東京は確かに住みやすい

世界一住みやすい都市はチューリヒ、東京は3位=英誌 | Excite エキサイト

意外にごみごみしていると思われている東京だが、確かに住みやすいよね。

公共交通や、様々な施設があって、娯楽施設なんてふんだんにあるし、意外にも、そんなに金持ちでなくても楽しめたりする。町全体がレジャー施設のようなもので、広がりがあり、見渡すだけで壮大で面白い。

意外にお薦めは、皇居と新宿御苑。金がかからず、丸一日いても飽きない。

大都会の中にこんな美しく広大な緑地がよくあるもんだと感激してしまう。

で、お分かりのようにどちらも天皇の所有となっている。だからこそ、残っているといえる。

天皇制があって良かったというべきだろう。

そんな東京だが、日本の首都でありながら、空はアメリカのもの。近くの港には、そのアメリカの原子力空母や潜水艦が停泊する。危なっかしいたらあらしない。この映画でも描写されている。

全くむかつくね。

守ってもいないで金むしり取ろうと考えているずうずうしい輩。破産状態できゅうきゅうとしているくせに、それでもしゃぶり取ろうとする図々しさ。

自分の国の首都ぐらい、自分で守れないとね。9条改正だ。

もっとも、その首都に核燃料トラックを横断させる国でもあるけど。
by masagata2004 | 2009-06-24 21:57 | 時事トピック | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/11350607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-26 07:56
 アメリカが「占領政策に利用するために、また日本の赤化防止のため、戦争責任を免罪にして温存を計った」というのが、絶賛する『海ゆかば』の脚本監督コンビの前作『大日本帝国』のナレーションだが、ここでスケーブゴードにされるのが東条英機。扮するのは丹波哲郎。
 丹波哲郎は旧『日本沈没』で総理にふんするが、東京の大地震による猛火で逃げ場を失った人々が皇居に押し掛けても自衛隊は重火器の使用をまで口にして避難者を入れない。「せめて子供だけでも」という母にも銃を突き付ける。怒った総理は宮内庁に「直ちに門を開いて避難者を宮城内に入れて下さい。内閣総理大臣の命令です」
 まあ。現実では、宮内庁は戦後の食糧難で特権的に贅沢三昧していた事実があるから、総理が仮に命じたとしても無視するでしょう。
 三島由紀夫の、憲法廃止、自力防衛、アメリカ従属からの解放について、時の中曽根防衛庁長官は「幻想は迷惑千万」と談話。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧