あくまで絶滅危惧種だから捕鯨反対なのか?

Excite エキサイト : 社会ニュース

イギリスだとそうでもないみたい。というのは、自分たちの食文化に馴染まないから、それ以外は野蛮だという考え方から反対していることが根底にあると思う。

だが、イギリスでは貴族がキツネ狩りなどをやっている。それは、食べものにしないからもっと残酷だ。

絶滅危惧種であるかの論争に関しては科学的データはいろいろと有り論争もあろうが、食文化の善し悪しをいうのはいい加減にして欲しい。元イギリス人のC.W.ニコルという人が、以前、CNNに出演して「1頭の鯨を食することは、50頭の牛を食しないことに匹敵し、牛を飼育する牧場作りのための森林伐採をその分しなくてすむことになる」と言っていた。

鯨を食べる問題点より牛など他の動物を食す問題点も考えるべし。

「東は東、西は西」とイギリス人詩人キプリングも言っていたのだから、ほっといて欲しい。

<英国>日本捕鯨の批判広告を高級紙に掲載 環境保護派 [ 01月26日 19時14分 ]

 【ロンドン山科武司】テムズ川にクジラが入り込む騒ぎがあった英国で25日、環境保護を訴える人々が日本の調査捕鯨を批判する意見広告を英高級紙に掲載し、在英日本大使館への抗議を呼びかけた。

 広告はタイムズ紙とインディペンデント紙に掲載された。テムズ川に迷い込んだクジラを保護する写真と、日本の捕鯨船内のクジラの死体の写真を並べ、「1頭のクジラの死が世界の注目を集める一方で、日本の捕鯨業者は1000頭以上の虐殺を計画している。犯罪を止めさせたいなら今、行動して」と訴えた。さらに「我々にできること」として電話やメールで在英日本大使館に抗議するよう呼びかけた。

 広告主は環境保護に関心のある人々で組織されたグループ。クジラだけでなく、さまざまな環境問題について機会を捕らえて主張をアピールしているという。キャンペーンを主宰したピーター・マイアズさんは「テムズ川の騒動があり、クジラ問題に関心を持ってもらう好機会だった」と説明。「捕鯨方法は残虐で、しかもクジラは絶滅の危機にさらされている」と主張している。

by masagata2004 | 2006-01-26 20:48 | 環境問題を考える | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/4079146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lisalisa9 at 2006-01-28 04:20
>絶滅危惧種であるかの論争に関しては科学的データはいろいろと有り論争もあろうが、食文化の善し悪しをいうのはいい加減にして欲しい。

最近ではチョウザメ保護のためワシントン条約事務局がキャビアの取引を禁止していますから、捕鯨なども同様に自国の食文化や利益だけの問題として突っ張っている事ができなくなってきているのも事実です。
(他の国が)自分の物差しで日本を測らないで欲しい、と書いているブログも見かけますが、あらゆる国が全ての事柄を「自分の物差し」で全てを測っては統制が取れません。そのためにユニバーサルな物差しが必要になるわけで、それは、UNであったり、世界の世論や流れです。
但し、どれだけ世論が捕鯨反対を説いたとしても、自分達に野蛮な事をしているという自覚がない限り、いつまでも反対するでしょう。
ただ、個人的には、時間の問題(せいぜい15年)で禁止になると思います。
Commented by lisalisa9 at 2006-01-28 04:20
>イギリスでは貴族がキツネ狩りなどをやっている。それは、食べものにしないからもっと残酷だ。

これは論点がずれていると思うのですが。
キツネは農地を荒らす害獣を駆除するという認識の上で、行われていますからネズミを捕らえるのと同レベルです。キツネ狩りが問題なのは、駆除の手段に狩という残虐な快楽を伴う方法であって、駆除そのものではありません。それは必要ですから。

食文化は時代と共に変化しています。牛肉を食べるようになったのは、ここ200年~250年のこと。反対にウサギは今では食べませんからね。これも時代の流れだと思います。
Commented by masagata2004 at 2006-01-28 09:13
リサさん、コメントありがとうございます。いろいろとためになりました。

私は絶滅危惧種であるということで議論しているのなら結構だと思いますが、食文化を問題にするのは実にばかげています。犬を食べようが野菜を食べようが、結局同じことだと私は思います。

環境問題から言えば牛肉を食べることを問題視すべきだと思います。
アイスランドのように日本もIWCを脱退してもいいかと思います。
かつて欧米人は、コルセットや油をとるために捕鯨をしていました。それはやめるべきでしょう。捕鯨が残酷なら、牛肉の加工工場ももっと残酷です。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧