映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六」 問題提起か

日独伊三国軍事同盟と、続く日米開戦に反対し続け、ついには南方で敵弾に散った連合艦隊司令長官、山本五十六の当時の姿を追った物語。

ちと美化しすぎていないかと勘ぐる場面が多々あったが、映画の主題は同時の日本の軍部、政治、マスコミ、世論の状態が、異常であったのではないかという問題提起だ。それは、現代でも通じるところがみられる。

明らかに国力で圧倒するアメリカを相手に、ばくち打ちのような戦争を仕掛けようと考えるわりには、いざとなると「なんとかしよう」「敵がそんなことをするはずがない」といういい加減さ。ついには、「そんなの我慢ならん」と感情的になり、ものごとをロジカルに判断しようとしない。

当時までは日本は戦争に負けたことがなかった。特に日露戦争の辛勝の栄光にすがるところもあった。なので、無謀な道にどんどん突き進んでいった。

現実を真正面に見る冷静な判断力、ものごとを広い視野で総合的に分析する能力、それらがいちじるしく欠けていたという点が問題。だから、現代と照らし合わせて、そんな間違いを繰り返さないようにしようという問題提起である。

だが、私としては、これにもう一つ重要な要素を加えたいと思う。それは、この手の映画に常に欠けている視点。真珠湾の前の段階で、すでに日本が間違った道を踏み出してしまったこと。それは中国大陸への進出だ。そもそも、日米関係が悪化した要因は、三国同盟の前に、日本の中国侵略が大きかったことが重要だ。

実をいうと、私はその要素を大いに含め、この映画にある問題提起をより分かりやすく綴った小説を、ブログ上で書いた。機会があれば、是非とも読んでいただきたい。

自作小説「白虹、日を貫けり」 

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2012-08-21 23:03 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/18864374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧