映画「シリアナ」 分かりづらい反米映画

うーん、評価としては、あまりいい点はあげられないな。

映画館のロビーで「ピー子が100点の評価を下した」とか話していた人がいたけど、でも、そういう評価を下すにはストーリーが複雑すぎて何が何だか訳が分からないのだ。

もっと分かりやすくテーマを絞って欲しかった。登場人物が多過ぎのうえ、ストーリーが絡まり過ぎている。マット・デイモンと自爆テロ戦士は要らなかったと思う。ハリウッドらしくないミスがあるように思えた。

つまりは、アメリカは、正義の味方面して、裏では自国の国益のため、自国の正義の精神を曲げるほどの汚いことをするんだと言いたかったのだろう。ただ、この手の話はいやって程聞く話。この映画ではアラブの石油王がアメリカの手に染まっていくのだが、このことは日本も人ごとではない。よく田中角栄の失脚がアメリカ陰謀説とかいわれているが、世界の覇者として君臨するため、相手を徹底して操縦し、それに刃向かう者共は徹底的に潰すのが常だ。
だが、それは有史以来どの帝国もしてきたこと。そして、国際関係学の知識を使えば、各国は自己責任で生きているのだから、生き延びるためには、それに対抗するだけの戦略と力を持つのが当然。真の右翼ならよく熟知しておくべきこと。

たださすがアメリカだけある。自国のマイナスな部分を映画にして大いにアピールするところは相も変わらずすごい。日本は、自国の過去の過ちに対しても認めようとせず、そういうことを語ると自虐的だと非難が飛び交う始末。これだから、進歩しないんだ。
by masagata2004 | 2006-03-04 18:12 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/4223064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧