カテゴリ:時事トピック( 319 )

日本新党の頃を思い出す

東京都知事に女性初の小池百合子氏が当選。

鳥越氏を応援していた人たちは、彼女を女石原慎太郎だと揶揄するのだが、実際、彼女は、55年体制以降初めての政権交代となった日本新党の頃のマドンナ的な存在として政界にデビューした人だった。

そのころ、私はアメリカにいて、CNNの有名なトーク番組「ラリーキング・ライブ」で、小池百合子が出演して、流暢な英語で番組のホストのラリー・キングと会話をしていたことを思い出す。

はきはきとした英語が印象的だった。そのとき、テレビのキャスターだったのに政治家に転身したのはなぜかと問われ「火事になっている家をレポートするだけではたまらず、火消しに回ることにした」と応えたことを思い出す。

そのとき、まだ若かった私は、彼女と細川代表の日本新党に期待を抱いていた。

まあ、あれから紆余曲折を経た現在、都知事に転身であるが、どう評価していいのかわからない。案外、期待してもいいのかもしれない。鳥越氏は、キャリアの点では明らかに劣るような気がするし、都知事というポジションなら、何とかやれないこともないんじゃないと思える。

まあ、首都の長、総理に次ぐ大きな予算を握るポジションに女性が就いたということは、歴史的にみて悪いことではないと思う。それほどまでに、日本の女性の社会的地位は低いから。

何となく、海の向こうのヒラリーよりは、ましな感じがする。まあ、その程度かな。
by masagata2004 | 2016-07-31 23:00 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

中曽根元総理を証人喚問しよう

朝日新聞の慰安婦訂正記事で右派陣営が勢いづいている。「朝日は責任をとれ!」と気勢をあげているのはもちろん、自民党の政務調査会議は河野談話も朝日報道が前提だとして「河野談話を撤回し、新たな官房長官...
こんな記事が出た。

つまり、中曽根元総理なら真実が語れるということだ。

そして、それが彼にとって、最大の国家国民への貢献になるのではないかと思う。

中曽根氏を証人喚問するというのは、彼を糾弾することを意味するのではない。真実を堂々と語ってもらうのだ。

実をいうと、面白いことに、日本が戦争問題に関して大きく貢献できることとして挙げられるのが、こういった加害者が証言をできるということだ。

従軍慰安婦に限らず、南京虐殺でもそうだ。同じことは、他の国の軍隊もしていたが、加害者が証言をした場合、その人物は告訴される恐れがあるので、当然、躊躇される。

日本は、その点、免責されている。だからこそ、真実をつまびらかにすることができる。

慰安婦で、これほどまでに論争が起きているからこそ、むしろ最も権威のある立場の人が、生の体験を生で証言することには、大いなる意義がある。

むしろ、歴史を大きく転換することさえできるのだ。人類をより、もっと進歩させることができる。

中曽根さん、是非とも。墓場にもっていかず、死ぬ前に人類最大の貢献を。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2014-08-31 11:00 | 時事トピック | Trackback | Comments(2)

なぜ9条改正を提案しないのか?

集団的自衛権の行使容認をめぐり14日から衆参両院の予算委員会で集中審議が行われるのを前に、憲法解釈変更の閣議決定に反対する市民らが13日、国会周辺に集まり「閣議決定を撤回しろ」と抗議の声を上げた...
だからこそ、こんな姑息で無様なことをする。

9条改正というのは、とてもハードルが高い。総議員の3分の2。投票する有権者の半分以上。

でも、できないことはない。

集団的自衛権そのものは悪いことではない。必要ならばした方がいいだろう。

というか、今の今まで、憲法9条は解釈変更で、自衛隊の存続を認めていたのだから。

むしろ、そういうことを含めて、9条改正を提起すべきだ。

そのうえで、はっきりと話し合う。そうすればすっきりするのに。

どうしてできない。それには複雑な理由があろう。

だけど、国の未来を考えるなら、そうする方が一番いいのだ。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2014-07-13 20:05 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

映画「キャッチミーイフユーキャン」を知っているか?

遠隔操作ウイルス事件の「真犯人」を名乗るメールが6月1日午前0時過ぎ、報道関係者などに届いた。「今回片山さんに自作自演を指示し無実を一転させるよう仕向けたのはこの私です」と、事件で起訴された片山...
一連の遠隔操作ウイルス事件で、思い出したディカプリオ主演の映画。

両親の離婚を機に、家出をして気が付くとウソにウソを重ねて世渡りをしていく詐欺師となって生きていくこととなった実在の人物の物語。ストーリーは1960年代。今のようなパソコンやネットがなかった時代だ。

その意味で、片山容疑者は、その映画の現代版主人公といえるのではないかと思う。

何が、彼をそうさせたのだろうか。そんな疑問が渦巻くか。

誰もが、彼にあやかりたいと思える部分があるのではないか、映画の中のディカプリオがそうだったように、世の中を悪知恵を使いながら跳びはねて生きてみたい。うざったいことには付き合いたくない。威張っている連中を出し抜きたい。

彼はさぞ、嬉しかったのではないか、自分の遠隔操作ウイルスで誤認逮捕事件が起こったとき。自分にそんな能力があるということを知ったのだから。誰よりも特別であると知ったから。世の中を支配下に置いた気分だろう。この技を活かせば、誰にも媚へつらうことなく生きていけるかもしれない。

だが、そんな人でも、人間臭さをどこかで求めていたりする。それが、映画の結末にも通ずる。詐欺師の主人公は、自分を捕まえたFBIに協力する立場となり、自らが詐欺を取り締まり、また小切手などの偽造防止の対策を提案する責務を担うことになるのだ。

なんと以外で見事な結末。

さて、彼もそのようになれるのか。というか、そうしないとまずいことになるかもしれない。世の中には彼を出所後に利用したいと企んでいる人が数多くいるはずだから。それは次なる犯罪につながりかねない。
彼の持つ技能を使って、彼がしてきた以上のことをして、ただのいたずらではなく、テロであったり金儲けに利用したいと考えているかも。

それならば、彼の持っている技能を活かして、逆にテロを防いだりするように仕向けてみては。毒を以て毒を制すである。

彼をただのオタクと考えず、共感できる何かを理解し、彼の社会復帰を、この社会が助けるだけの度量を持ってみてはいかがだろうか。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2014-06-01 14:44 | 時事トピック | Trackback | Comments(1)

猪瀬と同じ運命を辿るのでは?

厚生労働相を務めた舛添要一元参院議員(65)が東京都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)へ出馬する方向で自民党側と調整に入ったことが7日分かった。関係者が明らかにした。党東京都連は同日夜に幹...
さすがは自民党。何とか勝てる相手を担ごうとしたのだろうが、どうやら彼を推すのには内部で抵抗があるらしい。自民党を除名になった経緯があり、政策で摺合せが難しいだろうし。

ただ、この人で勝てるのかが問題。いかにも知名度で担いだとうい印象が否めないし。かつてほど脚光を浴びている存在ではない。自民党の世論調査では、どういう訊き方をしたのか知らないが、まだ知事選が先の話でめぼしい人も出馬を表明していない時点のことだから、思い付きで言った程度かもしれない。

いざ、選挙になると別。それから、元航空自衛隊幕僚長の田母神氏も出馬らしいけど、それを考えると知名度票が割れる可能性がある。

それに今度の選挙は投票率が低いのが確実。だから浮動票的なものは目減りする。

そうなると組織票が有利なのだけど、猪瀬氏の辞職でも分かるように、金にまつわる問題がクローズアップされているから、そこがまとめにくいのかも。あまり汚いことができない。

でもって、当選しても、彼には猪瀬氏の二の舞になりかねない汚点をしょっているという勘繰りをしてしまいかねない。参院選に2回も出馬しているのだから、自民党の色にはかなり染まっているはず。猪瀬氏のような人でもあんなことをしていたとなると、彼もどうだか。

ちなみに彼は、私と同じ地元出身。福岡県に高校までいたと聞く。福岡の知事になればいいのに。

残るは真っ先に出馬を表明した前回次点だった宇都宮氏になるが、知名度は、それでもいまひとつ。ついでにいうが、今のところ出馬、もしくはその可能性のあるお三方だが、みな、60代後半のお年寄り。年金を貰う歳だ。おじいさん選挙となるのか。なんというか、がっかりだね。

面白みに欠けるね。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2014-01-08 00:05 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

参院議員会館前

b0017892_22172891.jpg

by masagata2004 | 2013-12-06 22:17 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

銀座でデモ行進


特定秘密保護法反対を訴える。
by masagata2004 | 2013-11-21 20:57 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

特定秘密保護法反対集会

b0017892_19352757.jpg

日比谷公園音楽堂にて。外に溢れる人沢山。
by masagata2004 | 2013-11-21 19:35 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

騒乱のエジプトに想う

8年も前になるが、エジプトに行ってきた。このことについては、この記事のタグにある「エジプト」で、その時の記録を読むことができるので、読んでいただきたい。

なので、現状のエジプトについては残念でならない。

それでもエジプトには、もう一度行きたい。なんといっても、ピラミッド、神殿の数々。

その時撮った動画と写真をまとめた映像が以下である。



この映像の後半では、携帯で市場を撮影していた自分をみて「それを見せてくれ」というエジプトの人の声が入っている。

当時も、観光客は注意するようにいわれ、移動も集団でバスのみ。バスには警護がつけられていた。観光地にはどこも警備員が配備されている状態。その数年前にルクソール神殿で観光客を銃撃するおそろしい事件が起こったことが影響していたらしい。

だが、今やもっと事態は悪化して、観光そのものができない状態になっている。どうしたことか。

b0017892_15245091.jpg


アブシンベル神殿で撮った写真。ちなみに、このブログのロゴ写真は、赤のピラミッドの前で撮ったもの。
by masagata2004 | 2013-08-31 15:27 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

選挙を考えるストーリー: 10人の有権者と3人の立候補者

参院選まであと1週間となりました。そこで、私が10年前に書いた選挙に関する考察をシミュレーション・ストーリーとして仕立てた文章を提供します。その時はブログなどなかったので、自分で書いて、お蔵入りにしていました。10年前の状況なので、ちょっと今ではピンとが外れているところがあるかもしれません。

題して「10人の有権者と3人の立候補者」

ある選挙区に、10人の有権者がいて、それに対し、3人が立候補しました。選ばれるのは、1人だけです。

立候補者は、以下の通り。

1.利権党のJ氏
2.市民党のK氏
3.泡沫党のD氏

それに対する10人の有権者は、

1.泡沫党員で護憲・戦争反対などの理想主義に燃えている人。
2.インテリな人。(弁護士、ジャーナリスト、学者のような仕事)
3.軟派な大学生。
4.土建会社の社長。
5.土建会社で働く作業員。
6.サラリーマンA
7.主婦
8.若いOL
9.年老いた農夫。
10.サラリーマンB

さて、有権者の選択はいかがなるものか、選挙が始まります。

1.政権与党である利権党のJ氏は、建設、農業などの業者をバックに、かなりの献金と支援を受け、組織票、業界票、物量作戦による選挙運動を展開しています。
2.市民党のK氏は、政策を武器に、しがらみのない選挙を戦っています。だが、資金力、組織力に弱い選挙運動です。利権党の政治では、いけないと思い、政権交代を目指しています。
3.泡沫党のD氏は、選挙で自分の理想を訴えることに意義を感じており、勝つことなどは望んでいません。党は、比例でいくつか議席を確保して、野党として与党の批判をすることを目指しています。資金は、機関紙などの売り上げがあり、利権党ほどではありませんが、豊富です。

さて、10人の有権者それぞれの特徴です。

続き
by masagata2004 | 2013-07-07 21:37 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧