ディズニー映画「南極物語」 8頭のうち6頭も生き残った

いきなり、ネタバレでごめんなさい。

ただ、この映画が日本映画の「南極物語」のリメイクであることは承知のこと。
日本版では、生き残ったのは実話通りタロとジロのカラフト犬2匹だけ。

ディズニー版では、紐が外れなかった犬が1頭、外れた後、死亡したのが1頭。ということで残り6頭が生き残りで感動の再会。

日本版では1957年(昭和32年)の話だが、ディズニー版は1993年という中途半端な年。何で現代にしないのかというと、この年を境に南極に犬を連れて行くことが禁じられたからだという。犬のジステンパーが現地のアザラシに移るのを防ぐのが目的。そのためもあってか、撮影も南極では行われてないらしい。

私は、この映画を上映途中から見た。すでに日本版でストーリーを知っていたので、無理して始めから見るのに待とうという気にはなれなかったからだ。感想はまあまあ。リメイクだと感動は半減してしまうんだよな。やっぱ、リメイクは見るべきでないな。そういいながら、いくつもリメイクを見てしまっている。

ただ、すごいなと思うのは、犬にしっかりと演技をさせていることだ。犬がチームで鳥を捕獲するところとか、お互いを励ますところとか、かなりきちんとしたトレーニングをさせているところがうかがわれる。それが売り物だったのだろう。

以上。
by masagata2004 | 2006-03-23 22:00 | 映画ドラマ評論


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧