映画「抹殺者」 ダヴィンチ・コード別バージョン

テーマとなっている素材は同じであった。つまりは「イエスは人間だったのか?」

物語は、イスラエルの首都エルサレムで思わぬ考古学的な発見がなされる。それは、イエスの時代と思われる墓から人骨が発見され、状況からして、それが主イエス・キリストのものだと思われたのだ。

バチカン教会は大混乱、アントニオ・バンデラス扮する元情報員であった神父を調査に派遣する。神父は、人骨を発見したイスラエル人の女性考古学者と共に内部の墓を捜索。

調査を深めていく毎に、人骨がイエスのものである可能性が高まっていく。そして、そのことを政治的に利用するもの達が彼らの行動を監視する。そして、彼らの身が危険にさらされる。

おきまりのポリティカル・サスペンス。だからこそ、面白かった。「ダヴィンチ・コード」よりも分かりやすかった。つまり、イエスの墓があり、人骨があるということは、復活はなかったということになる。イエスはただの人間だったんだということになり、それではまずいのである。特に政治的には。

つまりはカトリック教会の排他性を批判するテーマだったような。「ダヴィンチ・コード」もそうだったよね。

イエスが人間であったことがそんなに問題なのか。「復活」というのは、別に肉体的に復活しなくても、魂として人々の心の中で復活が見られたのなら、それでいいのだと思うのだけど。

映画の中でも登場人物が言っていたが、所詮、宗教なんて社会のニーズに応えて存在するもの。教祖様の実態なんてどうでもよくて、神格化されたイメージが信仰の源になっているのじゃなかろうか。政治的には、雑多な民を一つの権限の元、統合するシンボルとしての役割がある。それは、無政府状態をなくし、秩序を作るために必要なのだ。明治維新以降の国家神道論なんてそのいい例。

これだけ科学が進んでも、人類の祖先はアダムとイヴだと言って、ダーウィンの進化論を否定し続ける人々が多くいる。どうせ結論ありきの論理で話しを進めるのだ。かつて、科学もメディアも発達していない時代であれば、素朴な民を操る道具として宗教は立派に機能していたのだろうが、今では雑学か超常現象ネタとしてしか価値がない。

印象的だったのは、神父が人骨の身長とトリノの聖骸布に写ったイエスの身長を比較する場面、そこで、女性考古学者は激怒する。「あんなの偽物に決まっているじゃない。人が布に写るなんて考えられないわよ」って。

トリノの聖骸布は、レオナルド・ダヴィンチが教会に頼まれて作った史上初のネガフィルムだという説がある。教会が人々にイエスが存在したと見せるため考え出したトリックのようなものだと。

信じたい人は勝手にすればいいんだけど。それで幸せであれば真実なんてどうでもよくて。

問題なのは、そういう作り話を本気で信じて、その通りにことを成し遂げなければ済まなくなり、現実の状況が見えなくなってしまうこと。それこそが、世界中で起こる国家や民族間の紛争の源にもなっている。だから、イスラエルとパレスチナの悲劇はなくならない。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2007-09-24 17:52 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/7487141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧