スキー天国は「楢山節考」の後にできたのか

昨年からスキーに夢中になっている私。スキーが私を元気にしてくれているように思う。



スキーについて語ったらきりがない。それほど、スキーにのめり込んでいる。

だけど、レジャーとしてスポーツとして楽しむスキーのある雪山は、そもそもは過酷な世界だったというストーリーはよく聞く。映画「八甲田山」と「楢山節考」なんていうのがいい例だ。

「八甲田山」は、明治末期の陸軍が雪山での訓練で兵士を凍死させてしまうという実話に基づいたもの。「楢山節考」は、江戸時代の雪深い高山の村の人々の生死ぎりぎりの過酷な生活を描いたもの。

今年はスキー伝来から100年だが、それ以前、雪山はスキーのようなレジャーのために存在したものではなく、むしろ過酷な生活の象徴だった。凍てつくように寒く、深く足をとられると逃げられない。

スキーでも滑っていて深雪のむかるみにはまったり、道に迷ってしまうと、恐怖感を感じてしまうのはそのせいか。雪山にはドラマがある。それは楽しいレジャーを元にしたドラマだけでなく、リアルな人間模様を思わせる感じでもある。

 先週、新潟のかぐらに行ってきたが、そこでも人間ドラマに遭遇。下の写真が、そのドラマの一場面。

b0017892_01491.jpg


 赤いウエアを着てうずくまっているのは小学生らしき男の子。父親と一緒に滑っていたのだが、途中で疲れ、ぐずって座り込んでいたのを、父親が叱りつけ「おまえなんてほっておく」と言い切って滑降。置き去りにされたのかと思いきや。私が、同じ道を降りたところの林の中でじっとコースを見つめ立って待っている父親の姿を発見。息子が自分で立ち上がり、降りてくるのを見届けようということだったのか。

 最近、気付いたことで面白いのは、スキーヤーって他のどのスポーツマンより体育会系なんだよね。厳しいという点や、やけに陽気なところなんてのが。それがスキーの魅力ってか。
by masagata2004 | 2011-02-15 00:19 | スキー


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧