韓国映画「ゲエムル 漢江の怪物」 韓国の基地問題

ソウルの大河、漢江に魚が奇形して巨大化した怪物が現れる。人々を食い殺していく中、ある露店の娘が怪物に拉致され、その父親を含む家族が決死の救出をこころみる。でもって、ジャンルはB級ホラー。だから、怖いようで、安心して観られる。

さて、この怪物はどうやって現れたか、映画の冒頭で米軍基地の施設で大量のホルムアヒドを流しに捨てるシーンがあり、それが原因だったといわんばかりで、その後、随所に米軍に対する韓国民の不信感が表されている。でもって、この有毒物質の下水への投棄は実際にあったことを元にしている。

日本と同様、韓国にも米軍基地があり、首都ソウルには、ど真ん中に大きな基地が存在するというから、驚き、もっとも、日本も横田基地があるし、そのうえ、その基地は首都の制空権を握っているんだから同じことだよね。

そんなわけで、米軍に対する反感が、映画には分かりやすく表れ、日本と同様に、自国政府はアメリカの言うことに追従するばかりという情けなさも描写されている。

ただ、韓国は陸続きで北朝鮮と対峙しているから、日本よりは米軍を必要としている面があり、その点、割り切れないところがあると思う。日本の場合、ソ連のあった冷戦時代から情報と頭が切り替わっていないノー天気な右翼がよいしょして、大半の国民は防衛に無関心というから、役にも立たない米軍に多額の税金をつぎ込み続け、環境まで破壊されているという情けない事態に陥っている。ちなみに、韓国の米軍基地は、近々、縮小、将来的には全軍撤去の予定。それが、普通の主権国家だよね。

アメリカは、傍若無人であるということなんだけど、特に軍事に関してはそうなんだろうね。はっきりいえば、それしか自国のまともな産業がない。そして、経済を維持するためのドルの価値を維持するためにも世界中で軍事力を誇示していく必要に迫られ、それが、更なる負担を生むという矛盾にさいなまれている。

でも、そんなことして大丈夫なんですかね。戦争に負け続け、その戦争を後押しした石油産業との癒着で、最近の油田爆発事故は起こったという説が流れているくらいだもんね。なんだか因果応報というか、しかし、矛を収めるにも収められない、軍事力なきアメリカは、泡のないビールみたいになってしまうんだろうから。

ま、どうでもいいか。というか、日本人はアメリカ人に対する見方をきちんと変えないと。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2010-06-30 22:47 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/13532327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧