銀製フォークとクラシックパンツ、私の生活新アイテムをご紹介

最近、ちょっとした洒落っ気で買った2品を紹介いたします。

一つは、銀のフォーク。銀のメッキを塗ったものではなく、銀そのものできているもの。値段もそれ相応にお高い。何と割引でありながら、12000円です。普通の食器セット丸ごと買えそうなお値段でフォークがたった1本。高級品ならではなのでしょう。「ああ、無情」で冒頭、教会の司祭の家に立ち入り銀食器を盗んだとかいう話しがありましたが、そんなもの盗むのかと、初めてその話しを読んだときは思いましたが、セットを盗むとなると一財産になるのは納得。欧米で上流階級に生まれることを「銀のスプーンを加えて生まれた」と言いますが、まさにステイタス・シンボルなのですね。

いざ買ってみると、見かけ上、他とは変わらないものの、すぐに分かる違いが一つ。重いのです。

そういうことで、さっそくお食事を試してみました。それ相応の豪華なお食事をしようと思いましたが、ちょっとしたコントラストを楽しもうと、インスタントのスパゲティでトライ。

b0017892_22495814.jpg


味は、インスタントらしくおまずい。ま、食べ物そのものがおいしくないとね。

このフォークずっと持っていたい。ホームレスになっても、このフォークは離さず持って、残飯を銀のフォークをつっつきながら、食おうかな。銀のフォークを持ち歩くホームレスなんて小説になりそう。

さてさて、もう一つのアイテムは、日本男児なら必ず身につけるべきもの。これ!

b0017892_22532862.jpg




クラシックパンツという呼び名があるが、ズバリ言えば、フンドシだな。

さて、着てみると実に気持ちいい。

ブリーフと違い、風通しがよく、だからといって、トランクスのように緩すぎない。

男にとっては下着としては実に着心地が良い。考えてみれば、日本人はみな、かつてはこれを普通に着ていたんだよな。

だが、ズボンの下に褌はきつすぎる。かつては着物の下に着ていたわけで、だらりと前の布を垂らしていたわけだから。着物にはマッチしていたわけですわな。ズボンだと、塞がってしまうから、用を足すのに不便だ。

てなわけで、今度は着物をつけて、この褌をつけて、街を歩いてみようと思う。

最近では、男性だけでなく、女性の間でも流行っているとか。
by masagata2004 | 2009-07-14 23:01 | ライフ・スタイル | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/11510789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruhiginoue at 2009-07-15 13:39
 銅の食器ならハンニバル=レクター。
 褌は、いま再び話題の宮沢りえ。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧