映画「おくりびと」 やや予定調和的な感じが

いい映画だったけど、5点満点でいえば、3.8ぐらいかな。

どうも今までのジンクス通りの結果になった。話題になって期待した映画には、なぜかそれ未満の結果しかのぞめない。全く期待せず、偶然見たら、それなりの感動をしたかもしれないが、すでに話題になっていて、海外の映画祭でグランプリを受賞したと聞くからきっとすばらしいと踏んだのだが、「タイタニック」を見に行った後を思い出す。

ストーリーは、意外に身近でありながら知られていない納棺夫という職業に就く人の話。納棺夫とは、死体を棺に入れる前に体を洗い死に化粧をする仕事だ。本木雅弘演じる男性は、チェロ演奏家として活躍していたものの、務めていたオーケストラが突然、解散、帰郷して再就職をするのだが、決まったところが何とその納棺夫だった。嫌々ながら仕事を続けるが、妻に仕事のことを知られ、「けがらわしい」とまで言われるが、仕事に誇りを持ちながら続け、最後はとんでもない人に死に化粧をすることに。

準主役の広末涼子がミスキャストだった。あの役にしては、清廉すぎるような。最後の結末は、予定調和的すぎる。ま、いいかな。

この仕事に対して偏見を抱く人々がいるようだが、そんな人には是非とも見て欲しい。誰かがしなければいけない仕事だってこと。それは、しっかりと伝わって良かった。

いい評論だと思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-09-30 00:26 | 映画ドラマ評論 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/9595367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画 Search An.. at 2008-09-30 09:53
タイトル : f20u3B0DE0CB0A206B08808Bf20u3B
何気なくネット見ていたら映画の関連する記事を見つけました。私もコレ見て参考にし...... more


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧