映画「スリーキングス」(1999) イラクに民主主義は無理

Excite エキサイト : 国際ニュース

湾岸戦争後のイラクでフセインがクウェートから略奪した金塊をくすねようと計画した米兵たちの物語。金塊をくすねることに最初は成功はしたものの、フセインに苦しめられるイラク国民を見捨てることが出来ず、軍務に背いてまで彼らを助けるが、そのために奪った金塊をあきらめることとなる。

まあまあといったところだろうか。

ストーリーはどうでも良かった。ただ、この映画で湾岸戦争当時のイラクの状況が表現されていたのが面白かった。アメリカはクウェートは救ったが、フセインに苦しめられていたイラク国民は救わなかった。米兵は、イラク軍に虐殺されていく反体制派のイラク国民を見ながらも、助けを差しのべることが出来なかったということが映画の題材になったらしい。

ちなみに、金塊のようなイラクの資産を米兵がくすねるというような行為は、CBSドキュメント(TBSで放送の米CBSの60Minutesの日本語版)によると今度のイラク戦争でも行われていたらしい。貧しい兵士たちにとっては、どさくさに紛れていただけるというのであれば、理性で抑えるのは難しいだろう。ドキュメントで報じられたのは、フセインが貯め込んでいた膨大なドル札束を盗んで軍法会議にかけられた米兵だった。

だが、この米兵を責める資格がアメリカ政府にあるのか。やってることは同じことなのに。

民主主義が成立するには幾多の条件をクリアしなければならない。
結局のところ、イラクのような国情に民主主義なんて根付きやしないのだ。だから、選挙で憲法が制定されようとされまいと、ひたすら内乱は続く。

日本も民主主義は根付いていない。今度の衆院選がいい例。
by masagata2004 | 2005-10-16 00:13 | 映画ドラマ評論


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧