レイプ、殺人、原子力空母による首都汚染!

Excite エキサイト : 社会ニュース

そういうわけで、こんな記事を市民メディアJANJANに投稿しました。

読んでみてください。

 今年8月に横須賀基地に入港、停泊予定の米海軍原子力空母ジョージ・ワシントンは、高濃度のウランを燃料とした、いわば「海に浮かぶ原子炉」だ。原子力で蒸気をつくってタービンを回し、発電をするのが原発、航海するのが原子力空母だ。

b0017892_21214276.jpg


 停泊中は原子炉を停止するとしているが、その間も原子炉の冷却は続けなければならず、仮に地震などの災害や事故などで冷却できなくなれば、炉心溶解などにつながり大惨事にもなりかねない。この場合、その被害は首都圏全体を覆いつくし、多数の死者を伴い、チェルノブイリのように数世紀もの間、広範囲が人の住めなくなる土地へと変貌しかねない。首都圏に住む者として、そんなことは許せない。

 米海軍は、空母の原子炉の構造は軍事機密として公開しないくせに「安全だ」と言い張る。まったく日本国民を舐めた話だ。

 そんなことを考えながら、何気なしにアメリカ映画を観ていたある日、思いついたことがあった。映画は良かったのだが、この同じ映画を作った国が、我が国の首都に「第3の原爆」を持ち込もうとしていると考えると腹だたしくて仕方ない。そのせいか、映画が楽しめず途中で見るのをやめてしまった。

 また、アメリカをイメージするものすべてが憎らしくて仕方なくなった。筆者は、かつてアメリカの大学に留学した経験があるが、それでも、原子力空母を自国の戦略のため、無神経に持ち込む「軍事大国アメリカ」を思うと、それだけでイヤな気になった。もちろん、そんなことを堂々と受け入れた日本国政府も不甲斐なく腹だたしい。

 何かできることはないかと思った。横須賀では、住民投票実現のため署名運動が行われている。また、空母が停泊するための港湾設備の浚渫工事の差し止め訴訟も行われている。だが、そんなことですでに両国政府間で決まったことを覆せるかというと、容易ではないだろう。

 しかし、個人で、しかもより多くの人々を巻き込んで出来る運動があると思う。それは、

続きは、こちらを!

また、この記事も読んで具体的な行動の参考にしてください。
by masagata2004 | 2008-04-02 21:19 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/8295046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧