ある意味、的を得た要求では、皮肉にも!

Excite エキサイト : 国際ニュース

「政府がメディアを監督・規制する中国と異なり、日本では「報道の自由」が憲法で保障されていることへの認識の低さが改めて浮き彫りになった。」

おいおい、日本も立派なメディア規制機関、「記者クラブ」があるではないか。

憲法でどう保証されているかより、実質的な意味では、そんなに自由でないということじゃないの。記者クラブは、公機関の記者会見を加盟社以外のプレスを認めず、情報を独占する見返りとして、独自で取材することなく役所の情報をそのまま、流しているんだろう。政治家や役所のスキャンダルなんて知っているくせに報じない。記者クラブ利権を奪われたくないからだ。
ジャーナリズムなんてないくせに、あるように気取るのおよし。

そういえば、あのハンセン病だって、厚生省を記者クラブの記者が追求できなかったから、改善が遅れたとかいうだろう。

週刊誌が、いつも暴露の発信源でしょう。政府のいいなりという意味では、胸を張って、こっちは自由な国だとかいえんのじゃないか。

そういう事情を知っているからこそ、そんな言葉が出たんじゃないの? 反中ナショナリズム報道も記者クラブの指令だったら笑える。

ちなみに、国境のない記者団というフランスのジャーナリストNGOによると、昨年かその前の年だったかな言論の自由度は、日本は40位以下だったと。日本は先進国中最低ランクだ。中国は100位以下で全体で最低ランクだった。

<中国>報道局長、日本メディアの報道を批判 [ 01月10日 20時06分 ]
毎日新聞

 【北京・飯田和郎】中国外務省の孔泉報道局長は10日の定例会見で、日本メディアの報道について「中日関係上の摩擦や問題を熱心に報じ、歴史問題など重大な原則的な問題では中国を含むアジア人民の感情を傷つける報道を繰り返している」と批判した。

 政府がメディアを監督・規制する中国と異なり、日本では「報道の自由」が憲法で保障されていることへの認識の低さが改めて浮き彫りになった。

 孔局長は、昨年4月の日中首脳会談で胡錦濤国家主席が明らかにした日中関係に関する5項目提案について王毅駐日大使が「日本での報道がとても少なかった」と指摘したことを例に挙げ、メディアの役割は「両国国民の相互理解、相互信頼を増進させることだ」と語った。

 北京で9日開かれた日中外務省間の協議では崔天凱アジア局長が「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書く。日本政府はもっとマスコミを指導すべきだ」と要求。佐々江賢一郎アジア大洋州局長は「それは無理だ」と説明したという。

by masagata2004 | 2006-01-13 22:44 | メディア問題


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧