小説で地球環境問題を考える Part 15

地球環境問題を小説で説いてみようと思って書きました。自作小説ですが、環境問題を考えるための記事と思ってください。

熱帯雨林を守ろうと奮闘する環境活動家と破壊を進める国家及び企業の対立から浮かび上がる不都合な真実。

まずはPart 1からPart 14を読んでください。


 次の日、二人は、朝十時に同じベッドで目を覚ました。健次はぐっすり眠られた。由美子のスイートルームのベッドはとても心地良かった。
 ルームサービスに朝食を部屋まで運んで来てもらった。そして、食べながらベッドの上で会話を楽しんだ。b0017892_2246472.jpgゆっくりと二人だけのひと時を楽しんだ後、外出してクラランコクの町を一日中回ることにした。
 森の探索と植物の成分分析に関しては、その日一日だけは堀田と他の隊員達に任すことにした。皆、健次には休息が必要だと理解してくれた。
 まず、すぐ近くにある観光名所の一つ、スワレシア国立博物館へ行った。その近代的な建物の中には、スワレシアの伝統民具や工芸品美術品などが展示されていた。どれも見る者の目を楽しませるすばらしい品々であった。
 クラランコクの近代的な中心街の町並みは、とても美しい。ホテルの周りは、幅が広く舗装された道、熱帯地方らしくやしの木が両側に立ち並ぶ。車やオートバイが大忙しで走っている。
 高層ビルもにょきにょきと立つ、その中でもツインの世界一高いビル、クアランコクタワーは、一際目立ち、発展するスワレシアを象徴し威厳がある。
 マラティール大統領の経済発展第一主義は、次々と町の様相を変化させている。だが、一方で少し中心街を外れると、そこにはスラムがありトタン屋根でできたバラック小屋が並ぶ。
b0017892_22453187.jpg

 道を歩く人々は、ボロボロの服をまとい、小さな子供でさえ道端で物乞いをしている。これが、世界の発展途上の国々の実態なのだ。
 先進国と発展途上国の経済格差は、環境問題を考える上において最も重要な課題だ。
 由美子は、大統領と会ったときのことを思い出した。貧しい状況を少しでも改善したいというのが、指導者の本音なのだ。自然保護などというのは、余裕のある先進国の人々ができること。自然を破壊しなければ、まともな生活を維持できない貧しい人々には、そんなものは戯言としか聞こえない。
 そもそも、同じ地球という星に人々は住みながら、なぜこんなにまでも貧富の差が大きいのだろう。先進国では、食物があり余り、肥満で悩む人々が大勢いる。一方、発展途上国では、栄養失調で幼い子供達が毎日と餓死している。
 数人のボロボロの服を着た子供達が、由美子と健次が外国人だと分かると集まってきた。子供達は、にこにこしながら、手の平を広げ、お金をせがんでくる。
 二人は、どうしようか迷った。子供達の無邪気な顔を見てると、あげなければと思う。だが、そんなことをするのは、同時に後ろめたいことでもある。彼らを、乞食として扱うことになるからだ。同じ人間なのに、人間としての尊厳を無視しているように思えてならなかった。だが、考えてみれば、彼らにとって今大事なのは、そんな尊厳などというものよりも、今日一日の生活をどう守っていくかということだ。
 どうすればいいかと悩みながら、由美子は、財布を取り出し、何枚かのお札を取り出した。すぐに健次もつられて、財布を取り出すことにした。
 由美子が、お札をやると一人の男の子は、さっとそれを手に取り、何も言わず立ち去った。
「あ、こら!」
 健次が言った。
「どうしたの? 」
と由美子は言うと。
「あのガキ、俺の財布を丸ごと盗っていきやがった。何てことするんだ!」
 健次は、走って追いかけようとした。由美子が、さっと彼の手首を押さえた。
「健次、やめて、ほっておきましょう」
「何言ってんだ!」
 健次は、かっとなって言った。
「なくなった分のお金は、わたしがあげるから。ね、お願い」
健次は、由美子の悲しそうな顔を見ると、ぽっと溜め息をつき言った。
「ちぇ、しょうがねえな」


 次の日の朝、由美子と健次は、スイートルームのベッドの上で目を覚ました。
 昨日は、実にゆったりとした一日だった。だから、全然疲れを感じない気持ちのいい朝を迎えている。窓からこもれる朝陽を浴びながら、起き上がり、由美子は背筋を伸ばした。
 健次は、さっそくバスルームでシャワーを浴びている。由美子も一緒にバスルームに入った。
 
 シャワーと朝食の後、二人は、ロビー階へ降りた。さっそく、新たなる戦争を始める決意をした。これから、クアランコク大学の研究所へ向かう。
 エレベーターを降りると、ロビーを抜け玄関口に向かう。そして、回転ドアを抜けるとタクシーが並んでいた。その一台に乗ろうとする。
 そこへ、
「由美子!」
 聞き覚えのある声だ、と由美子は思った。声の方へ振り向くと、そこに自分の方へ向かって走ってくる若い女性の姿が見えた。
「真理子!」
 由美子は、感激した。心配で早く再会したいと思っていた親友が目の前にいるのである。思わず真理子に抱きついた。
「真理子、どうしてここに?」
「今朝、着いたばっかりなのよ。取材に来たの」
「そう、じゃあ、記者のままでいられたのね。よかったわ」
「何を言っているよ。私が今勤めているのは、雑誌社よ。環境問題に熱心で国際的な雑誌だから、やりがいがあると思って、思い切って転職したの。それでダム建設にともなう森林破壊の問題を取り上げにね。今度は、もう大丈夫よ。編集部が私に是非ともと取材で来たのだから」
「そう、じゃあ、とにかく落ち着いたのね」
「もちろんよ、何もかも順調よ。あなたが心配することなんてなにもないわ」
 真理子は、元気いっぱいの笑顔を作り言った。
「おい、由美子、突然何なんだ? この人は誰だ?」
と健次は、ことの成り行きに混乱していた。
「ああ、健次、こちらはわたしの高校時代からの大親友、真理子よ」
 真理子は、健次を見つめ言った。
「初めまして、大塚真理子です。お会いできて光栄です」
「いや、こちらこそ」
と健次は、何となく面食らった調子で言った。真理子が興味深そうに自分を見つめるからだ。
「あ、それから真理子、こちらは・・」
「あーら、いちいち紹介されなくても分かるわよ。彼氏でしょ。なかなかハンサムじゃない、うらやましい」
「あ、ははは」
とその場で三人は、大笑いした。
 由美子は、健次を見つめ言った。
「健次、先に行ってて。真理子とせっかく会えたの。少し話しがしたいの。後で、わたしも研究所に向かうから」
 すると、真理子が、
「あら、由美子、そんなことまで」
と言った。
 健次が、その場をとり繕うように言った。
「そうか、俺は先に行っている。外国でせっかく会えたんだからな。ゆっくりしていけよ。だけど、終わりしだい、すぐに研究所に来いよ」 
 そう言うと、健次はタクシーに乗り込んだ。
「本当にいいの、大事な彼氏と一緒に行かないで?」
と真理子が言うと、
「いいのよ。さっそく、いろいろと聞かせて」
と由美子は言った。

 二人は、スイートルームに入った。
 プルルル、プルルル、と電話の鳴る音がする。由美子は受話器を取った。
「ハロー」
と言った。すると、
「お嬢様、お嬢様ですね?」
と聞き覚えのある家政婦の声が聞こえた。何だか慌てたような声だ。なぜ、わざわざ日本からここまで電話を? と不思議に思った。
「あら、ばあや、どうしたの?」
「大変なんです、お嬢様。旦那様が!」
「お父さんが、どうしたの? 」
 由美子は、急に不安になった。
「旦那様が、お倒れ、になって、息さえもしてないんです。たった今、救急車で運ばれ、まして・・」
 ばあやの声は、その事態の緊迫度を如実に表すかのようにぶるぶると震えていた。いつもは落ち着いているばあやのこんな口調を聞くのは初めてだ。

b0017892_22504224.jpg
 

 それからほぼ六時間後、由美子は、成田空港にいた。

 電話を受けた後、すぐさま空港に向かったのだった。荷物など準備せずタクシーに乗り込みクアランコク国際空港へ、そして、何とか東京行きの便に間に合った。
 日本へ向かう飛行機の中で、父のことばかり考えていた。あの父が、見るに頑丈そうなあの父が、倒れたなんて信じられない。いったいどういうことだったのか。数日前、帰国したとき、咳き込んでいた。ずいぶん前から、とんでもない病気を患っていたのに違いない。

Part 16へつづく。
by masagata2004 | 2007-09-27 21:45 | 環境問題を考える | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/7502130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧