映画「スパイ・ゾルゲ」 ドキュメンタリーとしてはいい映画

この映画は、ずいぶん前に観たことがあったのだが、最近、DVDで借りて改めて観た。

はっきりいって、映画としては最低の出来。というか3時間は長すぎ。そして、CGがアニメみたい。
まるでB級日本映画。というか、それそのもの。

ゾルゲというのは、あのタモちゃんが問題の論文で指摘していたコミンテルンスパイの一味。ロシア人でもあり、ドイツ人でもあった人。日本人の新聞記者の協力を得て、極東の諜報活動を行う。日本にドイツ人記者として潜入。ナチ党員となりドイツ大使の信任を得て大使館に勤務。ソ連へ日独に関する様々な情報を提供するが、真珠湾攻撃前、一味が逮捕され、芋づる式にゾルゲも逮捕、処刑される。

余計なシーンが多すぎた。ホステスの葉月里緒菜の部分はそのままカットしてよかった。この女を使ってまで彼がプレイボーイであったことを強調する必要はなかったのではと思った。最初の魯迅の言葉も、最後のジョン・レノンの歌も要らないと思った。テーマにそぐわない。

不要なシーンは省いて、分かりやすい編集にしてまとめ、アニメっぽい風景CGは取っ払っていれば見応えあったのにと思う。

だが、この映画、ゾルゲがどんな人物で、それと彼と共に重要な人物であった朝日新聞記者の尾崎がどんな人物で、彼らの生きた時代の出来事、流れを一通り学ぶ上ではドキュメンタリーとしてみればいい作品だった。このブログの自作小説の一つでも、資料として、またモチーフとして使わせて貰ったほどだ。

また、この映画を観て、シーンの一つとなった日光東照宮を訪ねることもした。
b0017892_22113481.jpg


人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2010-02-21 22:13 | 映画ドラマ評論 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/12879582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映鍵(ei_ken) at 2010-09-26 19:53
タイトル : スパイ・ゾルゲ
史実の評価はともかく、日本とソ連の歴史的関係について改めて掘り下げるきっかけにしたい作品です... more


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧