映画「SPIRIT」 日中友好を重視した結末

今日は、映画を2本も見に行った。2本とも実話をベースにしたストーリーというところでなぜか共通。

午前中見に行ったのは、ジェット・リー主演の「SPIRIT」だ。以下はネタバレがあるのでまだ見てなくて、これから見たい人は読まないように。

清朝末期の中国に実在した格闘家の霍元甲は、列強が中国人の戦意を失わせる企みで開催した武術大会に挑む。ジェット・リーが弁髪の武道家になりきり得意のカンフーアクションが満載。

内容はいかにも中国らしい孔子の哲学とでもいおうか、武術は互いを敬うもの、暴力により憎しみが憎しみを生むようではならないという格好良すぎる武術論を体現。

ただ、この物語、最近の日中関係に気を遣っているのがうかがわれる。最後の日本武術家との対戦シーンで、霍元甲は毒を盛られもうろうとして戦えなくなる。だが、事情を察した中村獅童演じる対戦相手、田中安野は、負けとせず、霍元甲の手を挙げ、彼の勝利とし称える。まさに、フェア・プレイ精神というべきか。

そのせいか、物足りなさが残った。というのも、そのわりには中村が演じる武道家田中の出番が少ない感じがした。もっと彼の人物像を描いてくれれば、分かりやすかったのにと思う。
単純に悪玉日本に仕える悪徳武道家にすると日中関係に悪影響を及ぼすからか。そういえば、チャン・ツィーが芸者を演じた「SAYURI」も上映禁止になったほどだし。日本に対する風当たりを少しでも和らげようという配慮なのか。

ところで、もう一つの映画は後日、評論を書きます。
by masagata2004 | 2006-03-18 19:37 | 映画ドラマ評論


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧