映画「シンドラーのリスト」 ホロコーストはあった!

最近、私はアメリカ映画を観ないキャンペーンを実施しており、そのためハリウッド系の作品は見ないようにしているのだが、この作品は別とした。というのも、近々、ホロコーストの歴史を尋ねる旅に出る予定があるからだ。そのための予備知識を得る意味でこの映画のDVDをレンタルした。もっとも舞台はポーランドであることを考えるとハリウッド映画だといえないとも思える。

映画館で上映していた時に見たことがあるが、なんせ10年以上も前、断片的にしか覚えてなかったので、改めて見ると感慨深かった。ポーランドの古都クラクフの一角がユダヤ人のゲットーとなり、そこでは容赦ない虐殺が日々行われていた。人間がここまで残虐になれるのかと思えるほど、残虐なシーンが続く。映画だからフィクションや誇張している場面ばかりなのかと思ったが、DVDには特典映像として、生存者の証言があり、ほぼそれに忠実であることが分かる。

そんな悲惨な状況を見かねたのが、実業家シンドラーだった。当初は、ユダヤ人を使い、安く軍需製品を仕入れ、大儲けする腹だったのかもしれないが、悲惨な状況を目の当たりにして、身の危険を顧みず彼らを救う決心をする。結果、1000人を超えるユダヤ人の命を救い、自らは破産してしまう。

一体、どうしてこんなことが起こってしまったのか考えさせられる。人間が極限の状況に置かれると通常では考えられない感覚を持ってしまう。ある種、人間の残虐なまでの適応能力なのだろう。私は、これまで中国の南京で日本軍により親を殺されたり、レイプされたりした人々の証言を生で聞いたことがある。語る時、ホロコースト生存者の証言時同様、涙があふれ出し、言葉がつまる様子を見た。

その度に思う。我々は、何と平和な世の中に生きているのかと。しかし、そんな平和な状況を当たり前のように思ってはいけないのだと。

いい評論だと思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-05-31 22:23 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/8692491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧