ゴーギャンとベーコンの絵が問うもの

久々に実のある美術鑑賞をした。皇居近くにある東京国立近代美術館で「ゴーギャン展」が開催されていたので、1500円払って入場。一通り、ゴーギャンの絵画を見た後に、最も有名な大キャンバスに描かれた「我々はどこから来て、何者で、どこへいこうとしているのか」と題した南太平洋の楽園タヒチの人々が集う姿を描いた作品を目にした。

ゴーギャンが、この作品を描くまでの葛藤をドラマ化した映画「シークレット・パラダイス」を観たが、この絵画が言おうとしていたのは、西洋の近代文明により、原始的な我々の持つ大らかさが失われていったのではないかという訴えかけだ。映画では、ビジネスマンとして大成功を収めたにもかかわらず、そんな人生に嫌気が差し、タヒチに向かったゴーギャンが、せっかくの楽園が宣教師の手によって、屈折した西洋文明の基準を押しつけられていってしまっている姿だった。裸で外を歩くことは厳禁とされ、原住民の偶像崇拝は禁止され、次々と像が破壊される。

そんなんでいいのかと、必死で訴えたかったのだろう。日本は、そんな風に破壊されず、西洋を上手く採り入れながらも、しっかりと独自の文化は守ってきたように思う。その点でいえば、統一国家をつくった江戸幕府とそれを継承しながら近代国家の形成を成し遂げた維新功労者たちに大いに感謝をしたい。間違って植民地化されたら、多神教を祀る神社は、野蛮だ、非文明的だと非難され、ことごとく破壊されたかもしれない。

だが、日本も西洋化により、社会が屈折化された部分が多いにある。例えば、海岸で六尺褌を水着として堂々と着られないこと。もともとは、伝統的な水着といえば、六尺だったが、戦後、廃れていったらしい。まあ、確かに身につけるのが面倒しいところがあるが、尻をだしている姿がみっともないなんて言って欲しくない。

江戸時代は、飛脚や三河屋なんかが堂々と尻丸出しの褌姿で武家屋敷に出入りしていたんだから。今じゃあ、お祭りぐらいのイベントのみ。そして、混浴。かつては、公衆浴場といえば混浴が当たり前だったらしいが、当時の人々は、ビーチで水着になるような感覚で全裸になっていたらしい。それも西洋人に非文明的だと見られてやめたのか。

また、意外なものといえば、同性愛。同じ美術館でイギリスの画家、フランシス・ベーコンの作品「スフィンクス-ミュリエル・ベンチャーの肖像」という抽象画の展示を観賞した。赤いバックに、ベーコンを支援したレズビアンの女性バー店主ミュリエルをスフィンクスと合体した姿で描いている。このベーコンについては映画「愛の悪魔」を見ると分かりやすい。ゲイの画家ベーコンが、自分の家に侵入した泥棒を愛人にするが、その愛人の奇行に悩まされ挙げ句の果て、愛人は自殺する。西洋社会では、キリスト教の影響でゲイなど御法度だが、それも日本に明治時代に輸入され、西洋の束縛的な価値観が植え付けられる。西洋哲学は、一神教による善悪二元論、そして、自然を克服することこそ、神の御心に沿うと考える。だから、人間の内なる自然として性は、あってはならないものなのだ。あくまで生殖のためだけ、だから、同性同士は子供が作れないからいけない。異性同士でも、口でやるのやコンドームを使い避妊するのも駄目。

もう、西洋崇拝主義の時代は終わったね。
 
by masagata2004 | 2009-08-29 20:09 | アート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/11825871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧