映画「ホテル・ルワンダ」を見て南京大虐殺も考えろ

渋谷に行って、映画「ホテル・ルワンダ」を見に行った。

評判通りの映画だった。1994年、アフリカのルワンダという国で、フツ族がツチ族を虐殺して、100日間に100万人もの住民が殺されたルワンダの虐殺を描いた映画である。ジャン・レノがちょい役で出ているのが笑えた。

物語は、ベルギー資本のホテルで働くフツ族の支配人が、ツチ族を匿うため奔走し、最後は命からがら脱出する実話である。このツチ族とフツ族というのは、元からあった民族ではない。これは、ルワンダがベルギーの植民地だった頃に、植民地支配をやりやすくするため作られた民族の区分けで、体の特徴が多少違うだけで見た目はほとんど同じだ。つまり、「分割して統治せよ」の典型的な例だ。そのかつての支配者の分断により、お互い無益な対立をする愚かさが、あのような悲劇をもたらしたのだ。

私がアメリカの大学で国際関係学の専攻を始めた頃、講義でルワンダの虐殺を取り上げたことが今でも印象に残っている。ちょうど、その時期だった。講師はこんなことを言っていた。「コソボには関心を持って軍を派遣するが、ルワンダではあれだけの虐殺が起こっても知らんぷりだった。それは肌の色のためか」と。

ところで、いかにも外国のことと考えがちだが、これは日本にとっても身にしみる思いがする出来事だったと考えなければいけない。映画で表された地獄のような光景は、今から約70年前の中国・南京でも見られたものだ。ルワンダは内戦だったが、南京は外国の侵略によるものだ。よく南京虐殺を取り上げると「30万人も殺せるはずがない」とまぼろし説を唱える人々がいるが、ルワンダの虐殺では、100日間で100万人、それも主にナタなどの単純な武器を使って虐殺が行われたことを考えてもらいたい。南京では、2ヶ月で30万人と言われている。

この映画はアメリカで大ヒットしたにもかかわらず、日本での上映が危ぶまれたと言われる。それが、ネットで若者達の署名を集めて実現できたらしい。そのせいか観客に若者が多かった。だが、その若者達は自国の犯した似たような虐殺事件に対して、考えを巡らせたことはあるのだろうか。よーく考えて欲しい。自分たちの先祖も同じことをしてきたんだと。これは、日本の平和運動、特にイラクなどの国での残虐行為を批判する立場の人達に絶対に言いたいことだ。他国のことをいうのも重要だが、それなら自分の出身国のそのような歴史をしっかり踏まえておけと。日本では、歴史教育が立ち遅れている。そんな状態を何とかすることが、先決じゃないかと。でないと、誇りを持って平和運動など出来やしないし、世界平和に貢献など出来ないし、尊敬などされない。南京虐殺などなかったことと考えれば日本人として誇りを持って生きれると考えるのは、大間違いだ。

ちなみにこのブログの他の記事を読んでくれれば分かるように、私は南京虐殺のことに関する市民運動を支援している。実際に虐殺を目撃した被害者たちにも会って話を聞いたことがある。

そういえば、ハリウッドが、虐殺の南京を舞台にした映画を制作するそうな、クリント・イーストウッド監督、メリル・ストリープ主演で、来年12月南京大虐殺から70周年を記念して着々と制作が進行しているらしい。中国側も、もちろん大協力。オリンピックを前に、世界で上映される。(*)

日本で上映は実現するのだろうかと思う。ただ、それをしなければ日本は世界に大恥をかくことになろう。中国はそれを利用して、日本がいかに無反省な国家であることを印象づけ、アジアにおける自国の立場をますます強めることを画策するであろう。歴史カードを常に譲っているのは日本であることにその時気付くであろう。

まあ、そんなこと言ったって、タゴサク政治家とノー天気なウヨちゃん、でもって、自国の侵略戦争の歴史をよく知らず、他国の批判をするノー天気な平和運動家どもには分からないだろうけど。

でもって、わたしは世に言う左翼じゃないと思うけど、この映画を見て、憲法9条を変えるべきだとますます思った。あのような虐殺事件をとめるには、軍隊の介入が必要になるのが現実だ。南京虐殺の時も、アメリカに報道されたため、アメリカの世論は世界の平和と秩序を乱す日本を討つべしという考えに染まっていったことと似ている。きれいごとは言ってはいられない。もちろん、軍隊だからこそ、慎重に運用しなければいけない。軍隊が虐殺してしまう事態だけは防ぎたい。南京、ルワンダ、そしてイラクのような悲劇を繰り返してはならない。

(*)追記:3月7日の産経新聞によると映画制作の情報は誤報だったとのことです。制作側も、映画の元となり米中で出版される小説の原作者も情報を否定しているとのこと。余談ですが、このブログで連載中の自作小説には南京虐殺は出てきます。
by masagata2004 | 2006-02-03 00:13 | 映画ドラマ評論 | Trackback(3) | Comments(17)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/4108277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 求めている未来、落胆の現.. at 2006-02-05 21:36
タイトル : ホテル・ルワンダ(辛口批評)
東京へ出張に行ってまして、空いた時間に「ホテル・ルワンダ」を観ました。 この映画は最近話題でしたので、知ってる人も多いでしょう。アカデミー賞3部門にノミネートされたにも関わらず、公開されず、署名活動によって単館公開が決まりました。 世界的にあまり知られていない100日間で100万人が殺された事実と、お蔵入りになった理由には特に関係がないようです。賞ノミネートで価格が上がったが地味な内容だったためという、あくまでお金の面でのお蔵入りでした。『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会の活動によって世論は...... more
Tracked from 大学の真相 海外で考える at 2006-03-13 14:56
タイトル : 政治的番組構成に思うこと
「たかじんのそこまで言って委員会」で放送された映像南京大虐殺は本当にあったのか?という番組の動画。3月6日放送 ▽南京大虐殺と反日プロパガンダ ◇司会 やしきたかじん、辛坊治郎(読売テレビ解説委員) ◇パネラー 三宅久之、金美齢、西村眞悟、川崎泰資、デーブ・スペクター 宮崎哲弥、桂ざこば、遙洋子   ゲスト:東中野修道(亜細亜大学法学部教授) 日本でも東京にいると見られない番組(関西地区を中心とした限定地域の放送)をネットで見られるのは嬉しいけどもやっぱりこの番組の構成で 初めから示...... more
Tracked from soramove at 2006-03-26 20:54
タイトル : 「ホテル・ルワンダ」無力感を持って暖かい家に帰ろう
「ホテル・ルワンダ」★★★★ ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ主演 テリー・ジョージ監督、2004年アメリカ ルワンダの内戦 そこでは想像を絶する行為が 行われていた。 今これを見てどうしたらいいのだろう。 真実は何を教えてくれ...... more
Commented by solitarylife at 2006-02-05 21:46
トラバありがとうございました。
僕は、例えると、なんて言うか、腕に色の付いたわっかつけて終わりみたいなのが、生理的にだめですね。
いかにも平和に麻痺してる日本人的行動だなーと。
「ホテル・ルワンダ泣けました、終わり」それだけみたいな人。
どれだけ、自分なりの考えを巡らせるかが最も重要なのでは?と思う。
誤解生む発言かもしれませんが・・・
Commented by masagata2004 at 2006-02-06 20:19
solitary_lifeさん、コメントどうも。同感です。
Commented by 核心 at 2009-11-06 17:16 x
南京大虐殺は世界的に誤解されています。

中核的な出来事は南京陥落時の城外における大規模な捕虜の殺害です。
父親(栗原利一)のスケッチブックでも7万余人と書かれています。
非戦闘時の7万余人の捕虜の殺害ですから、当然、日本陸軍が軍の組織として行なったものです。
捕虜の多くは蒋介石軍兵士などです。

ただ、中国側の言う30万人説は戦闘時の犠牲者も含めた数として合理的な数です。
昭和12年7月の南京の人口は135万人です。
11月末の人口は50万人で、これに南京防衛軍15万が加わった65万人が日本軍の攻撃に晒されました。

否定派の言う20万人は逃げ場の無い貧民の数です。
小平市の警察学校と小平団地を合わせた(昔の警察学校の広さ)10万坪の安全区に押し込められた貧民の数です。

(65連隊のシャーカンおける2千人斬首は父だけが日本側の証人です。名古屋市の河村市長は無知なだけです。「ジョン・ラーベ」は城内での出来事しか書かれていないので日本人には誤解を与えます。)

Commented by masagata2004 at 2009-11-06 20:59
栗原さん、コメントありがとうございます。実をいうと私は南京虐殺に関してはいろいろと活動をした経験がございます。このブログのカテゴリーの中国、タグの戦争、歴史で調べていただければ結構です。また、リンクの中には「ノーモア南京の会」があるので、そこにリンクして会の方とご連絡を取られることをお薦めします。
Commented by 核心 at 2009-11-08 12:58 x
私は「南京事件資料集」と掲示板「思考錯誤」にリンクを貼っています。
私の立場は純粋に中間派なので反戦派とは違います。
「森松俊夫 南京」でグーグルで検索して頂くと分かるのですが、南京の歴史捏造には国家機関である防衛研究所戦史部が深く係わっています。
私はこのことを問題視しています。

否定派は南京の歴史を潰すことが目的であり、そのためには最も姑息な手段を弄しているのです。
完全否定よりも部分否定、民間人虐殺などの誤った情報は放置、といった具合です。
Commented by 核心 at 2009-11-08 13:11 x
 戦史叢書と南京大屠殺記念館の差(日本の自衛隊が安易に使えない理由です。)

以下は「加害と赦し、南京大虐殺と東史郎裁判」の中の吉田裕氏の論文の抜粋です。

防衛研修所戦史室の源流

...この資料整理部の前身は史実調査部、さらには史実部であるが、一貫してその中心的地位にあったのは、元陸軍大佐の服部卓四郎だった。
服部は、タカ派で有名なGHQ参謀第二部(G2)部長の、C.A.ウィロビー少将の援助の下に、周辺に旧日本軍の幕僚将校を集めて「服部グループ」を結成する。...

この点について、二代目の戦史室長をつとめた島貫武治は、次のように書いている。

 史料整理部の陣容は俊秀をもって当てられ、服部卓四郎、...各大佐、...各中佐、...少佐等で、 わが国においても政府による正統の大東亜戦争史を編さんすべきであるとの願望を抱き、 史料の収集整理に努めるとともに、昭和二十八年には大東亜戦争全史四巻を世に発表した。

...戦史室編纂の「戦史叢書」が、旧軍の立場を代弁する弁明史観的性格を色濃く持たざるを得なかった...

Commented at 2010-06-15 18:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masagata2004 at 2010-06-15 20:29
柏AH、あなたのメールアドレスが分かりません。
Commented by 柏HA at 2010-06-16 16:33 x
わたしはブログを持っていないのでここには参加できないかもしれませんが、南京事件にたいしての考えかたは深めてきたと思っています。ホテルルワンダと南京事件を関連付ける視点をもつことができたら日本は大丈夫かもしれません。今日、再訪して、読んでくれたので、感謝しています。
Commented by 柏HA at 2010-06-16 16:53 x
わたしはブログを持っていないのでここには参加できないかもしれませんが、南京事件にたいしての考えかたは深めてきたと思っています。
『ホテルルワンダ』をDVDで見てから、ルワンダの虐殺関連の本をす数冊読みました。南京、中国大陸で日本兵が行った残虐な行為と同じようなことが起こっていたのです。まったく普通の人が殺戮マシーンに変わっていった様子。事件が収まったあとに、加害者が裁かれないまま現在に至っている点など。少しだけ意見を聴いて下さい。
Commented by 柏HA at 2010-06-22 18:13 x
ブログに載せてくれてありがとう。『ホテル・ルワンダ』を見て、南京事件を久々に考えました。広島、長崎、東京大空襲を言う前に、日本が加害者でったことを理解するべきだと考えます。沖縄戦の死者を除くと、日本の空襲の犠牲者は広島、長崎の原爆も含めて30万人くらいだったのです。日本が戦争を起こさなかったらなかっただろう犠牲者が。
強盗に入った人間が殴り返されて怪我をしたことばかり言っているのはどうなのだろうか。
Commented by 柏HA at 2010-07-07 15:39 x
 今日は7月7日。七夕です。毎年、この日になると、NHKが歴史をどう扱おうとしているのか、その姿勢に哀しくなります。「今日は何の日」というコーナーがありますが、この7月7日というのは、誰が生まれたとか、泳いだとか、そんな日ではないのに、盧溝橋で日中戦争が始まった日で、世界史上最も残酷な戦争の一つが拡大していった日で、しかも、日本が、そして、その戦争を煽った報道機関がNHKだったのだ。そして、南京事件へと続く。
Commented by 柏HA at 2010-07-21 15:38 x
 今、大相撲名古屋場所で白鵬が連勝記録を伸ばしている。白鵬は双葉山を尊敬しているらしい。69連勝をした昭和の大横綱の双葉山。なぜ、NHKが双葉山の特集番組を作らないのか。これは多くの相撲ファンにとっては不思議なことだろう。白鵬が連勝記録を伸ばすことによって、ひとつのパンドラの箱が開くのかもしれない。スポーツと歴史、政治、昭和という時代がどんなものだったのか。
 
Commented by 柏HA at 2010-07-21 15:41 x
 双葉山が69連勝をした期間、どの様な出来事があったのか、本当に相撲は純粋な競技で、儀式であったのか、白鵬がもし連勝記録を伸ばし、そのことに焦点が当たり始めたときに歴史に向き合う必要があるだろう。双葉山が連勝記録をスタートさせたのは昭和11年(1936)1月からで、2.26事件があり、国会議事堂が11月に竣工、日本は満州から中国大陸へ侵略の野望をかためつつあった時期だと思う。翌、昭和12年(1937)は盧溝橋事件、第二次上海事件、南京への8月15日の空爆、南京事件と日中戦争が全面戦争になり、昭和13年(1938)徐州、武漢、広州へと中国大陸全土へ侵略戦争を拡大していった。12月には重慶爆撃を開始、戦争は泥沼化した。これはあくまで日本の立場で、日本軍は中国大陸で多くの民衆を殺戮して戦火を拡大していった。双葉山の連勝は日本の侵略戦争が硬直化した昭和14年(1939)年1月で終わった。双葉山は前年の満州巡業で病気になり体調不良で連署記録は途絶えた。双葉山が日本占領下の中国大陸で巡業していたこと、南京も訪れていたことを。NHKはじめマスコミはどこまで白鵬の連勝記録と双葉山を伝えられるか。パンドラの箱を開けるか。
Commented by 柏HA at 2010-11-15 18:28 x
 ひさしぶりです。なぜホテル・ルワンダが白鵬の双葉山の連勝記録を更新することと結びつくのか?ルワンダのジェノサイドはアフリカの小さな国の大虐殺として忘れ去られようとしています。歴史と向きあうのは大きなパズル、絡み合った糸を解こうとする試みだと思います。決して本当の事実は見つけ出すことは出来ないかもしれませんが、考える力をもつためには必要だと思っています。マスコミに踊らされて、考えることを放棄してしまっている今の社会。ルワンダでも当時の日本でもマスコミが憎しみを煽り、なにが起こったか。また訪問したいと思います。考えることは芸術だと思います。白鵬は強い力士ですが、二十代半ばの若者にそんな品格があるのか、だれが、彼に話すことをレクチャーしているのか。広告代理店だろうか。では、また。
Commented by 柏HA at 2010-11-17 17:41 x
ログに書いて送信をして、外に出てラジオのニュースを聞いたら、白鵬が負けたニュースが聞こえた。NHKもマスコミもひと安心だろう。日本国内では双葉山のことは伝説上の英雄として扱うことが可能かもしれないが、もし、多くの人が関心を持って調べ、考えたら多くのことが表にでてきたはずだった。双葉山の連勝記録と2・26事件、南京事件……。双葉山が負けたのは中国に巡業に行って体を壊していたのが大きな原因なのだから。NHKも新聞もそんなことは一切報道しない。南京渡洋爆撃、南京陥落などと戦争を煽っていたのだ。日中戦争快進撃の象徴が双葉山の連勝記録だったのだから。白鵬の連勝はなんらかの力が働いたのではないだろうか。
白鵬は日本国籍も取り、日本人女性と結婚し、あれだけ横綱の品格発言をしていたにもかかわらず外国人扱いなのだ。ブログに載せてくれたこと、多くを考えられたことに感謝しています。
Commented by ノエル at 2011-05-25 16:16 x
こんにちは。
相撲の八百長問題はなんだったのでしょうね。あんなに品格だの国技だのをいったあげくほとんどがうやむやになって、どうでも良くなってしまったのでしょうか。
ルワンダでの大量虐殺、南京事件をはじめとする侵略戦争の悲劇。もちろん死者の数は悲劇の質を考える時にあまり意味をもたないかもしれません。今回の大震災の死者の数はこれだけ未曾有といいながら日本が関わった戦争で犠牲になった被害者の数と比べるときなぜこうも日本のマスコミは見識が低いのでしょうか。八百長問題にしても、つい最近やっていた力士だけを犠牲にして、うやむやにしてしまったのでしょう。
「 映画「ホテル・ルワンダ」を見て南京大虐殺も考えろ 」というテーマはそのことを言っているのだと思います。しかし、意図を分かる人がいないのが現状かもしれませんね。
 大胆な問題提起をお願いします。 ノエル


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧