CBSミニシリーズドラマ 「ヒットラー」

先週だったか、DVD店で、このドラマのDVD版を買った。
以前から話題になっていたので思い切って買ってみた。3年前にアメリカのCBSテレビ局でミニシリーズドラマとして放送されたものである。

このドラマの面白いところは、ヒットラーの伝記ということだけでなく、ヒットラーに対し当初から疑念を抱いていた人が多かったことを表していたことだ。第1次世界大戦の敗戦による賠償請求と世界恐慌により、ナチス党が支持を広げていったことは確かだが、決して圧倒的ではなかった。ヒットラーは大統領選に出馬したが、結局は敗北しており、またナチス党は議会で過半数を取っていたわけではなかった。ヒットラーの危険性を察知して、ナチス党批判の新聞を発行していた新聞記者が重要な人物として登場するのも印象的だ。

ヒットラーの反ユダヤ主義は有名だが、このドラマではヒットラーが政治家となる前のドイツやオーストリアですでにユダヤ人に対する偏見が横行していたことも物語っている。おかしなことにヒットラー自身は、もしかしてユダヤ人にそもそも偏見などなかったのではという錯覚を感じさせる。むしろ、反ユダヤ主義を自らの政党を躍進させるための手段に使ったのに過ぎないのではないかと。つまり目的を達成するためには手段を選ばなかったということである。

ドラマは1933年、ナチスが全権委任法を憲法を無視してまで可決させ、その翌年、ヒンデンブルグ大統領の死去の後、大統領職と総統職を統合させ独裁者としての地位を確立するところで終わる。ヒットラーが独裁体制を確立するまでの動乱の時代を冷静に分かりやすく描いている。大事なことは、そこまで行く過程において歯止めが効かなかったことに問題があったということだ。「悪が繁栄する唯一の条件は善人が何もしないこと」というエドモンド・バークの有名な言葉がテーマとなっている。

私の自作小説もほぼ同時代を舞台にしているので、非常に参考になった。「フルモンティ」で有名になった主演のロバート・カーライルも見事にヒットラーを演じきっていた。でもって、私の自作小説の場合は、侵略主義に向かう日本である。一部の日本人が「自虐史観」という歴史的事実を題材にした小説だ。

ただ、ドイツと比べると日本は、より自虐的にならなければならない事情がある。それは、ドイツは第1次世界大戦後のベルサイユ体制によりかなり追い詰められた状態であったことだ。日本は世界恐慌から侵略主義へと世論が傾いていったが、それは同時期他の国々も経験していた。ドイツは、ベルサイユ体制とダブルで苦境が襲ってきたのだ。

ドイツが占領した周辺国の一部は、第1次世界大戦前は元々ドイツの領土だったところでもある。ドイツ系住民も住んでいて、ある意味、大儀があったともいえる。日本の場合は、日本人が元々住んでいたという土地ではなかった。

歴史を振り返るというのは大事なことである。現代と似通うことも大いにある。つくる会の教科書に見られる昨今の右翼チック現象も、多少なりとも似通っている。社会が流動的になり、不安になった時、その不安を解消してくれる対象を人々は求めるのだ。解消さえさせてくれれば、本質論などどうでも良くなる。

だが、現代の日本は、その振り返りという作業をかなり怠っている。ドイツ在住の人にいろいろときいてみると、ドイツには「自虐史観」などといういびつな言葉はなく、日々、全般的に自国の自虐的な歴史が語られているという。歴史というのは、一つの大きな実験台なのである。その実験結果をしっかりと分析検証することは、未来への応用につながるはずなのだが。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2006-02-18 00:22 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/4167838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧