映画「時をかける少女」 最後になってようやく感動できる

ある女子高生が、事故で頭を打った母親に1970年代にタイムトラベルして、ある人物に大事なことを伝えるよう言づかり、彼女は、その時代に行くが、その指定した人物となかなか会えない。

そんな複雑怪奇な映画。言い方を代えれば制作者が伝えたいこと、この映画の訴えたいことは、最後になってやっと分かるということ。でもって、その意味で作り方が下手。ドラマのリズムが悪く、時代考証が、主役の演技と共にわざとらし過ぎる。それに、これは83年の原田知世主演のオリジナルを観た人でないと、内容が理解できないかもしれない。説明が不足気味。観終わった後の消化不良が否めない。

ネタバレになるので、観てない人は以下を読まないで欲しいが、テーマは、人の記憶は消せても、その時の想いは消せないということ。誰にでもこころ当たりがあるのではないか。理由もないのに、あるものに感動してしまう。自分とどんな関連性があるのか分からないのに、異常なまでに関心を抱くということ。

それは忘れ去られた過去の記憶と関連して、その出来事の記憶は忘れたのだけど、その時の想いや感動は心のどこか奥深くに眠っていて、それが、その記憶の元となる事象にぶつかったとき、心の底からこみ上がってくる不思議な体験。

最近、私自身も似たような体験があったりする。もしかしてだが、それが最近、このブログ上で連載を開始した小説の元となっているのかもしれないと思った。同じくタイムトラベルもの。

もしかしたら、こんなところからタイムトラベルしちゃったのかも、そして、数奇な体験をしてしまい、記憶は消されたのだが、その時の想いが残り、その後の自分を大きく変えたのかも。



人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2010-03-27 21:35 | 映画ドラマ評論


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧