女性法廷の主催団体の会見に参加しました 

Excite エキサイト : 芸能ニュース

3月19日追記:中野区の中野駅前近くの中野ゼロホールにて明日20日、午後6時より女性法廷で加害兵士として証言された男性が出席します。カットされた貴重な証言を生で聞くことが出来ますので、奮ってご参加ください。

詳細は、カットされた加害兵士の証言会


一昨日の1月26日、NHK番組改変問題において、その番組の取材対象となったバウネット・ジャパンの集会に参加しました。会場は、衆議院議員会館第2の中の会議室でした。

会場には、各テレビ局と野党国会議員の方々が訪れていました。

代表の西野瑠美子さんと、法廷に関わった弁護士の方が出席されてました。

西野さんは、まず、自分たちの団体のことをよく知ってほしいと訴えていました。まるで、特殊なイデオロギーを持つ団体であるかのように言われて困惑していると。

まず、女性法廷とは何かということについての解説が行われ、団体で独自に持つ記録ビデオがテレビで流されました。そこで、問題となったカットされたシーンがありました。

昭和天皇が有罪であることを裁判長が読み上げるシーン。その後、会場がいっせいにどよめき、裁判長が微笑を浮かべるシーン。歓喜する被害者の女性や傍聴者たち。

慰安婦にされた女性たちが自らの苦悩の体験を涙ながらに語るシーン。気絶して倒れる老婆も。

戦場で女性をレイプした元兵士の生々しい証言シーン。
「むらむらしてきてやった」とか。

これらは、生々しいシーンで、嫌な人は嫌だろうけど、同時に誰もが目にすべきものだと思いました。

天皇有罪のところですが、確かに会場のどよめきは、不気味な感じがしましたが、これは、どんな裁判でも起こりがちなことだと思います。また、全ての起訴事実に対して天皇は有罪となったわけでなく、一部無罪の判決もあったと言っていました。

裁判官はこのように言っていました。
「天皇は、この事実を知るべき立場にありながら、義務を果たさなかった」
「天皇が、『駄目だ。我々は、文明国なのだから』と言えば止められたのかも」

また、裁判官は、国籍は様々で、国連の法律顧問を務めるほどの優秀な方々ですので、一部で言われているような、とんでもない模擬裁判と言い切るのは不適切だと思いました。

この裁判は、東京裁判の継続であるという前提でした。私は、質疑応答の時間に、「勝った国が負けた国を裁くという不公正な裁判の継続でいいのか」とききました。

弁護士の東澤靖さんが答えられ「確かに冷戦に向けての政治戦略的意図を感じさせる裁判だったが、その後の軍事法廷の基礎となった意義は否定できない。また、女性法廷が、犯罪が行われた当時の法律に基いて運営させる意味で、東京裁判を持ち出した」とおっしゃられていました。
現在の法律で60年前の犯罪の裁くのは、「事後立法」になり、日本国憲法でも認められてないどころか、法学上、許されないことですからね。
ただ、東京裁判でさえ、あの当時の基準で「事後立法」だったのではという議論もあります。


さて、最もメインとなる改変の経緯なのですが、驚くべきことを聞かされました。

番組の中で裁判を批判した秦郁彦氏なのですが、この人は傍聴をほとんどしてないばかりか、弁護人のいない裁判だと、安部晋三氏同様、事実誤認の発言をしていたのです。

実際の裁判では、数人の弁護士が日本政府の立場を代弁して「すでに死者となった天皇を裁くことは不当だ」と壇上で述べているシーンもあったのです。ところが、NHKは、このシーンをカットして秦郁彦氏の事実誤認のコメントに合わせるように編集したのです。

それから、当初、番組の司会・解説をするアナウンサーは、女性法廷を「ベトナム戦争のラッセル法廷に継ぐ民衆法廷となり、規模は、そのラッセル法廷を上回る」とかなり肯定的な解説をするはずだったのを「法的拘束力はない。証言の信憑性も定かでない」とか、トーンが批判的になってしまったのです。

現在、バウネット・ジャパンは、NHKと係争中なのですが、これまでの裁判で制作者側から「慰安婦、戦争責任、フェミニズム」はマスコミ界のタブーになっているという発言があったそうです。

以上が私の集会参加に関する報告です。今回の事件に関しては、いろいろなことを述べたいと思っているのですが、それは後日、このブログにていたします。バウネット・ジャパンに関しては、以下のサイトをご参照になるといいと思います。


バウネットジャパン、安部晋三氏の事実歪曲発言など

*2月3日、追記。(後から思い出したこと)
安部氏が、北朝鮮にこだわる理由に、自分の政治的成果で失点を補おうとする意図以外に、この慰安婦問題があたかも、北朝鮮のみで起こったというイメージを作ろうとしていると思われると記者会見で発言がありました。この法廷で証言をした慰安婦と呼ばれた方々は、東ティモールやオランダからの方もいたとのこと。

*2月6日追記。
この女性法廷団体が東大で集会を開き、その会場でNHK受信料支払停止の会結成の呼びかけがありました。その模様を報告した記事がありますので、そちらもお読みください。
受信料支払い停止の会の集会に出席しました

また、今回のNHK問題に関して、私が市民メディアJANJANに投稿した以下の記事も読んでください。

白虹事件の続く日本マスコミ、NHK職員の告発

それから、この問題で現在揺れている言論の自由をテーマにした私の自作小説白虹、日を貫けりも公開していますので、ご覧ください。週毎に更新して連載しています。

コメントをお寄せください。シバレイのブログから、ここに来たんですよね、皆さんは?
by masagata2004 | 2005-01-28 18:24 | メディア問題 | Trackback(1) | Comments(30)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/1858016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from NHK番組編集問題・議論.. at 2005-02-21 19:57
タイトル : 1月26日VAWW-NETジャパン集会の参加記録
日刊マサガタ:女性法廷の主催団体の会見に参加しました 1月26日、VAWW-NETジャパンが主催した集会に参加された方が、概要と感想などを書いておられます。... more
Commented by at 2005-02-02 17:24 x
はじめまして
>その後の軍事法廷の基礎となった
初めてこんな意見を聞きました。東京裁判とそれまでの軍事法廷との違いは、事後法に基づいていること位かと思っていたんですが、彼らはそうではないって言ってるわけですよね。
その、「その後の軍事裁判の元になった部分」って聞かれました?

>傍聴をほとんどしてない
傍聴には、当該団体の趣旨に賛同する誓約書が必要だったので、さすがに、反対意見を持つ人間は傍聴不可能だと思います。
ちなみに、裁判内容は当該団体が、裁判後にHP等で宣伝していましたから、放送前に私も知っていました。

Commented by at 2005-02-02 17:24 x
>弁護人のいない裁判
日弁連いわく、民衆裁判は刑事手続き上の裁判ではないので、弁護士云々というのは無意味だそうです。
さらに、当該団体自身が言うように、アミカスキュリエは被告人の要請により、裁判所が市政の第三者へ求める者で、弁護士ではありえないと思います。そんな弁護士なら、始めから弁護人をしているでしょう。
というか、もともと、被告側弁護人=被告代理人っておかしいですよね。
まあ、民衆法廷だからどうでもいいんでしょうが。

>制作者側から「慰安婦、戦争責任、フェミニズム」はマスコミ界のタブーになっている
朝日等でさんざんやられている気がするのは、私の気のせいなんでしょうね。
Commented by マサガタ at 2005-02-02 20:50 x
横さん、コメントありがとうございます。昨日からのアクセス数急増は、シバレイさんを経由してらしいですね。さすがシバレイさん、影響力あります。大歓迎です。

私自身、この裁判を必ずしも支持しているわけではありません。よく分からないことが多すぎるように思えます。ただ、NHKが取り上げる価値はそれなりにあったのだと思います。みんなが理解でき好む番組のみが公共性が高いとは言い難いですからね。

世の中、賛否両論があるのが常です。問題は、それさえもできないように検閲を、政治家が予算承認権という半強制的な権力を行使してしてしまうことです。
Commented by ともこ at 2005-02-02 23:30 x
マサガタさん、こんばんは。
さっそくシバさんのブログからやってきました。
私の印象としては、慰安婦として連行された方々が実際に存在し、また女性法廷も実際に行われたという「事実」を放送しようとしただけで、まるで何かのイデオロギーを媒介しているかのごとく扱われているような印象を受けました。
正当性の問題はさておき、このようなことが実際ありましたという観点からの放送でも「中立」ではなくなってしまうのでしょうか?
Commented by マサガタ at 2005-02-03 01:50 x
ともこさん、コメントありがとうございます。

例えば、原発の危険性を報じる番組を、政治家が反原発は左翼イデオロギーだと唱えれば、それで国民は危険を知る権利を奪われることになります。

内部告発をしたプロデューサーも、他にも圧力で潰された放送があるといっています。狂牛病の特集の再放送も自民党の農林部会で批判があったので中止されたと言っていましたよね。
これって、共産圏の報道体制とそっくりです。
Commented by 仔鹿 at 2005-02-04 00:58 x
なんとバックにこんな人たちが・・・

http://www.tarochan.net/
Commented by マサガタ at 2005-02-04 16:20 x
拉致問題と女性法廷をからめるのはやめましょう。

そもそも、慰安婦の人達は北朝鮮からだけではありません。

それに安部さんは、保身のために拉致を結び付けているのに過ぎないのをどうして気付かないのでしょうかね。

それから、ここは2チャンネルではないことをご理解ください。
発言などは良識を持ってされるように。
Commented by 春の小川 at 2005-02-05 02:16 x
主催者のVAWW-NETジャパンによると、「法廷を傍聴すらしてい ない人々による"根拠のない誹謗・中傷"が一方的に流されています。」と主張し、
産経の1月15日[土]では、「反日一色 賛同者だけ傍聴許可」
http://www.sankei.co.jp/news/050115/morning/15pol002.htmで、
産経新聞の名で主催者に取材を申し入れたが、「席はない」。会場についても「傍聴の登録者にしか教えられない」。改めて申込書を見れば、誓約書と署名欄が。つまり「法廷」の趣旨に賛同する者のみに傍聴を許可する仕組みなのだ。これが「法廷」だろうか。
----と、主張していますが、マサガタさんの取材?では、どうでしたか?他のマスコミは、朝日新聞しか取材に来ていなかったのでしょうか?
きょう5日、〈「女性国際戦犯法廷」とNHK・ETV特集・緊急集会in東大〉に参加してきます。
Commented by マサガタ at 2005-02-05 23:12 x
春の小川さん、26日の集会の時には、テレビ局はフジから朝日まで来ていましたよ。
東大の集会に今日行ってきました。お会いしていたかもしれませんね。ちなみに東大の集会には週刊文春の記者が来ていました。受付の人は、『いつも読んでいます」と大歓迎でした。ちょっと変ですね。
Commented by 春の小川 at 2005-02-06 02:23 x
マサガタさん ごめんなさい。下記の産経新聞の記事がありますが、「>他のマスコミは、朝日新聞しか取材に来ていなかったのでしょうか?」と書いたのは、4日間の「法廷」のとき、朝日以外のマスコミの取材があったのか、それとも主催者が断っていたのか知りたかったのです。---「傍聴申込書を入手し、産経新聞の名で主催者に取材を申し入れたが、「席はない」。会場についても「傍聴の登録者にしか教えられない」。改めて申込書を見れば、誓約書と署名欄が。つまり「法廷」の趣旨に賛同する者のみに傍聴を許可する仕組みなのだ。」---
続く
Commented by 春の小川 at 2005-02-06 02:24 x
昨日5日(土)、少し遅れて受付に到着。受付で資料代500円を払い入場しようとしましたら、受付の方に、入場を止められました。氏名住所を書けということです。基本的に何処の集会でも書かないことにしてありますので(かつて迷惑をしたことがあるので)、そのまま入ろうとしたところ、「記入しなければ入場させません。」と。私、「む」として、「その言い方は無いでしょう。」と。先方は言い過ぎたと思ったのか、謝罪し、「きょうは氏名住所を書いていただくことになっています。」と言い直したので、記入し入場できました。14時~18時までのあいだ、3分間の休憩時間中に、煙草を吸いに行った所で、その話を参加者にしたところ、「バウネット・ジャパン」の集会はチェックが厳しいのだそうです。帰りにも、受付の方から、「スイマセンでした。」と声を掛けられました。何かマークされていたのかもしれません。従軍慰安婦問題は、いろいろ複雑のようで、左右両派意見がぶつかり、私のごときには、にわかに判断がつきかねません。今日はここまで。感想を書こうと思っているのですが、果たして書くことがいいのかどうか・・・。
Commented by 春の小川 at 2005-02-06 02:50 x
> ★★★ビデオ一挙に上映★★★ということで、「> NHK・ETV特集第2夜「問われる戦時性暴力」40分程度」、私は、これを観たくて集会に参加したのですが、これを観なければ、いろいろと判断できませんからね。しかし、放映されませんした。3分間の休憩時間に、煙草」を吸いに来た東澤靖(弁護士)に理由をお聞きしたところ、NHKが「放映しないでくれ。」ということで、中止にしたそうです。NHKは、おかしいですね。
Commented by masagata2004 at 2005-02-06 03:44
入場者のチェックが厳しいのは、右翼団体が妨害をするために入ることがあるからだと思います。

実際に逮捕事件まで起きたぐらいですからね。
Commented by 春の小川 at 2005-02-08 16:28 x
【NHK・ETV特集第2夜「問われる戦時性暴力」40分程度】は、NHKが拒否したことにより、観ることができませんでしたが、【「沈黙の歴史をやぶって~女性国際戦犯法廷の記録」64分】を観ました。これは「法廷記録」のダイジェスト。マサガタさんが報告した通りです。感想ですが・・・、被害女性達の証言には心が痛みました。加害者の元2名の兵士の証言、戦場での異常な精神と犯罪行動を知ることが出来ました。「法廷記録」は、4日間の法廷のダイジェストですから、私には、この法廷が公正・公平であったかは判断できません。そもそも4日間の短期間の法廷で、裁くことが出来るのか、大きな疑問が残りました。 つづく

Commented by 春の小川 at 2005-02-08 16:30 x
集会に参加して、戦争を憎む、反戦・非戦という面では共感を共にしましたが、しかし、なにか居心地の悪さを感じました。ちょうど戦争映画で、日本兵が殺される場面をみているときの嫌な気分と同じ。勝者が自らを告発し「法廷」で裁くならば、或いは、「日米その他の国々の犯罪」を裁くならば、公正・公平・中立として共感します。私は、この「法廷」は、プロパガンダ(政治的意図をもつ宣伝)だと思います。だからといって、プロパガンダを否定しません。自らの信じる活動は、政治化しますし、日本では憲法で保障されているのですから。 つづく
Commented by 春の小川 at 2005-02-08 16:31 x
カンパの袋が回されてきましたが、基本的に賛同できず、カンパはしませんでした。こうした法廷実施までの調査費・証人の渡航費・人件費等、相当の資金が必要だったと思います。個人のカンパで賄いきれたとは思えません。どのような支持団体が支えているのでしょうか?

正式名称:「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク は、「拉致」に関してはどのように考えているのでしょうか?北朝鮮とは、いまだに「戦争が継続手いる状態」です。「少なくとも、彼らはそう考えています。」としか解釈できません。
マサガタさん 今後の公正中立な取材を楽しみにしています。

Commented by マサガタ at 2005-02-08 17:49 x
おっしゃるとおり、女性法廷に関しては、賛否両論あって当然だと思います。

ただ、だからと言って、これをするなとか、これを取材して番組として放送するなとはいえないはずです。

それから、朝日以外のメディアも取材に来ていたらしいですよ。読売も来ていたのに黙殺したといっていましたし、おそらく、産経は最初から傍聴を申し込んでいたのに、飛び入りで入ってきて、そこで拒否されたのを、歪曲して伝えているのかもしれませんね。

右翼団体によくある歪曲事実報道です。あまり、惑わされないように。
Commented by 春の小川 at 2005-02-08 22:21 x
マサガタさんwrote >ただ、だからと言って、これをするなとか、これを取材して番組として放送するなとはいえないはずです。NHKの報道姿勢に関しては、項を改めて投稿したいと思います。取材しても、無視することも、取材者の自由でひとつの公正な報道姿勢です。特にプロパガンダをそのまま報道することは、偏向報道でしょう。【NHK・ETV特集第2夜「問われる戦時性暴力」40分程度】、観たかったですね。筆無精で投稿遅くてすいません。

ところで、明日のサッカー楽しみです。双方正々堂々と戦い、どちらの応援団もスポーツとして楽しんでもらいたいものです。
Commented by 春の小川 at 2005-02-08 22:38 x
それから追加、自分達に有利に報道するメディアだけを取材させる姿勢も、賛成できません。集会を妨害する勢力にも賛成できません。

先の投稿訂正  誤)「戦争が継続手いる状態」です。正)「戦争が継続している状態」です。
Commented by マサガタ at 2005-02-09 19:03 x
偏向と言っても、私が学んだ限りでは、NHKが事実を逆に右に偏向してしまっているように思えてなりません。

そもそも、裁判の報道なのに判決部分がないこと自体、番組として成り立たないでしょう。
Commented by 春の小川 at 2005-02-10 02:22 x
マサガタさん まだ私は、「NHKの報道姿勢」に関しては、言及していません(この件は後で)。まず発端となった「法廷」に関して、できるだけ理解したいのです。下記Web、正式名称:「戦争と女性への暴力」日本ネットワークは、どうして、60数年前の「戦時性奴隷」だけをテーマにし、「アブグレブ刑務所でのイラク女性への暴力」等、今日の問題に関しては、何のコメントも言及もしていまん? どうしてでしょうか?http://www1.jca.apc.org/vaww-net-japan/   できれば、いままで投稿した「?」に、マサガタさんのお考えをお書きいただくと、ありがたいです。
Commented by マサガタ at 2005-02-10 09:48 x
アブグレイブの事件も悲惨なものですね。ただ、これを言及するには実態解明がまだ不十分でしょう。特にイスラム圏の女性なら、告発はほとんど不可能です。

慰安婦の方々も、口を開いたのは、40年以上もあとで、それも全体からいえばごくわずかです。ただ、まず過去のことをきちんと検証することによって、今後の糧にしていくべきではないでしょうか。
Commented by masagata2004 at 2005-02-15 08:30
2チャンネル的コメントは削除の対象になることをお忘れなく。

それから、慰安婦問題に関して証拠がないといっている学者の方々は、いい加減で恣意的な調査しかしてないことが多く、また、自己中心的な憶測も多いです。アポロの月面着陸捏造説と似ていますね。私は、アポロは個人的には捏造だと思ってますけど。
Commented by 既出かもしれませんが at 2005-02-23 02:46 x
バウネットについて、参考になりそうなページです

松井やより(?)のブログ
http://blog.goo.ne.jp/yayori2005
80年代的で市民運動的な「優しいサヨク」はいかなる内的論理の変遷を経て90年代的な攻撃的「反日左翼」へと生まれ変わったか。
http://plaza.rakuten.co.jp/isanotiratira/diary/2005-02-12/
「慰安婦」・戦後保障問題
http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/contents.html
カトリックと朝鮮総連の相互乗入
http://www.nomusan.com/~essay/essay_16_chuche10.html

Commented by 春の小川 at 2005-02-28 20:53 x
マサガタさん>2チャンネル的コメントは削除の対象になることをお忘れなく。このコメントはどなたの投稿のどの部分の文章に対するものでしょうか?

「既出かもしれませんが」さん Web情報ありがとうございます。「従軍慰安婦問題」・「南京大虐殺」・「靖国参拝」など、Web上で勉強中ですが、いずれも左右専門家による激突の議論があり、読めば読むほど分からなくなります。それぞれ歴史的解明は必要ですが、「法廷」に関して、は攻撃的「反日左翼」(こういう表現があるのですね)によるプロパガンダと、私は思います。ただし、「従軍慰安婦」は「いなかった説・責任なし説」はとりません。

Commented by マサガタ at 2005-03-01 06:38 x
春の小川さん、私は反日左翼だとは思いませんが、賛否両論あることは認めますね。
Commented by 神田のヤッチャン at 2005-03-18 22:29 x
まずみなさん問題のビデオを見てください。この法廷は、安部氏が言っているような北朝鮮の工作員が関与しているものではありません。
直に高橋哲哉さんにも聞きました。
やはり悪質な嘘です。
女性国際法廷のビデオは市販されています。(NHKのビデオは市販されていません。つい最近、市川で上映したそうですが。)
いかに改竄されたかの、詳細は高橋哲哉著「証言のポリテイクス」未来社のなかにでています。これを読むとひとつひとつのコメントがいかに意図的に消去されたかわかります。もうひとつ、民衆法廷にかんしては、確かに実験的ですが、行なっていることは、権力法廷(国などの権力による)が、裁かなかった取り残されたマイノリティーのための裁きであり、つまり人道に対する罪を扱っている。そのほうの文献は前田朗さんが「民衆法廷」現代人文社等に詳しく書いてあります。ラッセル法廷などが、あります。
アフガンやイラクに対しての国連を無視したアメリカ主導の侵略戦争に対しての今後の裁きの方法である。1998年に国際刑事裁判所がオランダのハーグに設立され、100カ国近くの批准。
アメリカ、日本等は参加する意志すらみせていません。


Commented by masagata2004 at 2005-03-18 23:16
神田さん、コメントありがとうございます。大変参考になりました。
Commented by かかし at 2005-03-21 12:28 x
マサガタさん

シバさんのコメント欄で見て、中野に行ってきました。斎藤さんの講演は、日本が95年以降、まやかしの「危機管理体制」のもとで被害者意識を強めた結果、加害責任の追及がにぶり、それが極点に達したのがNHK事件だったと。香田さんの事件は、息子を失った怒りや悲しみさえ訴える事が許されない、戦争に反対する事が罪とされる「銃後」の思想そのものであるとして、現代の閉塞感を、ここ10年ほどの歴史的視点から鋭く分析しておられました。また、中帰連の大河原さんは、当時の自分に全く政治的意識が無いまま戦争に加担していた事を反省し、イラクにおける自衛隊も、「軍隊」というものを意識させない宣伝がなされており、特に空自・海自の活動について全く報道されていないことに言及し、「後方支援は戦争への加担にほかならぬ」と、かつての「後方支援」の実態を知るものとして、自らの体験を踏まえながら話してくださいました。
Commented by かかし at 2005-03-21 12:30 x
相澤恭行さんは、イラクでの活動を記録した映像を振り返りながら、戦争の「全細胞が拒否する匂い・手触り」を想起し、2441億円もの対米協力予算を拠出している日本のタックス・ペイヤーの「現在の戦争責任」を問い、無知と恐怖が暴力を生み出すこの悲劇を食い止める為の、対話の重要性を感動的に訴えました。細菌戦訴訟の原告団の中国人の方が、相澤さんの報告に感銘を受け、「日本にも、過去/現在の戦争に真しに向き合い、平和を求める人々が多くいることを、中国でも伝えていく」と、アピールを述べていました。
個人的には「善人こそが悪を為す」ということを強く思います。無知を恬として恥じない「善男善女」が恐怖感に煽られたとき、いとも簡単に暴力に手を染めることの怖さと、それを冷酷に利用する制度化された暴力装置としての「軍隊の絶対悪」を知るとき、私たちは「歴史に復讐されている」と強く感じました。歴史を知るとは、過去の無告の死者たちの「止められた時計」をひとつひとつ掘り起こし、死者の視点から今ある戦争(を生む構造)を撃つことであると、かつて、井上光晴は語りましたが、そのような思いを強くした集会でした。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧