翻訳者小説「風と共に去らないでくれ」 第1章 上海で見つけた映画

私、翻訳の仕事をしている者です。実をいうと、これからその経験と培った素養をベースとした物語を軽小説スタイルで書いていきたいと思います。翻訳とは、ご存知のこと、ある言語から、言葉の意味を変えず別の言語に置き換えることです。とても裏方的な仕事のようですが、皆様の常に身近に存在して重要な役割を担っています。

これから物語にするのは、英語から日本語、日本語から英語という我々にとって最も身近な翻訳の他、ドイツ語、フランス語、中国語の翻訳をテーマにしたものです。主人公は、皆、私と同じような翻訳者です。日本人もいれば、外国人もいます。

では、まずは、英語から日本語、それも、翻訳といえば誰でも最も馴染みの深い映画の字幕翻訳をテーマにした物語をお届けいたします。

時は、1941年10月 舞台は、まず上海から始まります。
b0017892_217544.jpg


達朗(28)は、年に数回の商用による上海訪問の用件をひとまず終え、翌日、帰途につく手はずになっていた。もう夕刻、そして、明日の朝は早い。じゃあ、ホテルに帰りさっさと寝てしまおうと思ったが、久しぶりの上海。数日前、到着してからずっと働きづめで、上海の観光を楽しむ時間など全くなかった。

だからせめて、今夜は、と思った。上海の夜の観光といえばジャズなどを奏でるナイトクラブだが、しかし、それは高過ぎると思った。ならば、映画館でもと思った。映画なんて、帰国して東京の浅草や銀座などで好きなだけ観られるものだが、上海の租界、西欧の国々が管轄するこの都市だからこそ観られる映画がある。日本では決して上映されない洋画だ。上映されても検閲で、かなり場面がカットされたり、内容が歪曲されたりするのだが、ここなら、当地で上映されているそのものが観られる。

達朗は映画、とりわけ洋画には常に関心があった。というのは、それを副業としてやっているからだ。本業は貿易の仕事だが、仕事の合間や休日を使い、洋画の字幕翻訳の仕事をしている。というのも、達朗は英語が達者。アメリカに留学経験がある。3年前までアメリカの大学生だった。父親が実業家で、商業を学ぶため渡米するように言い渡されたのだ。アメリカは西海岸、サンフランシスコの大学に通った。だが、卒業する前に父が他界、父の事業は借財を抱えていたため倒産したので学業を続けられず帰国。独り身となったが、自ら小さいながら貿易の事業を立ち上げた。しかし、儲けのある時もあれば、ないときもある。貿易業では生活はぎりぎりで苦しかった。そのうえ、所帯を持つようになり、お金がますます必要になった。

そんな時、自らの英語力と留学経験を活かさないかという仕事の誘いが、洋画を中心に上映する映画配給会社からあった。アメリカにいたときは、毎週のように映画を観に行っていた。西部劇やラブロマンスが大好きであった。帰国後も映画には、暇があれば通う。

趣味も活かせると思い、副業という形で引き受けることにしたのだ。映画も、無声で弁士がいて解説するような形から、音声がつくトーキーが主流になっている時代だ。洋画には、必ず画面上に会話の訳語を入れる字幕が必要になる。外国語を理解するだけでなく、その言葉の話されている国の文化や生活習慣などを理解しないといけない。それが、映画の字幕翻訳士に必要とされる技能だ。当時としては大変珍しい留学経験者だからこそ活かせる技能だ。

洋画といっても、最も多いのはアメリカからの映画だ。つまりはハリウッド映画だ。そんなアメリカに3年ほど過ごしていた達朗には、アメリカは外国とは思えない程、親しみを感じている。そして、そんな親しみを感じているほどアメリカを知っているからこそ心配なことが最近ある。それは、日本とアメリカが、近々、戦争するかもしれないということだ。



先月、アメリカは日本への石油の輸出を禁止した。それ以前にも両国は、様々な件でいがみ合いを繰り返していた。特に1931年の満州事変からだ。日本が中国への侵略を始めたことで、国際社会の日本に対する風当たりは日に日に強まっていった。アメリカは、孤立主義を装いながら、じわりじわりと日本に圧力をかけていた。

日本では軍部が台頭し、軍国主義が国全体を包み込み、内閣や議会が軍事勢力に支配されてしまっている。軍部はアメリカと戦争したがっている。国民世論も、そういう方向に流されている。実に危険な状態だ。

達朗は日本国民として憂慮し、何とか、日米が衝突して戦争するのを止めたかった。分かっての通り、日本がアメリカに戦争を挑んでも勝てるはずがない。国力が違い過ぎる。しかし、日本の軍部は精神主義者ばかりだ。神風の精神をもってすれば勝てると本気で思い込んでいる。実態を知らない大半の国民も、「窮鼠、猫を噛む」という心意気でアメリカへの戦争を躊躇せずと考えているほどだ。

何とか、そんな状況を打破する方法はないのか。精神主義だけでは勝てないということを知らしめる方法はないのか。いくら理屈で説明しても納得などしない。そもそも、連中は聞く耳さえ持たないのだ。

さて、そんな達朗の目の前に、あるハリウッド映画の看板が目に止まった。タイトルは「GONE WITH THE WIND」だ。「風と共に去っていった」という意味だ。長編でオールカラーの映画だという。ほう、それは見応えがありそうだと思った。よし、ここにしようと決めた。丁度、上映が始まる時間だ。

映画の内容は、アメリカは19世紀中頃、南北戦争前後の時代の南部はジョージア州が舞台だ。奴隷制による綿花栽培などの農園事業で繁栄した農場主の娘、スカーレット・オハラが主人公。スカーレットは、気が強いがわがままなお嬢様として何の不自由もなく日々を過ごしていたが、奴隷解放を掲げた北部の連邦政府が宣戦布告したため戦争が勃発。若者は戦場へ。南部は勝てると人々は信じていたが、結果は、圧倒的な火力を持つ北軍に敗北。ジョージア州の州都アトランタにいたスカーレットは戦禍を逃れて家路についたものの、一家の農園は、奴隷が逃げ荒れ放題に。

スカーレットは荒れ果てた農園を建て直そうとするため女だてらに事業を始める。レット・バトラーという男に惹かれ結婚するが、かねてから恋する男、アシュレーへの想いも忘れられない。しかし、アシュレーは別の女性と所帯を持っている。そんな想いを抱き続けるスカーレットにレットは嫌気が差す。そして、最愛の娘を事故で失い、アシュレーの妻が死んだ後、レットはスカーレットに愛想を尽かし、去っていってしまう。

スカーレットは、自らのレットへの愛に気付き悲嘆にくれるが、持ち前の気力で自らを奮い立たせようとする。最後にこんな台詞を言う。
"After all, tomorrow is another day."
美しい映像とスケールの大きさに感動し通しだった。

映画館を出た達朗は思いついた。よし、これだ。この映画を見せればいいのだ。
帰国したら、すぐにでも、この映画を公開できるように取り計ろう。

第2章へつづく

この小説の著作権は、ブログの管理者マサガタこと、海形将志に帰属します。
by masagata2004 | 2010-03-04 02:13 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/12935140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧