原発映画「10万年後の安全」 事故の危険性だけが問題ではない

科学・環境 - エキサイトニュース

渋谷のアップリンクというとても小さな映画館でフィンランドの原発ドキュメンタリー映画を観た。
この御時世、もちろんのこと満席であった。

オンカロと名付けられた原発から出た核廃棄物を地中深くに貯蔵、半永久的に密封する施設について、オンカロの運営に携わる人々とのインタビューから、無害になるまで10万年かかるという高濃度核廃棄物の管理の厄介さが浮き彫りになる。

この施設は完成して密封するのが2100年だという。さて、その後、子孫に、この施設の危険性をどうやって伝えるかが問題となる。数万年後の人々が現代と同じ言葉やイラストを理解するとは思えない。

法律をつくって、子孫に警告を代々受け継ぐようにしてみてはどうか。だが、いつ途切れるか分からない。

施設は、密封すれば自己完結的になっているものの、地震や地殻変動で、露わになるかもしれない。

つまり、不確実性が実に大きいものだということだ。

わずか20世紀と21世紀の短期間にしか使われなかったものが、その後、何の役にも立たず、未来永劫に管理し続けなければならない。コストという面では、実をいうと、恐ろしく不効率だということだ。

もう原発なんて、一刻も早くやめようということだね。こんなんだと電気のない生活の方がましか。だが、このブログも電気のおかげで書ける。ただ、最近は自然エネルギーが脚光を浴びている。まだ普及が十分でないからコストがかかるが、しかし、普及すればしめたもの。石油や天然ガス、ウランのように枯渇することはない太陽光と風力。

もはや、それしか頼る道はないということだ。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2011-05-08 19:54 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/15485792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧