映画「ハイジ」 アニメのダイジェスト版か

子供の頃から、アニメの再放送が何度もあり、その強いイメージとだいたいのストーリーを知っていたため、この映画は何ともダイジェスト版のように思えました。

19世紀のスイス・アルプスでハイジという少女が祖父の元に引き取られ、持ち前の明るさと優しさで心を閉ざした祖父を次第に解きほぐしていく。しかし、その後、ハイジはフランクフルトの大金持ちの家に世話役として引き取られ、クララという車椅子の少女の面倒を見ることに。

アニメと比べ、映像から登場人物まで暗い印象を受けました。もしかして、それが原作に忠実な話しだったのでしょう。19世紀のヨーロッパが舞台だったのだから。イギリスの「小公女」と似たようなお堅くやや陰鬱な印象を受けました。スイスのシーンはずっと曇っていたのが、アニメとの印象の大きな違いです。

ハイジの友達のペーターが、とても陰険に描かれていました。ふてくされた表情をいつもしていて、最後にクララの車いすを崖に突き落とします。そのおかげでクララが立てるように。そこで名台詞「クララが立った!」

とりあえず、ダイジェスト版を見て、これでまあ良かったかというのが感想ですね。アニメの印象が強い人には残念かも。

そうだ、思い出した。ハイジの「クララが立った」にはとんでもパロディがあります。

ハイジ    「お祖父さん、クララが立ったわ」

お祖父さん 「そんなことはない。クララは女の子だ」

ごめんなさい。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2007-04-07 14:16 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/6702624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧