「南京」 野蛮で恐ろしか日本人

Excite エキサイト : 中国ニュース

日曜日に映画館ではないが、200人ほどの人が集まった集会で歴史ドキュメンタリー映画「南京」を見た。南京と聞けば多くの人が想像する、そして、保守派が騒ぎ出す、まさに「南京大虐殺」をドキュメントした1時間半の映画だ。

どんな集会だったかはこの記事を読んで知っていただきたい。

これはアメリカ映画で、西洋人と中国人の立場からドキュメントした内容。だから、日本人が見るにはちと、心の準備が必要かも。ドキュメンタリーだが、形式はハリウッドらしくユニーク。



俳優が、当時南京にいた西洋人、中国人、日本兵になりかわり、スタジオで体験を回想して語るもの。内容は、実在した人々の手記からの引用なので、事実を語っている。また、それ以外に、年老いた人々が70年前を思い出し、自身の被害体験や目撃体験を語る場面もある。でもって、被害者だけでなく、加害者の兵士が語る場面もある。おそらく、2002年にニュースステーションで報道されたものをぼかしなしで使った映像だ。

中心となるのは、アメリカ人の女性宣教師、ミニー・ボートリンで、これは作家ヘミングウェイの孫に当たるマリエル・ヘミングウェイが演じている。女子大で、必死に女性をさらおうとする日本兵を門でブロックして守った行為が称えられている。

南京では報告されただけでも2万件のレイプがあったといわれる。被害にあったのは女性だけでなく、男性もレイプの被害にあっている。

意外なエピソードも紹介されていた。日本兵がレイプする代わりに売春婦を連れ出したいと、避難所に入ってきた時、ボートリン女史はそんな人は一人もいませんと追い返そうとしたが、何人か売春婦がその場にいて、日本兵についていったというので驚きだったという。

南京占領後の軍のメディアの利用の仕方が説明され、歓迎され子供と兵士が団欒している場面は撮させながら、死体の山はいっさい撮らせないなどの規制をしいたと。これは、イラクでも同じことが起こった。ハリウッドだからこそ、着目したのか。

さてさて、これは、ある種のプロパガンダ的な要素があり、右翼でない私も、引いた場面が最後のシーンに見受けられた。靖国神社で日の丸を振りながら万歳をする日本人の姿で、南京で万歳をする日本兵と重ね合わせ、日本人は何も変わっていないという印象を受けさせる。

だが、これは一部の人がやっている行為で、全体を代表しているわけではない。ほとんどの日本人は、歴史に無関心で右でも左でもない。ま、これも仕方ないか、総理大臣が毎年参拝していた時期があったのだし。

この映画を観終わった後、私は不思議な感覚を受けた。異常な迄に自国に親近感を持ったことだ。ある1シーンが、とても印象に残った。死屍とする大地を背景に山に登って太陽に向かって騎馬兵が剣をかざし、敬礼をするところだ。太陽は天皇を表すものだったらしいが、古来からの太陽信仰に由来する儀式ともいえる。

そうか、私と彼らは同じ民族としてつながっているんだ。善いも悪いも受け入れて日本人として生きていかなければ。

いっておくけど、私は日本人であることを心より誇りに思っているよ。

いい評論だと思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-12-18 22:27 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/10055586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by doramamaker at 2009-09-15 20:42
初めまして♪
私も日本軍が行った過去の所業について、
本当の本当にどこが真実なのか、どこが誤解なのか、
もっとはっきり鮮明にして欲しいと思っている1人です。
やはり自分の姪っ子たちにもちゃんとした史実を語り継がないと
いけない義務もありますし、何より自分の国が昔実際
どんな罪を犯したのか、ちゃんと理解しなければ、
外国とこれから連携して地球・環境改善・核廃絶やら
協力していく上で、不透明になってしまいますよねぇ。

「私と彼らは同じ民族としてつながっているんだ。善いも悪いも受け入れて日本人として生きていかなければ。」
このご意見、本当に同感です。

そしてまた、私も日本人であることに誇りを持って
生きてます♪
Commented by at 2009-09-15 22:06 x
プロパガンダにやられちゃってますね。
「日本人であることを心より誇りに思っている」のはいいですが、捏造部分を見抜くようにしてちょうだい。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧