星条旗新聞で読んだ意見

沖縄県警は30日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の大山ゲート前で、新型輸送機MV22オスプレイ配備に反対して座り込んでいた住民らを排除し、基地を封鎖するため住民が止めた車12台を、レッカー車...
このニュース、アメリカの星条旗新聞でも記事として取り上げられていた。星条旗新聞は米軍の人が読む英語の新聞。

記事自体は、何が起こっているかを淡々と述べているものの。それに対する読者のコメントに関しては、興味深いものがある。

俺たちが守ってやっているのだから、いずれ報われるはずだという意見があったものの、大半は、沖縄の人々に同情的で、また、オスプレイの安全性よりも自分たちが、そもそもから歓迎されていないこと、沖縄の人々への差別がまかり通っている現状に憤っている意見であった。

そもそも、在日米軍基地に関しては、アメリカ側は日本が出ていけというなら、出ていっていいよという柔軟な姿勢でのぞんでいるとかいう。それは元沖縄県知事の大田氏がアメリカの関係者に会い、そんな意見をよく聞いたと言っていたことから分かる。

問題は、この問題の本質をよく見れということだ。本質はオスプレイではない。日本の防衛にとって必要ではなく、また歓迎もされていない米軍をこれ以上、置いておくことが懸命であるかということだ。

沖縄の人に限らず、日本国民全体で考えるべき時に来たのじゃないだろうか。



人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2012-10-01 00:06 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/19071266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruhiginoue at 2012-10-01 12:48
 アメリカ軍が居ないと中国に侵略されると言う人たちがいるけど、アメリカは頼りにならないのではないか。
 それなら日本が独力で主権を守るようにすべきだが、そうすることはアメリカが許さない。
 まるで属国であり、属国が主権を守るというのは滑稽だ。
 これを中国は歓迎していた。日本だけだと何をするかわからないので危ないから、アメリカが縛っていれば安心だと。
 これなのに、アメリカ軍が日本を中国から守ってくれると言う人たちは、現実を認識できていないのではないか。
 
Commented by masagata2004 at 2012-10-06 15:15
彼らは、その場限りで強いものに媚びを売っていれば気持ちのいい人たちです。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧