小説で地球環境問題を考える Part 11

 出発した成田が冬の曇り空だったためか、クアランコクの日差しは恐ろしく強く感じた。ファーストクラス出口のタラップから降りると目が痛くてたまらない。由美子は、帽子をかぶり陽射しを避けた。
 税関を通り到着ロビーを抜けタクシーに乗った。行く先は、ホテルではない。さっそく、もうすでに健次が入っている森の方に向かうのだ。時計を見ると午後一時だった。ここから二時間で森のある場所に着く。
 
 二時間後、タクシーは、クアランコク郊外の農村に着いた。目的の森は、目の前に立ちはだかり悠々しい姿を見せていた。
 思った通り、ジープが二台停まっている。すでに健次達が、森の中に入って探索を始めた模様だ。

 安藤健次率いる一行は、その日の朝六時頃に森に着き探索を始めていた。健次は、昨夜眠れなかった。由美子からの電話とファックスは思わぬ出来事だった。さっそく、隊員全員にことを話し、朝の四時に起きクアランコクを出発、できるだけ多くの時間を使って、森の中で医薬品原料の探索をすることにした。
 森の前につき、眠気まなこの警備員に明智物産社長署名入りのファックスを見せたときは、これまでの人生で一度も経験したことのない快感を味わった。
 絶対に捜し出してやる。と健次は心に決めた。
 もし見つけることができたなら、仮にそれが癌やエイズを治療できる薬の原料であったとしたら、ダム建設計画など吹っ飛んでしまうだろう。医薬品の生み出す利益とは莫大なものだ。
 隊員の中には、朝早くからの探索とあって、すでに疲労が見えていた者もいたが、健次は、全く疲れなど感じていなかった。何日か寝らずにいられるほどの活力が体に漲っていた。
 熱帯雨林の中は年間を通して、気温摂氏二十五度以上湿度九十パーセント以上の高温多湿状態だ。それが、数多くの生物の生命を支えられる豊かな自然環境を作り出しているのである。
 熱帯雨林に生息する動植物は、二ー三百万種ともいわれ、実に地球上の全動植物の三分の二が熱帯雨林に生息していることになる。そのうえ、まだ発見もされていない種も数多くあるのだ。そんなに種類が豊富なのだから、中には癌やエイズを治せる薬の原料が存在していても不思議ではない。
 こんな思惑が、健次のような薬理学者達を世界中の熱帯雨林に引き込んでいるのだ。

 一行は、休憩を取ることにした。というのも、朝早くからこの森に入って夢中になるあまり、食事も休憩もろくに取っていなかったからだ。健次は平気だったが、他の隊員が体に応えていた。森に入ってやっていたことといえば、サンプル探しばかりだ。植物を取ったり、昆虫を取ったりと、可能性のある珍しい生物をどんどん採っていくのである。
 体中、汗にまみれてた状態だ。暑苦しいのだが、長袖と長ズボンを身につけなければいけない。ヒルや蚊が森にはたくさんいて、肌をさらけだしているところに容赦なく襲ってくるからだ。特に足には太腿までを覆う靴下をはく。地面から這い上がってくるヒルの侵入を防ぐためだ。
 辺りから、鳥の鳴き声と虫の音が混ざって聞こえてくる。時折、猿の鳴き声も聞こえる。
 六十メートルぐらいの高さがあるフタバカキと呼ばれる大きな木のたもとに健次は腰を下ろした。水を飲みながら健次は、ふとあることを気にかけ始めた。それは、発電所建設反対集会の時、突然現われた森の原住民ペタン族の男ゲンパのことだった。彼と彼の仲間は、どうしているのだろう。彼らは発電所建設で立ち退きを命じられているのだ。
 すでに立ち退いてしまったのだろうか? 彼らほど哀れな人々はいない。少数民族で原始的な森の生活をしているということもあって、近代化を急ぐスワレシアでは社会に受け入れてもらえていない。
「健次、そろそろ引き上げないか?」
と堀田が言った。
「なんだと、まだまだだ。まだ、何も見つけてないだろう」
「健次、俺たちは急いで来たあまり十分な準備をしてない。ここで野宿できるだけの設備を持ってきていないんだ。食料も水も十分じゃない。おまえが必死になるのも分かるが他の奴らのことも考えろ。とにかく、今日は夜が明ける前に引き上げて、また、明後日に出直してこよう。今日は、ごくわずかだが、サンプルも取れた。それにこのへんの植物の分布の記録も取れた。明日、みんなでゆっくり話し合って、これからの計画を練ろうじゃないか。次は、野宿もできるようにしっかりとした準備をしてここに来よう」
と堀田は、励ましながらも疲れた表情で言う。
 健次は、堀田の言うことに頷いた。確かに、手順をきちんと踏むことは大事だ。薮から棒に行動は取れない。いかに強い熱意を持っていようとも、あまり無計画に行動するととんでもない結果を招くことになる。
 誰でも分かる常識的なことを自分が忘れてしまっていたことに気付いた。とにかく、堀田の言う通りだ。暗くなる前に、引き上げよう。手で顔の汗を拭きながら健次は、そう思った。

 由美子は、ずっと、森の前で健次達が出てくるのを待っていた。健次達が今日中に引き上げることになると、堀田から電話で聞いていた。健次にファックスを送った後、由美子が、心配で堀田に電話をして頼んだのだ。健次は、無鉄砲な性格だ。ハワイにいたとき、そんな性格が災いして仕事でミスを犯すことが多かったのを見ていた。
 由美子は、森に入る許可が下りたものの、いろいろと面倒なことが起こってくるのではと不安であった。父、清太郎も気が変わるかもしれない。会社にとっては、そもそも迷惑千万なことなのだ。健次達には騒ぎを起こさず慎重に行動してもらわなければならない。
 ブーと遠くから車の走る音が聞こえた。背後の農村の田園からだ。由美子が、後ろを振り向くと黒いリムジンが砂埃を撒きながら、自分の方に近付いて来るのが見えた。
 リムジンは、由美子の目の前で停まった。運転手が外に出て後部座席のドアを開ける。 サングラスをかけたスーツ姿の英明が出てきた。由美子をサングラス越しに不気味な目つきで見つめている。
「何しにきたの?」
と由美子が言った。
「由美子さんこそ、ここで何をなさっているんです?」
「あなたの知ったことじゃないわ」
 英明は、停まっているジープ二台を見つめた。ここの警備員から電話があり、社長の署名入りの立ち入り許可書を持った日本人の団体を森に入れさせたということを知らされ、飛んで来たのだった。
「あなたも、あの連中の仲間ですか? 全く、勝手なことをして、ここは本来立ち入り禁止ですよ。何をするつもりか知らないが、荒らされるのは迷惑です」
 英明は、由美子をにらみながら言った。
「どうせ荒らすんでしょ! はっきり言っておくけど、社長であるわたしの父からきちんと許可を取ってやってることなのよ。あなたにこれを止める権利はないわ」
「はい、はい、分かってますよ」
 英明は、由美子が厄介でならなかった。由美子は、自分の父親の会社の利益になることを妨害しようとする変わった女だ。新聞記者に頼んで自分の会社の恥じになるようなことを書かせようとは。盗聴器を通して由美子と大日本新聞の記者の会話を聞き取った時は、さすがに冷や汗の出る思いだった。大日本新聞の社長とは、知り合いだったのが幸いした。
 最大の広告主である明智物産の名誉に傷をつけることは向こうからも願い下げで、すぐに英明の申し出を受け入れてくれた。危ない記事を差し止め、代わりに明智物産の宣伝をしてもらった。予定外の広告収入が入ったと新聞社側も大喜びだった。
 英明は思った。
 由美子こそが今まで会社の恩恵を受けてきた人間じゃないのか? 父親の金でさんざん優雅な生活を送ってきていながら、いまさら、自分の青臭い理想のため会社を敵視するとは、何とも支離滅裂としている。
「とにかく、癌を治すなんて夢のようなことをいうのもいいですが、建設工事が開始されれば終わりですよ」
「ええ、分かっているわよ。でも、その夢のような薬がここで取れれば建設計画も吹っ飛ぶかもね」
 由美子は、そう言いながら英明をにらんだ。 英明は、その由美子の顔に少しばかり圧倒された。だが、すぐに気分を取り直し不気味な微笑みを浮かべ言った。
「由美子さん。ダム建設がそんなにお嫌なら、今すぐにでも中止にすることができるんですよ。お忘れですか? 私との結婚のこと」
 英明は誇らし気に言った。   
「さっさとどっかに行って。あなたとこんなところに一緒にいたくないわ。わたしをこれ以上怒らせないで」
 英明は、またもや怪しげな笑みを浮かべると、リムジンの中へ戻った。リムジンはエンジン音をたて、その場を去っていった。
 
 走り去るリムジンを見ながら由美子は思った。父、清太郎は、どうしてあんな男を信頼する部下として慕い、自分と結婚させようとするのだろうか。彼が優秀なビジネスマンで会社の売上げを増やしているからだからなのだろうか。父は、そんなことを基準に人の価値を判断しているのだろうか。
 実際の話、自分が英明と結婚しても、この森は守れない。英明と父は喜ぶだろう。だが、英明のことだ。何だかんだと理由をつけて結婚の後、建設を実行するだろうし、仮に明智物産がダム建設に身を引いても、他の企業が代わりを引き受けることとなる。そもそも、発電所建設は、スワレシア政府が首謀となってやろうとしていることだ。由美子とて、父、清太郎とて建設計画を止めることなどできやしないのだ。由美子は、大きな無力感に襲われた。
 ガザガザと、人が草叢を歩く音が聞こえてきた。すると森の中から人がぞろぞろと出てきた。皆、日本人だ。
「健次、健次!」
 由美子は、健次の顔を見るやいなや、走って抱きついた。健次も、ぐっと抱き締め返す。
「由美子、帰ってきたのか。ありがとう。君のおかげだよ。この森に入れたのは」
 健次はとても嬉しそうな表情を浮かべ言った。
「それより、健次、何かいいものは見つかったの?」
「そう簡単にはいかないさ。とりあえず、いくつかサンプルは取れた。今日はもう遅い。明日、サンプルの検査をしてみる。それから、じっくり計画を立てて、明後日になればまたここに戻ってくるさ」 
 由美子は活き活きとした健次の顔を見たとたん、さっきまでのいらいらと高ぶっていた気持ちが急に落ち着ついた。

Part 12へつづく。
by masagata2004 | 2007-07-14 10:55 | 環境問題を考える


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧