慰安婦問題について語る集会参加報告

8月26日、早稲田大学構内の「女たちの戦争と平和資料館」で、昨今の日韓関係において領土問題と並んで論争となっている慰安婦問題について、長年、この問題を政治や司法の場で追究してきた女性団体の主催により、「丸わかり!「慰安婦」問題・基本のキ」というカフェスタイルの集会があり参加した。

参加したのは30人ほど、ほとんどが女性で、男は私を含め3人程度だった。

さて、この集会が開かれた目的は、日韓関係に影を落としている以外に、国内において、石原都知事や橋下大阪市長などのように「慰安婦などなかった」「売春婦だった」「証拠となる文書がない」「河野談話を撤回せよ」という発言で大変な危機感を抱いたため、事実を分かりやすく説明しようというものである。

以下にて箇条書きにして、よくいわれる論争とそれに対する答えをまとめた。

「慰安婦と呼ばれる人達は、自ら金欲しさに売春業者に身入りした。または、親に売られてそのようになったので、自らの意志だったり、法にのっとたものだから強制売春ではない」というが、

実際のところ、聞き取り調査をした被害者の証言からは、その多くは、他の仕事を斡旋するなど、嘘をおしえられ連れて行かれたり、憲兵から無理矢理連行されたというものばかりである。それは過去の日本国内での裁判で事実認定されている。朝鮮半島では主に甘い言葉で騙されたケースが多いが、その他のアジアの地域ではほとんどが、明らかに憲兵やそれに雇われた業者などによる誘拐に近い強制連行だった。

「証拠はない。軍が直接命令を下したことを示す文書などない」といわれるが、

文書は、一部では発見されている。オランダ人女性が慰安婦にされた事件の裁判などで文書になって残っているものがある。ただ、文書は燃やされてなかったり、未公開だったりする場合もある。そもそも、やましいことをする時に、わざわざ証拠となる文書を作成したり残したりすることは頻繁にない。文書でないと証拠ではないというのは詭弁である。

一部で慰安婦募集広告があったとか、親から身売りされたという証言があったとかあるが、それは全体のほんの一部であり、それをさも、全体のことと採り上げる手法を否定派はよく使い分かりにくくする。

これは、軍人の一部が犯した行為ではなく、国家ぐるみで組織的に広範囲の強制売春(レイプ)を行った歴史上前代未聞の行為なのである。当時の公娼制度と混同すべきではない。

さて、事実あったとして、日本は河野談話で謝罪して、国民基金で賠償をしたのだから、もうほじくり回す必要はないのではないか、という議論については、




国民基金は民間によるお悔やみ金みたいなもので、慰安婦でも受け取りを拒否した例が数多い。日本政府として責任を認め、賠償をする行為を被害者の方々は求めている。

慰安婦問題は韓国に限らず、米国下院議会、欧州議会でも、謝罪を求める決議をされており、日本が真剣に取り組んでいないと世界的にみられているのが現状だ。

単に戦争責任問題ではなく、女性の人権という広い意味の問題ととらえ取り組んでいくべきだ。

昨今の慰安婦論争は、事実のあるか否かより、ナショナリズムを煽るためのイデオロギー論争にすり替える傾向が目立つ。また、このことをメディアなどで問われる時、長い時間をかけて説明することが許されず、即答するように迫られる。短時間で説明できる類のものではない。

メディアが橋下市長のような言説にのってしまうのは、多くの記者が事実をよく知らないことが原因として考えられる。より多くの人々に、分かりやすく時間をかけて説明をする必要がある。新聞やテレビだけでなく、ネットメディアなどに呼びかけていきたいと考える。

以上

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2012-09-06 20:50 | 時事トピック | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/18945122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruhiginoue at 2012-09-06 22:53
 公文書に無いからといって否定するやり方は、石油危機時代の物資不足で企業が隠して値を吊り上げたとか、公害で汚染物質を垂れ流したとかの問題のさいに、すでに『諸君!』など権力媚び売りメディアによって使われた懐かしい方法です。
 日本が、従軍慰安婦は公文書に無いからという論法によっていったんは認めた非を否定したら、いちばん喜ぶのは北朝鮮です。
 公文書に無いから拉致なんて無かったと言えるわけですから。
Commented by masagata2004 at 2012-09-06 23:04
ruhiginoueさん ですよね!


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧