外国人と働く

最近、とある運送会社で働くことがあった。現在、引っ越しや事務所移転で繁忙期なので、短期のアルバイトの募集があった。学生やフリーランスで働く社会人など様々な男たちと一緒に、この力仕事に挑むことになった。

その中に中央アジア出身の人がいた。彼は妻が日本人なので、日本語は堪能。ただ、時々、文法的な間違いがあるくらい。少なくとも、周りの日本人が言っていることはしっかり理解している。

そんなわけで、彼を含め数人の男たちと一緒になって働いたのだが、そこで何が起こったかというと。

まずは、若い学生で中央アジアに以前滞在したことがあるという人が、興味深そうに彼に話しかけてきて、お互い盛り上がった。エベレストの話もして盛り上がった。私も、彼といろいろな話をした。大阪弁は理解できるかなんてきくと、彼は、大阪弁は分からないが沖縄弁なら分かると言った。

なので、友好的な雰囲気が続いたかと思ったが、最後に嫌なことが起こった。




引っ越し作業も一通り終わり、皆、疲れきっていて、そして、台車や段ボールなどの作業用の器機やゴミなどをトラックに積み込む片付け作業をしていた時だった。

その彼が、間違った日本語の言葉を話し、トラックの運転手が訝しく彼を見た。それは大したことではなかったが、その後に彼が作業用の紐を手渡すと、それがきちんと巻かれていなかったことに対して、「日本人なら、こんないい加減なことはしないのにね」という小言を、彼と皆がいる前で言ったのだ。

彼は、特に気にすることもなく微笑んでいたが、もしかして傷ついたかもしれない。

これって問題発言だろう。

アメリカのトランプ大統領が口走りそうなトークだ。

外国人と働くということ、一緒に過ごすということは、こんな出来事が頻繁に起こるということだ。

でも、国際化の中、こういうことにも対処しなければならない。それは、日本人が差別意識を持たないこと、持っても露わにしないことだ。

同じことを外国で自分たちが言われたらどう思うだろうと考えないといけない。彼の出身国を含め、世界中の様々な国々との付き合いで日本は成り立っている。

言っとくが、運転手の言っている発言は何も根拠を得たことではない。勝手な思い込みだ。

そういえば、トランプ大統領が不法移民の犯罪に対して声を荒げ、メキシコ国境に壁をつくる政策を訴えていたが、統計データにより、不法移民の犯罪率は、米国生まれの米国市民よりも低いことが証明されている。

なので、誤解であり、明らかなる偏見に基づくものだ。

さあ、みんなで考えよう! どうしていくべきか。

by masagata2004 | 2017-03-17 19:24 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/26725307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧