スキーの醍醐味とは

私がスキーを始めたきっかけは映画「私をスキーに連れてって」を観て、スキーに何となく、楽しげなイメージを持ったことからである。

だが、実際にやってみるとその醍醐味に気付かされる。理屈なく楽しめ、スピード感だけでなく、スキー場でスキーをすること、白銀の景色を眺めながら、滑ることのすばらしさを体感することである。

冬の寒さが嫌いな私でも、雪とその雪を滑って楽しめるスポーツ、スキーは大好きである。

スキーは、以外にもお年寄りでも楽しめるスポーツ。先日、この記事でも書いた山形県湯殿山のスキー学校では、年配の熟練スキーヤーが参加していた。参加者によると、意外に力がかからない点が年老いても続けられる理由で、また、年を取ると仲間との都合がつきにくいこともあり、一人で楽しめる点でスキーは好都合だということだ。

スキー愛好家にとって、最近、スキーより人気があるとみえるスノーボードは、邪道であるとみえる。そもそも、スキーは実用主義から生まれたスポーツ。雪山で狩りをしたりするのに使われた道具である。そういう意味で、レジャーのみで開発されたスノーボードとは格が違うとみられる。

湯殿山スキー学校では、パウダーの深雪というものを味わった。普通、スキー場は圧雪してスキーヤーが滑りやすいようになっているのだけど、元々の雪山の雪というのは、ふわりとしていて、板を置くと吸い込まれてしまうもの。だから、そうなると非常に滑りにくいのだが、プロのスキーヤーは、それをかき分けて、なんなく滑りきる。私も試したが、何度もぬかるみにはまり、インストラクターが滑った跡を自分が滑って何とかコースを抜けられたという結果だった。スキーヤーは、ただ滑るだけでなく、雪の性質を知らなければいけないということか。

そして、スキーといえば、スキージャンプだ。ジャンプというのは自然には出来ず、するためにはジャンプの姿勢でかまえ足首に力を入れないと駄目だということに気付いた。これは、スキー学校で学んだいいレッスン。



だが、このスキーも、気候変動による温暖化などにより、降雪時期が短くなるなど、存続に危機が迫っている。どうしても温暖化は止められそうにないから、今後は人工雪の開発を急いで貰いたい。うーん、そうなったら、スケートのように、どこでも年中できるか。

しかし、それでも天然雪がいいに決まっている。そのためにも、今のうちに存分に楽しんでおこうと思う。

今シーズン、もう一カ所いくつもりだ。場合によっては、もっと。楽しみだ。そして、楽しめるのも今のうちだけ。
by masagata2004 | 2010-02-12 19:27 | スキー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/12829724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧