マサガタより意見します

「不死身」の秘訣

マサガタです。わざわざ、私のために記事を書いてくれてありがとうございます。私は、中村さんのことはよく知らないですし、記者の経験もないので生意気なことを言えた義理はありません。身勝手じゃないかと言うコメントは、少しネタ的な意味がありました。

中村さんが行かないと言う決断をしたことを、素直に喜べない心境です。というのも、4月の人質事件でも分かるように、イラクに入るジャーナリストの身を案じて説得したというよりも、自分たちの仕事が増えるから嫌だという感じがしてなりません。外務省は納税者に雇われている公僕であり、民が、法律や憲法で認められた範囲内でどういう行動を取ろうが自由なのであり、それを分かった上で仕事をすることが彼らの義務だと思います。政府はいかなる理由があるにせよ、移動や報道の自由を制約してはいけないのです。日本は一応、民主主義国なのですから。

また、危険だからと言ってジャーナリストが入れないとなると、かつての大本営発表のように偏った情報しか入らなくなる別の危険性もあります。

外務省には、説得するなら、隠密裏にして貰いたかったです。4月の人質事件に続いて悪い前例を作っているようでならないです。

それから、日本にはジャーナリストやNGOに対する社会の理解が、他の国々に比べとても浅いと思います。高遠さんの活動を趣味でやっているとか平気で言う人がいますが、そういう人に限って、ボランティアなどしたことない人ばかりです。また、彼女が女性で民間でやっていることも、攻撃理由になったのだと思います。日本は、男尊女卑、官尊民卑の国ですから。他国では、政府機関よりNGOなどの民間が援助活動の主体となっていることをお忘れなく。アメリカのパウエル国務長官が、「誇りに思うべき」と言ったのも、そういう背景があるのでしょう。イタリアでは、同じ女性のボランティア活動家が帰国した時、ベルルスコーニ首相が出迎えに来たほどです。

ジャーナリストに関して言えば、かつては沢田教一のような人がいたと言うのに、情けないですね。

人質事件で私の知っている自称市民派議員の認識の低さにがっかりした体験を書いた記事を読んでください。これが、日本の現実です。
by masagata2004 | 2004-12-17 13:19 | メディア問題


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧