映画「ママの約束」 アートで反原発

ネット上のバッシングと 増山の映画に込めた思い

3月21日、東京のJR水道橋駅近くのたんぽぽ舎で「ママの約束」という映画を鑑賞した。ジャーナリスト兼アーチストの二児の母である増山麗奈が311後、福島、ドイツ、インドを取材して撮ってきた映像をまとめドキュメンタリー化したものだ。本人も上映会場に参加して、上映の後、トークを繰り広げた。写真右の女性が増山麗奈女史。
b0017892_9455847.jpg


脱原発活動家でも増山女史は、福島の原発事故以後、自分の娘のことが心配で、東京から大阪に引っ越したという。その後、アーチストを専業していたのを原発について取材するためジャーナリストも兼ねて活動するようになったという。

映画では、脱原発を決定したドイツの経緯や代替となる再生可能エネルギーについての政策が分かりやすく説明されていた。風力発電を担う市民電力会社に投資する銀行について「大手銀行にお金を預けると原発に使われるが、ここなら風力発電に融資されることが分かっていい」という意見が面白かった。

また、日本が原発技術を輸出しようと考えているインドでは、彼女自身も一員となって参加したインドの人々と絵を描いて交流するボーンフリーアートの様子を撮影。上映後のトークでは思わぬ経緯を聞かされた。

脱原発の活動や取材目的で、インドへの入国ビザを申請しても認められないので、アーチストとしてビザを申請して入国したという。アーチストとして、インドの人々と絵を描きながら、脱原発を訴える形で活動をして、結果、現地のメディアに大きく取り上げられ脱原発に貢献できたように思うと。

実にCleverだ、と思った。増山女史の手法は世の中を変える原動力になっているのは確かだろうと思った。今後の活躍に期待をしたい。
by masagata2004 | 2014-03-22 09:45 | アート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/22309000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧