映画「おろち」 笑いながら観られるホラー映画

物語は、1950年と、その20年後の日本。不気味な女性の姿をしたおろちが、雨宿りをするため潜り込んだ屋敷には、大女優とその娘姉妹が住んでいた。大女優は、一族に伝わる疫病に怯え、娘達の将来を案じる。おろちは、この一家を見守り続ける。

それから20年後、おろちは、成長した姉妹たちと出会う。

とまあ、そんな感じで。ストーリーは、やや古典的。最後のオチも、途中から予想できた。むしろ楽しめたのは俳優達の演技。ホラー映画らしい演技、でも時代設定に合わせた演技だから、今の時代の基準からすると、ややコントっぽくみえる。そのこともあって、怖さを全然感じなかった。おろち役の女性の真剣な演技がひょうきんに見えたほどだ。何というか、全体を通して舞台演技を映画化したような感じを受ける。

それでありながらチープでないというのが見所。唯一、文句を言うとネタバレになるけど、医者なら輸血の前にしっかり血液型を調べるだろうに!

おろちって、日本の自然神だよね。ふうん、我々は、そういうのに見守られ続けているということか。でも、見守るだけで、助けてくれやしれないんだ。意地悪!

いい評論だと思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-10-16 00:10 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://masagata.exblog.jp/tb/9695925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧