確か夜は電気が余っているのでは?

Excite エキサイト : 政治ニュース

これは、深夜営業のコンビニをやり玉に上がった時にも対抗して言われること。

実を言うと、夜の電気使用を自粛しても、温室効果ガス削減には寄与できないらしい。というのは、夜間は、発電所の出力を最低にしても、有り余るぐらいで、だから、夜間は料金を割り引いても消費して貰いたい位なのだ。

ただ、夜でも自由に電気が使えるライフスタイルが、エネルギーの浪費を当たり前のように考えてしまう癖を我々に身につけさせ、結局のところ環境にとってはよくない。だから、ネオンも廃止し、夜は街灯だけ、不夜城もあり得なくする。その意味ではいい提案なのだが。

ところでだが、なぜ、最低出力にしても夜は電気が余るのか、それは最低基準が原子力発電によるものだからだ。原発はご存知の方も多いと思うが出力調整がしにくい。あのチェルノブイリも出力調整テストで起きた事故なのだ。

つまりのところ、常にフルに稼働させ、出力調整は、水力や火力で日中付け足す形で行われている。だから、水力火力は、稼働していても2割程度だと。面白いことに柏崎刈羽が停止しても東京が停電にならないのは、その水力火力の出力を上げて補えたりするからだ。

原発は常にフルの状態。だから、消費が下がる夜間でも有り余るほどの電力を流し続ける。ちなみに電気は貯めることが基本的に出来ない。できないこともないのだが、できても充電器を何度も使うと劣化してしまい、新しいのを買わないといけないように、効率よくない。発電と同時に使わせるのが効率よくなる。

だから、無駄遣いやりっ放し。夜間電力の消費を抑えての省エネを考えるのなら、まず原発の依存度を下げることを目標にしては。

いい記事だと思ったらクリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-03-04 20:48 | 環境問題を考える | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/8123865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by manny at 2008-03-04 21:41 x
masagataさん、そのとおり!まず夏の昼間のピークを抑えることを社会全体で考え実行することが今やるべきことだと思います。
Commented by ガガモ at 2008-03-05 06:55 x
そうなんですか。細かな事、知ってびっくりです。何気に増えた原発、なんか、エネルギー消費を促しているのは、実は、政策?国民が電気が欲しい!っていっているから原発を造ったんだと、国は言うの?原発を無くすという案は、全然あり得ない話なんでしょうか??近隣に住んでいる人達は、常に不安を背負って生活されている事を思うと、気の毒でならない。良いように言われ、承諾印を押しちゃったんでしょうね。罪な気がします。私達個々人が、どれだけ原発に依存しているのか、もっと知ったらいいと思います。私たちが、地球になるべくかけない(ゼロま難しいでしょうね)エネルギー量を知るべきなのではないかと思います。生活費の様に…。これ以上お金を使ったら(エネルギーを使ったら)、赤字になるぞ(温暖化になるぞ)と。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧