映画「ミッドナイト・イーグル」 真の脅威は在日米軍だ

Excite エキサイト : 政治ニュース

この映画のネット上や評論家達の評価が低かったので大して期待せずにみたこともあってか、むしろ大いに楽しめた。多少つっこみどころはあったのだが、それなりに楽しめよくできた作品だったと思う。2時間10分ほど、固唾を呑んで観賞した。これよりネタバレになりますので、まだ観てなくて観たいと思っている人は読まないで。

ストーリーは、米軍のステルス機が北アルプスに墜落、自衛隊は山岳地に行き、ステルス機のあるところに向かう。ステルス機の墜落を目撃したカメラマンも特ダネを追うため現場へ向かう。日本政府は大忙し。なぜならステルス機には、首都圏、いや日本を滅亡させるほどの特殊爆弾が搭載されているのだから、それを何と日本に潜入した某国の工作員たちが起爆しようと狙っていた。

とまあ、こういう話しで、いわゆる政治アクションドラマだが、この映画、一見お決まりの「北朝鮮が日本を破壊しようとしている」というプロパガンダのようなだが、実をいうと違う、映画の中では北朝鮮という言葉は一切出ず、また、はっきりと北朝鮮と分かるようなシーンもない。この映画の製作者の意図が別にあるということがうかがいしれる。

それは、日本の安全にとって実をいうと最大の脅威は在日米軍なんだよ、ということではないのか。米軍が核爆弾を積んだステルス機を横田基地から運んでいることが公になることを恐れる総理大臣が登場する。それに対して女性ジャーナリストが「なぜそんなことを黙認し続けていたのですか」と問うと「我々にも知らされていないことがありまして」と答えるのが象徴的。

最近、そのことをリアルに感じるニュースが飛び込んできた。横須賀の米海軍基地に原子力空母ジョージ・ワシントンが今年の8月に配備されることになったことだ。3000万人もの人々が住む首都圏に海に浮かぶ原発ができるようなもの。事故や災害で空母の原子炉が破壊されれば100万人規模の死者が出るという。事故こそ起こらなくても、長期に停泊するのだから周辺環境の汚染は避けられない。横須賀市では反対運動が繰り広げられている。詳しくはこの記事を。その意味で、映画には恐ろしく真実味が感じられた。

だが、問題は、それだけとはいえない。というのは、なぜ在日米軍がこれほど日本にいるのか。彼らが守ってくれるからと勘違いしている人が多いが、実際のところ守っている部隊などなく、日本が出す思いやり予算で維持費が安くつくからイラクなどへいくための中継地として利用しているに過ぎないのだ。

自衛隊だけでは不安だというが、米軍は守る体制にないし、守る義務も実をいうと両国政府の合意で果たさなくていいようになっている。その実態が国民の多くに知らされていないのだ。その上、地位協定にみられるような特権だらけ。こっちには何のメリットもない。冷戦中は、政治的な意味合いで必要性があったけど、もうそれも終わり。アメリカはイラク戦争で見るようにバカなことばかりやっている。

いい加減、奴らには出ていって貰おう。そうでないとかえって日本にとっては危険だ。北朝鮮以上にね。何たって北朝鮮のミサイルの標的は米軍基地になること間違いないし。

この映画は、まさに、反在日米軍映画なのだが、それを自衛隊が撮影に協力していること自体、今そこにある危機を暗示しているように思える。そして、左翼の人々の平和主義のため日本に軍隊があることを認めない矛盾も訴えている。いざとなれば、武器を持って殺し合いをしなければいけないのだ。

自衛官が「我々は軍隊ではない。自衛隊だ」という台詞で、その矛盾の危うさを伝えたかったような。ちなみに自衛官を演じていたのは吉田栄作。てっきり、美木良介かと思ってしまった。雪山で白いフードを被っている姿だったから分からなかった。声も、かつての吉田栄作とは違う。大変身だった。

というわけで、この映画を観て、在日米軍撤退、思いやり予算凍結実現に向けて邁進しよう。

いい評論だと思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-06-04 21:02 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/8718466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 電波出してる? at 2008-07-09 14:55 x
まず、「北朝鮮って名前が出てこないから在日米軍批判」っていうとんでもない飛躍をどうにかしないと、電波系ブログ扱いされちゃうよ。

「長期に停泊するのだから周辺環境の汚染は避けられない」って、そんないい加減な原子炉じゃあ、乗組員が全員被爆しちゃうって!

「守る義務も実をいうと両国政府の合意で果たさなくていいようになっている」日米安保条約の本文を読んでみようね!
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/jyoyaku.html
Commented by masagata2004 at 2008-07-16 23:37
アメリカ様は神様に思える人がいるのでしょうね。条文を丸飲みするところが凄い。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧