イラン映画「別離」 宗教と社会生活

タイトルと内容はずいぶん違った。だが、テーマは宗教と社会生活ということだろう。

この映画を観ると、イランが敬虔なイスラム教国家でありながら、意外にも近代社会であるということを理解させられる。

映画の中では、女性は常に頭にスカーフをかけていたが、職業を持ち、車を運転し、男性に対して堂々とものをいう。裁判所もあり、そこで判事が、法にのっとった審判を下す。

意外や意外、顔だちは白人だから欧州と思えるほどの情景ばかりだ。

だが、宗教の影響は強い人には強く、それが思わぬ騒動を巻き起こしてしまう。ストーリー展開が実にいい。

敬虔な人とそうでない人との差が、それなりにある。また、痴呆の老人介護という深刻な問題も万国共通であると分からせてくれる。

宗教観や道徳観も、実をいうとイランのような国の中でも個人差があるものだということだ。

だけど、イランではレイプされた被害者の女性が貞操を失った罪で処刑にされると聞いたことがある。だから、意外に意外。この二つのスタンダードの狭間で社会は揺れているということなのだろうか。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2013-08-17 22:08 | 映画ドラマ評論


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧