仏映画「戦争より愛のカンケイ」 フランス版左翼批判映画?

自由奔放な若い女性が、あるかたぶつな中年男性を自らの政治信条貫徹の道具としたいがために誘惑する。男は、それにより今まで自分の人生で見えていなかったことを見るようになる。

久しぶりにいいフランス映画を観た気がする。女の子がなりふり構わずヌードになるが、なぜかそれがエロチックな感じがしないほどドラマはさらりと進行する。人種偏見や差別などをテーマにしているが重くない。

主人公の女性は、超左翼な女の子、エロスが世界を救えるという変な信念の持ち主で、人種差別反対、原発反対などを唱え、右翼を性的に誘惑して自らの思想世界に誘い込んでいくことを趣味とする。

男は保守的で堅物な学者。父親は原発技術者だった。だが、男の家族には秘密があった。それは、母方がユダヤ系で祖父母がアウシュビッツを体験したということ。それは長年一家のタブーだった。そのタブーを彼女が破ってしまう。

ドイツに限らずフランスでもホロコーストに対する贖罪意識は強いということが分かる。だが、同時にフランスは昨今、保守的に社会が変遷しているということもうかがえる。特に移民に対する対応では寛容さを失っているみたいだ。

最後のオチでは、そんな世相が反映されてか、左翼的な政治運動は、お遊びでしかないのでは、という意味合いが込められているように読める。

まさにフランス的政治映画。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2012-07-08 13:42 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/18564769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧