紙媒体のいいところ

インターネットの普及で衰え始めたのが、テレビや新聞、雑誌などの既存メディアである。テレビは視聴時間が減り、新聞、雑誌は売上が下げ止まらない。

というのも、ネットが彼らの役割を一手に引き受け、それもさらに効率よく情報を配信できる媒体となったからだ。テレビはネットのブロードバンド化によって、You TubeやYahoo動画などのメディアに駆逐・吸収される運命にあろう。4年後のテレビのデジタル化はコストがかかるだけで何の革新にもならない。ネットの方がはるかに安く、より多くのチャンネルで映像を配信できてしまうのは明らかだ。

だが、意外にも、紙媒体である新聞、雑誌、書籍はしぶとく残っていくと思う。電子メディアがこれだけ発達しても、文字情報や写真、イラストなどは紙で読みたい、見たいという人間の性質からだ。

理由はというと、

1.紙で読むのは目に優しい。画面から光を出しているのとは違い、光を反射した紙面だから明るすぎず見やすい。

2.軽くて柔軟。だからこそ、どこにでも持ち運べる。

3.長い文章を読みやすい。1と関連するが、コンピュータの画面は明るすぎる難点がある上、長く続く文章だと、スクロールしながら字を追っていかなければならない。これが目を疲れさせる。

4.書いたことが証拠となる。印刷された文字だから、後で好きに改変できない。よって、それだけ、責任を持って書かれたことがうかがわれる。また、その場で、そのままの形で見せることができる。ネットだとコンピュータというハードウェアを通してしか見ることが出来ない。

しかし、もちろん、メディアの形態や規模は必然的に変わるだろう。以下に例をあげると、

1.無料ペーパー、広告のみが収入源で、紙面の大半がスポンサーの広告、また記事も広告にタイアップした内容。しかし、無料だからこそ、より多くの人が目にしやすい。

2.地方特有のネタを扱った新聞。紙媒体は流通費用がかかるため、配布地域が限られてしまう。だからこそ、その地域に限定した特有の情報を売り物にする。全国ニュースや国際ニュースは通信社からの配信記事で済ます。有料でも、地域ネタならその地域の読者をつかみ、親しみを持ってもらえる。全国紙はなくなってしまうだろう。

3.雑誌は、グラビアに力を入れ写真の見栄えをよくする。

4.専門性を重視して、高くても特定の読者に売り込む。私はかつて、そんな雑誌社に記者として務めていたことがあります。月刊で1冊3000円もしましたが、特定業界者向けの特化情報だったので、それなりに儲っていました。

と以上、一種のメディア論でしたが、私個人とも最近、関連することがあるので付け加えておきますと、紙媒体の良さを唱った上記の理由に鑑み、このブログを紙媒体にしました。ご存知エキサイトにはブログ製本サービスがありますが、それで、このブログの開始時からの記事をまとめて印刷した本を作ってもらいました。文庫本サイズですが、手に取ってみるといいものです。とてもいい記録になると思います。存在感があり、ものを書いてきた立派な証を手にした気分です。以下はその写真です。

b0017892_2219440.jpg


b0017892_22193530.jpg

by masagata2004 | 2007-08-17 22:17 | メディア問題 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/7309055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧