映画「Wの悲劇」 演技派女優のW競演

30年以上前、私が中学生だった頃、映画館で観た映画。それを久しぶりにDVDで観た。

女優志願の若い女性が、大女優のとんでもない申し出を引き受けた報酬に、大舞台劇の主役に抜擢される。彼女は、見事にその演技をこなすのだが・・・。

ストーリー設定と展開が、かなり強引に思えたが、俳優の演技力にかなりの説得力があった。特に、二人の女優。主演の薬師丸ひろ子と準主役的な存在の三田佳子だ。

1980年代の若手人気女優とキャリア女優のコンビには迫力があった。

以前、とある舞台劇で二枚目を演じた俳優が、舞台の外では何の変哲もない人物に変わっていたのを目撃したことがある。なるほど、俳優とは、美男美女であるだけでなく、美男美女を演じられる人たちなのだと自覚した。

こんな台詞が印象に残る。「赤ちゃんに大人を演じろと言われても、できないが、大人が赤ちゃんを演じることはできる」。演技とは、客観的に役を理解し、なりきるということを意味するのだろう。

ちなみに、この映画の中で脇役として出演していた高木美保は、その後、昼メロ史上最高視聴率を誇った「華の嵐」でヒロインの貴族令嬢を演じた女優である。

この「華の嵐」についてもいずれ語りたいと思う。

この映画は舞台劇制作を巡る人間模様を描いたものだが、その舞台自体を実際に観てみたいと思った。山荘で繰り広げられる殺人事件のミステリーと謎解き。

舞台劇は、演技がドラマや映画と違い、やや大袈裟になる。また、効果音や照明も手の込んだものにしている。それが、映画と違う。これまで、映画を舞台化したものといったら、「細雪」と「風と共に去りぬ」を観たことがある。

映画とは違った味わいを感じる。この映画では、映画ドラマの面白みと舞台劇の面白みを対比しながら、表しているのが特徴だ。

因みに、最近、私は舞台劇に関心を持っていて、舞台劇の台本でも書きたいと思っている。それについても、今後いろいろと語りたい。

by masagata2004 | 2016-09-23 03:20 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/26216959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧