21世紀のメディア像 日刊紙、週刊誌は廃刊 など

最近、インターネットばかり使い、ついにはテレビを廃棄してしまった今日この頃考えることである。

まず、旧来からある紙のメディア媒体、新聞、雑誌だが。まず日刊の新聞は、速報性が低く、NHKの調査によると最近は読まれる機会も減り、どんどん衰退するばかり。何よりも、紙と印刷代と流通代がかかり過ぎる。それしかなかった時代は、そのおかげで成り立っていたものの、インターネットの普及で記事・写真の情報は、紙で配布される必要はなくなっている。それもテレビ以上の速報性があるので、まずかなわない。むしろ不効率さと資源の無駄遣いが問題となる。

週刊誌は、速報性よりも記事の内容を売りにしているが、やはり週毎は日刊紙ほどではないにしても、コストがかかりすぎる。よって、生き残れるのは月刊誌で、それもネットとは差別化を図る意味で、記事が長く、内容が分厚く、グラビアなどの鮮明で大きな写真があるもの。印刷物だからこその利点を生かせるもの。コンピューター画面では、長い文章、大きな写真は見づらい。

また、これまで通り小説やノンフィクションの数百ページに及ぶ書籍も生き残れる。ただ、月刊誌や書籍を売る書店は、どちらかというと消えゆく存在となり、紙媒体の流通はネット販売が主流となりそうだ。専門性や、独自性のある店でない限り書店は生き残れない。

紙の媒体といえば、辞書や四季報などの分厚いものも大丈夫と思うが、それは逆に目的という意味でネットやCDのような電子メディアに負けると思われる。それは、これらの書物は、検索をして中身の一部を読むためにあるからだ。紙だとかえって不便。それに検索エンジンで分からないことを調べられるツールもたくさんある。信頼性が疑わしい場合もあるが、ただ、好きな時に開け、調べた言葉からいろいろなリンクが出来る意味で幅広く調査が可能である。
今後は電子メディアとしての辞書、百科事典、調査資料が主流になろう。

それから、テレビだが、これはブロードバンド化によりネットが吸収する形になるだろう。インターネットなら視聴者が見たい時に見られる利点がある。見たい時間に会わせたり予約録画をする必要もなし。好きな時にメニューから番組を選んで見る。レンタルビデオ店と同じ方式。その意味でテレビと同様、レンタル店もなくなることになりそうだ。ネット上で自宅にいながら見たいものを選んで見られるのだから。テレビの電波は緊急放送用のみ、双方向によるアクセス集中による混乱を避けなければならない時のみに使われることになる。電波一方通行方式は、そういう場合にしか利点はない。

ところで、今後主流となるインターネットメディアだが、いくつかのペイするビジネスモデルといえば、まず新聞・雑誌的なものは無料で閲覧でき収入は広告とするやり方が典型となるだろう。例は市民ネットメディアのJANJAN。有料で文字情報を得たいとは思わない。無料でいくらでも文字情報は、得られるからだ。

映像音声の番組なら、有料でもそれなりに収入は得られる。ビデオニュース・ドット・コムBIGLOBEの動画サイトがいい例。無料の番組やプレビューを合わせて提供。そこから、有料放送にも興味を示してもらい、収入をいただく。もちろん、広告モデルを合わせるやり方もある。

21世紀は、メディアは、ほぼ全てインターネットを介して提供されるものとなろう。

これって、いいことなのか。これについては、たくさん言いたいことがあるので、後日投稿予定。

公共性とか、著作権保護の問題とか、語るべきことはたくさんある。
by masagata2004 | 2006-07-08 23:50 | メディア問題


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧