本物の芸者と遊んだぞ

やっと初体験をした。映画やテレビでしか知らなかった芸者の世界を生で体験できた。

とはいっても、単なるツアーに参加したまでで、私のような庶民でも手の出るようなもの。

20人程度のお客を相手に向島のお茶屋のお座敷にて、昼食懐石と芸者のパフォーマンスとおもてなしを堪能。
b0017892_21563899.jpg
b0017892_21565770.jpg


3人いて、一人は熟年のお婆さん芸者、一人は中年の芸者、もう一人は半玉といわれる見習いの若い芸者。

お酒を飲むときは、仲居さんではなく、芸者さんが必ずお酌をつぐ。そして、そばでいろいろなお話をする。実に話し方がうまい。特に熟年の芸者さんは。

その後は音楽の演奏、そして、踊り。そして、お客さんと遊びを。遊びは屏風を舞台に立てて、そこで体を使ったじゃんけん。わけわからなかったけど。
b0017892_215893.jpg
b0017892_21584122.jpg

私は着物を着ていたので、特に注目を浴びた。考えてみれば、芸者と遊ぶなんていうのは、誰もが着物を着ていた時代から。なので、自分が一番の正統派だったような。
b0017892_2159245.jpg


芸者と遊ぶというと、水商売の艶めかしさを連想する人もいるが、私にとっては、未知であり、日本人としての伝統であり、ヘリテージ(遺産)であり、誇りである。ある意味、仏閣を訪ねるような気分であった。なので、とっても高尚な気分になった。

今度は芸者の男版、幇間のお座敷をトライしていみたいと思う。

ちなみに、芸者のお座敷の後は浅草寺の庭園を楽しんだ。芸者と同じく美しき高尚なる世界。日本人よ、目覚めよ。そんな高尚な世界があることを。安易さや、効率のいいものを追い求めすぎ、身の回りを味気ない世界に変えてしまってはいないか。
b0017892_2203119.jpg

ついでにそんな美しき世界を持つ日本に原発は、ほとほといらないと痛感した。芸者の白塗りは電気のない時代に暗いお座敷で顔を際立たせる役割があった。そう、原発も電気もない時代から存在した日本の文化だ。まだまだ続いているのだから、大事にしないと。

どうして、みんな気付かないんだ!
by masagata2004 | 2013-04-20 21:55 | アート


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧