勝谷誠彦の支離滅裂と週刊新潮の堕落

ニュース・評論

コンビニで週刊新潮を立ち読みした。以前は、時々買って読んでいた週刊誌だが、イラク人質事件以来、読むのをやめた。というのも、報道倫理の欠如が、あまりに露骨で、メディアとして信頼できるソースではないと判断するようになったからだ。だが、暇つぶしに読んでみた。そこに、コラムニスト勝谷誠彦のコメントを添えた「イタリアに現れた元人質高遠菜穂子」という記事があった。読むと、実にくだらない歪曲だらけの記事だった。さすが新潮!

今年の4月にイラクで拘束され、自衛隊撤退を条件に人質となった3人の日本人の中の一人でボランティア活動家の高遠菜穂子さんについて書かれたもので、同じく人質となったイタリア人のボランティア活動家2人の家族の家を訪問したというもの。彼女が、訪問したとき、イタリア人女性2人の解放の知らせが来て、喜び合ったのだが、この偶然の出来事で彼女がまともや注目を浴びたのが、新潮と勝谷氏には気に食わなかったらしい。

記事では、彼女のことを「日本の恥」だと侮辱。退避勧告を無視してイラク入りをして迷惑をかけた。その上、再度イラク入りを希望しているのはけしからん。ローマに行って、イタリア人女性の家族に会い、人質であったことを売り物にしていると。コラムニストの勝谷氏は、イタリアの知人から、日本の恥だと言うメールを貰ったと書いていた。

この記事を書いた記者と勝谷氏は、いったいどういうメンタリティをしているのか。新潮は、勝谷氏と共に4月の人質事件が起こった時から、イラクで人質になった3人に猛烈な批判をして、プライバシーを暴くことを含めた誹謗中傷記事を書き連ねた。

だが、よく分からない。人質になった人の中には、ジャーナリストの郡山氏もいた。新潮は、この事件以前から、イラクでの出来事を記事にして報道を続けていたが、そういう記事は、郡山氏を含めた危険地帯に踏み込み取材をするジャーナリストによるものではないのか。ついで以って、勝谷氏は、人質事件の少し前にイラク入りをして、その時の手記を本にして出版しているが、彼のイラク入りは郡山氏同様に外務省の退避勧告を無視してのものだ。自分のイラク取材は、売り物にして、一方で他のジャーナリストのイラク取材は、批難する。

それだけでない。勝谷氏は、5月の末にイラクで銃撃され殺されたカメラマン橋田さんと親しく、取材も共にしたことがあるのだ。そのせいもあって、橋田氏に対しては、かなり同情的だった。だが、郡山氏にしろ、橋田氏にしろ、退避勧告を無視してイラクに取材に行き、判断ミスで事件に巻き込まれたことでは共通している。勝谷氏だって、巻き込まれていたかもしれない。

高遠さんは、ジャーナリストではないが、メディアの中には、イラクにいる彼女からの情報で、イラクの状況を把握していたところもある。はっきり言って、勝谷氏と新潮は、同業者を共食いして自分で自分の首を絞めているとしか思えない。

もしかしてこういうことなのか、同じイラク入りしたのに自分は何の注目もされず、無名に近い彼らが事件によって注目を浴び、本を出版したり、テレビに出たり、講演にひっぱりだこなのを僻んでいるのだろうか、いい年した親父がみっともない。それとも、同じメンタリティの親父どもを読者にしているから合わせたのか。

新潮の記事には、高遠さんが、未だに国民に謝罪をしてないと書いていたが、これは全くの誤報であり、彼女は、本来謝罪の必要がないのに、帰国直後に謝罪をしたのが事実である。誰もが知っている事実を捻じ曲げて報じるとは、どこまで堕ちたことか。

イラクの日本人人質事件が世界中で報道され、3人が解放された後の日本の反応も世界に報道された。日本社会は、そのことで、いかに自国の民度が低く、メディアが堕落しているかを知ったはずである。

日本のメディアの堕落と言えば、テレビ、新聞社、通信社の大手16社しか、官邸や国会などの公機関の記者会見に出席できないという記者クラブ制度が象徴的であるが、新潮は、出版社のため、記者クラブに加盟できていない。だからこそ、政官と癒着しない取材のできる立場にあるが、このような現状では、まっとうな報道機関とはみなされない。

個人情報保護法案や週刊文春の出版禁止処分に見られる雑誌ジャーナリズムに対する風当たりは近年強まるばかりで、報道の自由は危機的状況にあると言って過言じゃない。だからこそ、メディア自身による倫理確立が求められ、これこそメディアの「自己責任」なのだが、新潮を含め雑誌メディアは、これを自ら放棄している。

いずれ笑うのは、新潮が目の敵として取材対象とする創価学会ではないのかと思う。
by masagata2004 | 2004-10-06 18:36 | メディア問題 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/454886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えん@えんとひなたぼっこ at 2004-12-24 11:11 x
>新潮の記事には、高遠さんが、未だに国民に謝罪をしてない
はぁヽ(。_゚)ノ ヘッ?
なぜ高遠さんが国民に謝罪しなきゃいけないんでしょうか!?
謝罪しなきゃいけないのは寧ろ国民の方。
本当に高遠さんにすまないことをしたと思っています。
それよりもはやく 、、、
小泉さん+イラク攻撃を支持した議員(自民、公明)
その他+ソウカetc とやら、、自己責任をとってくださいナっ!!
Commented by masagata2004 at 2005-02-18 10:43
全くその通りですね。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧