小説で地球環境問題を考える Part 1 

地球環境問題を小説で説いてみようと思って書きました。自作小説ですが、環境問題を考えるための記事と思ってください。

熱帯雨林を守ろうと奮闘する環境活動家と破壊を進める国家及び企業の対立から浮かび上がる不都合な真実。


「院長先生、正直に教えてくれませんか?」
 明智清太郎は、困惑気味な表情の医師を見て言った。明智の主治医である野村院長は、手にカルテを持ち椅子に腰かけていた。
 机の上には蛍光板に照らされたレントゲン写真数枚がかけられ、内臓の様子が写し出されていた。
「そうですね。あなたには、はっきり申し上げたほうがよろしいでしょう。あなたのような立場の方には、隠すというのは適切でないでしょうから。診断の結果、腫瘍が発見されました。それもかなり進行しています。もともと膵臓から発生したものなんですが、胃や肝臓などの他の臓器にも転移しています。これだけ腫瘍部が広がっていると、摘出して治療するのは不可能です。お仕事がお忙しかったとはいえ、こんな状態になるまで放っておかれるとは・・・」
 野村院長は凍った目をして、明智を見つめる。
「では、先生。実際のところ、私は助かるのでしょうか?」
「残念ながら、もってあと1ヶ月というところでしょうか。私もこんなことを申し上げるのは大変つらいのですが」
 明智は、がくんと肩を落とした。今、まさに人生で最大の難関に直面しているのだ。これまで、幾度も大きな難関に出くわしてきたが、これほどまでに大きなことはなかった。
 明智清太郎は、年齢六十五歳、白髪頭の貫禄ある老人だ。肩書きは日本で指折りの資本力を誇る総合商社、明智物産の社長である。明智物産は、総売上高一兆円以上、総従業員数十万人以上、世界中に百以上の支社を持つ巨大企業だ。
 明智清太郎は、日本で、いや、世界でも指折りの富豪だ。もっとも、偶然にそんな富豪になれたんではない。
 明智清太郎の生まれは、北海道の貧しい農村だった。高校卒業後、身一つで上京した。小さな缶詰工場で営業マンとして働き始め、実績を上げた後、そこの工場長に就任、缶詰の製造と販売を一手に引き受けるために食品会社を設立、それを足掛かりに、事業を次々と起こした。
 食品会社の次は運送会社、そして、海外との貿易をすすめるため貿易商社を築いた。事業はおもしろいほどにうまくいき、規模は、うなぎ登りに拡大していった。分野も建設、電気などと多方面に渡り総合商社と呼ばれる規模となった。
 もちろん、数々の困難もあった。資金を調達するために銀行の融資をもらうのは並大抵のことではなかった。高卒という学歴だったため、信用を得ることはたいへん難しかった。
 だが、八方まわり、苦労に苦労を重ね、資金をぎりぎりの分まで調達。それでも資金不足に悩まされたが、高度成長時代の日本経済の支えがあり、予想以上の収益を収めることができたのだ。
 また、人間関係のトラブルにも数多く出くわした。ライバル企業の陰湿な妨害、信頼していた部下の裏切り、そのたびに清太郎は顔を紅潮させ怒ったが、そのエネルギーを糧に利益拡大の事業展開に精を出すようにした。
 そんな事業拡大による栄えある人生の中、清太郎は数々の恋愛を経験した。そして、葉子という女性と結婚することになった。
 葉子は、取引相手の娘であった。強い信頼関係から紹介された女性であった。葉子は、お嬢様育ちで美しく気立ての良い女性であった。清太郎は、出会ったときからすぐさま気に入ってしまった。葉子も、同様であった。仕事上の都合と二人の恋愛感情がうまく符合し、結婚は成立した。
 結婚から数年後、夫婦の間に女の子が生まれ由美子と名付けられた。由美子は愛らしく、清太郎にとっては自分の妻と会社同様にかけがいのないものとなった。
 しかし、由美子が生まれて数カ月程経ったある日、明智家に悲劇が襲った。葉子が外出中、交通事故にあい死亡したのである。
 清太郎は気が狂わんばかりであった。せっかく愛する娘を授かったという時に愛する妻を失うことになり、堪え難いショックを受けた。
 赤ん坊だった由美子は、母親の死を知るには、あまりにも小さ過ぎた。
 由美子は、母親似の美しい容貌に清太郎によく似た強情で負けん気の強い性格を兼ね備えた子であった。自分に母親がいないことを気にすることなく明るく活発な少女へと成長していった。
 そんな由美子の姿を見ながら、清太郎は妻の死による悲しみから立ち直り、唯一の肉親である娘のためにと、さらなる事業拡大に力を注いだ。
 由実子には、何不自由のない生活を送らせた。高等な教育も受けさせた。自由奔放にやりたいことをやらせた。娘の幸せを願い、いずれは会社を引き継がせるつもりで頑張り通した。

 だが、それが、もうままならない。あと半年の命、娘は、二十四歳、ちょうど、留学先のハワイの大学を卒業したばかりだ。まだ、会社を引き継がせるにはおぼつかない。
 娘が会社を引き継ぎ、その次の後継者となる孫を生むまで、死んでも死にきれないのだ。
 どうしてくれよう。これじゃあ、今までの苦労はなんだったのだ!
 ここにきて自分の書いた人生のシナリオを閉じなければならないとは。なんという無念だ。
 
 社長専用のロールスロイスで野村総合病院から新宿ビジネス街の明智物産ビルに着くと、さっそく秘書に連れられ、ロビーを通り抜け社長室へ向かった。社長と秘書が歩く姿を見るなり、通りがかった社員たちは条件反射的に頭を下げる。清太郎と秘書は、最上階の社長室へ直通で行く専用のエレベーターに乗りこんだ。
 エレベーターには、革張りの長椅子が備え付けてあった。最上階の五十階まで約一分の間、清太郎は椅子に座り考えにふけった。エレベーターのガラス張りの大きな窓から、眼下に広がる大都会東京の壮大な景色が眺められる。経済大国日本の繁栄を、そのまま象徴するかのような景色だ。
 社長室に着いた。
 エレベーターを降り、しばらく歩くと、またもや革張りのどっしりとした椅子に腰を下ろした。目の前には、とてつもなく大きく台の広い机が置かれている。さっそく、いつものように、机に置かれた書類を開き文面に目を通した。
 コン、コン、と誰かがドアをノックする音が聞こえた。
「社長、石田でございます」
 石田だ。
「入り給え、英明くん」
 清太郎は言った。
「失礼いたします」
 石田英明が、ドアを静かに開け、中に入ってきた。普段は社員が社長室に出入りするには秘書を通さなければならないのだが、この男、石田英明に関しては別であった。
 英明は、清太郎から特別の信頼を受けている。三十歳の若さで清太郎により副社長に任命された程だ。
 慶応大学経済学部を卒業。その後、アメリカへ渡りハーバード大学大学院で経営学修士号(MBA)を習得し、アメリカの商社に入社。そこでトップセールスマンとして活躍していた時に明智物産より引き抜かれた。入社後は期待通り驚異的な実績を上げ、出世街道まっしぐらだった。
 ビジネスのやり方が、強引だと文句も聞かれるが、彼の会社への貢献度は抜群のもので取締役員の中では最年少の三十歳の若さで副社長に就任できたのも、その彼の実績による結果だった。
 今や年功序列、終身雇用という言葉は死語である。明智の求める人材というのは、利益を上げ、会社の株価を上げ、実績を数字で表わせる者共だ。年齢や勤続年数など関係ない。それが明智物産の方針だった。
 英明とは、まさにそういう男だった。
「社長、検査に行かれたとお聞きしましたが、いかがでございましたか?」
 英明は、遠慮深い口調できいた。
「なあに、たいしたことはなかった。今までの仕事の疲労が貯まったためだということだった。もうわしも年だ。無理はできん。当分は商用で遠出するようなことは控えなければな」
 明智は、医師には一切公言は慎むようにと注意をしてきた。明智物産社長が、癌で半年の命ということが知れ渡れば、社内はもとより財界全体が大騒ぎとなる。余計な混乱は避けたかった。とくに今は、いままでにない大規模な事業をすすめている最中でもあるのだ。 
 いくら最も信頼する部下の英明であろうと、また娘の由美子さえにも話すことは出来ない。今はそんな大事な時期だ。
「それは何よりです。体調がお悪い様子でしたので、ずっと心配でした。これからは、あまり無理をなさらないでください。私で出来ることがありましたら、社長の負担を少なくさせることは出来ますので」
「それはありがとう、英明くん。だが、もう心配はいらんよ」
 明智は、ぐっと気合いを入れて答えた。
「ところでですが、社長。今回のプロジェクトの書類には目を通されましたでしょうか」
「ああ、一通りな。土地の選定は決定したんだろう。最終処理は、君の仕事だったな」
 プロジェクトというのは、スワレシアという東南アジアの新興工業国の首都周辺に予定されている水力発電ダム建設のことだ。完成すれば貯水量、供給電力量ともに東南アジア最大規模のダムとなる。
「計画は、順調に進んでおります。スワレシアの大統領が発案し、国家総動員の事業なのですから」
「ところで、英明くん、由美子のこと考えてくれたかね」
 明智は、突然、話題を変えた。
「社長、考えるもなにも、願ってもないお話です。お嬢様のような素敵な方と一緒になれるのですから」
 英明は、大きな笑顔を作って言った。
「そうか、それはよかった。私もこれで少し肩の荷が降りる。娘には君のような男に面倒を見てもらう必要がある」
 明智は、満悦の笑みを浮かべて言った。
「ところでお嬢様は、今日、ハワイからお帰りになるそうで」
「ああ、そうだ。まったくあのじゃじゃ馬娘、五年ぶりにやっと日本に帰ってくるんだ。何だか、あっちの大学で環境学とかいうわけのわからんことやっておって、結局は遊びほうけてばかりいるんだ。日本に帰ったら、この会社で働いて、みっちりしこまなきゃな。英明くん、頼んだよ、由美子のこと」
「お任せください、社長」
 英明は自信あり気に顔をほころばせた。
「そうだ、英明くん。今日は、会議に出席せんでもいい。由美子を成田に迎えに行ったらどうだ」
「いえ、社長。それが、半年前、ハワイにお嬢様を訪ねましたところ、帰国の際は、迎えになど絶対来ないでくれと言われまして」
「なんだと、由美子の奴、君がわざわざ迎えにくるというのに、そんなことを。けしからん!」
「社長、もしかしたら、由美子さんは照れてらっしゃるのではと?」
「あの娘に照れることなどあるか!」
 明智は怒りを込めて言った。娘の由美子にはまったく困ったと、せっかくの肩の荷が重くなってしまった。

 英明は、明智と会議の打ち合せを済ませた後、社長室を出た。

 副社長室のある階へ戻るエレベーターの中で英明は背広のポケットから、携帯電話を取り出した。ある番号を押す。
「野村総合病院です」
と事務員らしい女性の声が耳元に響いた。
「野村院長を頼みます。石田と伝えて下されば分かります」
 しばらく待つと、英明は言った。
「やあ、院長さん、それで検査の結果はどうだったんだ?」
 野村院長の発する言葉を耳元で聞く。そして、
「そうか、やっぱり、癌だったのか!」
 英明は、満悦の笑みを浮かべた。

Part2に続きます。

この小説の著作権は、このブログの管理者マサガタこと海形将志にあります。
by masagata2004 | 2007-02-24 21:10 | 環境問題を考える


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧