人間性学の講義で出会った初老レズビアンカップル

カリフォルニアの同性結婚式、第1号は80代カップル | Excite エキサイト

もう10年以上も前のことであろうか。私がサンフランシスコ州立大学の大学生だった頃、専攻の国際関係学とは別に選択科目として「人間性学」を興味本位で取ったのだが、ある日、初老のレズビアンのカップルをレクチャールームに招待して、40年近く連れ添う彼女たちの体験を話してくれたことを覚えている。

彼女たちが出会った1950年代では、レズビアンは皆「クローゼット」の中にいたと言っていた。そして、60年代から、アウトして活動を続けるようになったと。

彼女たちに私は質問をした。丁度、その頃、近郊の小学校で同じようにレズビアンのカップルを呼び、小学生に自分たちのことを語る集会があったのだが、その時、ある小学生が「あなたは男になりたいの?」と彼女たちにきいて、カップルの一人が「誰かが男になる必要はない。セックスにはディルドー(人工ペニス器)を使うわ」と答えたことで、生徒の親たちが大反発、集会を開いた教師が資格剥奪処分にあいそうになる騒動が起き、そのことに対してどう思うかを質問したのだ。

すると、彼女たちは「そんなのおかしい。子供達には知る権利がある」と返答した。このこと以外に、サンフランシスコでは同性愛問題に関して様々なことを学んだ。詳しくはこの記事を。ついには、最大州カリフォルニアが結婚を認めるまでになったか。

アメリカや西欧諸国において同性愛者の解放は、黒人や女性の解放運動と同様に個人の権利主張運動と関連するものだ。キリスト教国の彼らにとっては、文化的には日本より厳しい見方がされる。日本において同性愛を異端視し始めたのは、明治に入って西洋文明が入ってきてからだ。詳しくはこの記事を。

でも、日本でも、現代において解放運動には目が出てきている。昨年の参院選では、民主党からレズビアンであることを公言した候補が公認を得て、比例区に立候補した。残念ながら落選したが、これは大きな時代の変化だったと思う。こちらが彼女のサイト

いい記事だと思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-06-17 22:51 | 米留学体験談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/8818768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧