映画「ブロークバックマウンテン」2 テーマはゲイではなかった

前回、月曜日にこの映画の評論を書いたが、その時は女性向けのボーイズラブなのかなと軽んじた評論を書いたが、その後、そうでないことに気付いた。

この映画は非常に奥が深い。とういうのも、この映画を観た次の日から、映画のシーンや台詞が何度もフラッシュバックとして蘇り、頭から離れず、仕事中さえも現れ、手がつかなくなったくらいだ。気が付いたら今度はDVDを3990円で購入し、そして、アマゾンを通して、原作の本(英語)を買ってしまった。

この映画の評論をヤフーで見たが、かなりの高得点で、どれも私と同じように、何度見てもいい映画だという評価を与えている。男、女、同性愛、異性愛に限らずである。ちなみに私はゲイではない。だから、不思議である。その謎を解くため、毎夜のように見ている。たかが映画でこんなに頭が混乱し放心状態に至ったことは生きていて始めてである。

本が届いたので、アニー・プルー女史の原作を短編ということもあり一挙に読み通した。最後のページの文章は映画にはなかった補足という意味で強いメッセージが込められていた。

これは人間の感情を体現しているのではと思う。揺さぶる感情を二人の男の愛で表現していて、誰もが心の奥底に持つ魂の感情を呼び起こす役割をしているのではと思う。

この映画の衝撃で数日間、思考停止状態に陥っていたが、少しずつ理解できるようになって気分が安定してきている。もっと繰り返し見て、中身を探って見ようと思う。完全に理解できるようになったら、自分はかなり成長しているのだと思う。

ところで、この映画、アカデミー作品賞を獲っても良かったのに、カウボーイとゲイのイメージが重なるのを嫌悪した協会が配慮して避けたといわれる。アメリカの保守的な州では上映さえ禁止したという。それは多少理解できる。なぜなら、この映画、大変作りがよい。だから、与える影響もとても大きいのだ。ポルノの延長のB級レベルであれば、誰も気に留めなかっただろう。

ちなみにこの映画、カウボーイもテーマではないと思う。また、同性愛を嫌悪する保守的な社会を批判しているわけでもないと思う。

しかし、アン・リー監督ってすごいな。台湾人でアメリカのカウボーイのラブストーリーを描けるなんて。そうだ、是非とも私の自作小説が映画化でもされるのであれば、彼に作ってもらいたい。台湾人ということだし、私の小説はピッタリのはず。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ

Part3もあり。ネタバレもあるのでご注意。
by masagata2004 | 2006-09-29 00:24 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/5773446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧