カテゴリ:旅行( 49 )

強風のため足止め

b0017892_19311043.jpg

新幹線で帰るところだったが面白い町に止められたようだ。
by masagata2004 | 2013-04-07 19:31 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

京都でとってもSAYURIな体験をしてしまった!

2005年に公開されたハリウッド版芸者映画「SAYURI」を観て以来、ミヤコと呼ばれる京都に関心を持った私だが、昨年の10月に続いて、着物を着ての京都の旅を体験。これには、目的があった。

一つは、たまたまTVの放送で知ったスズメの焼き鳥を食べに行くため。場所は伏見稲荷。
b0017892_2357101.jpg


食べてみると、味は特別というわけではなかった。ただ、スズメ一匹をそのまま焼いたという感じの触感があり、それが不思議な感覚だった。だけど、1本500円という高さ。なんでも希少なもので冬季限定で販売されているという。

ちなみにこの伏見稲荷は、SAYURIの撮影が行われたところでもある。主人公であるSAYURIが少女の時、千本鳥居を願い事をするため走り抜けていくシーンが有名だ。そこでフィリピンから来た観光客に会い自分の写真を撮ってもらった。彼女たちもSAYURIを観て、伏見稲荷を知ったそうだ。
b0017892_2358738.jpg

その後は、隣の駅の東福寺を訪ね、
b0017892_014646.jpg

その後に、バスに乗って清水寺から、三年坂、二年坂、一念坂を訪ねた。そこで、舞妓の格好をした観光客や着物を体験している観光客に会った。その中には、ベトナムから来た人もいた。
b0017892_025158.jpg

翌日、今回の旅の主目的であるある場所に向かった。それは、カナダ人の茶道師範が催す茶道体験会に出席するためだ。その人の名はランディさんで、京都の二条城近くでらん布袋という喫茶店を経営している。店には茶事で客をもてなす場があり、そこで私を含め6人が茶道の体験をした。ランディさんは、着物を着て、茶道について流ちょうな日本語で詳しく説明して、作法も事細かに説明された。その後に、ゲストからの質問に答えられた。
b0017892_09368.jpg

私は英語で、茶道のsignifianceは?と訊くと、ランディさんは、人生のsignificanceは、と返した。

茶道を始めた理由を他のゲストから訊かれると、日本に最初に来た理由が武道を学ぶためであったが、文武両道でなければならぬと思い、始めたのが茶道だったとのこと。

茶道はルールに縛られ形式ばっているものに過ぎないのではと訊くと、それをルールと思うのは間違いで、マナーと思えばいい。カジュアルな格好で好き放題に飲み屋で食事を楽しむこともあれば、フォーマルな服装でマナーに沿ってフルコースの食事を楽しむこともある。格式ばっているから楽しめないということではないと仰った。

この点が西洋人らしいと思った。日本人だと、儀礼的なものに無条件で従うのが当たり前と思い込んで、ただ稽古に打ち込むものと考えがちだが、そこは分かりやすい説明を提供してくれるのが違う。

分かりやすく客観的に伝えるというのは日本人では難しいと思う。例えば、SAYURIでお座敷で芸者たちが白塗りをするようになったのは、当時の照明の暗さからということを学べたのと同じことだ。日本映画だと、古い時代の部屋の暗さというものに注意を払っていないことが多い。そのSAYURIの影響なのか、今年のNHKの大河ドラマ「八重の桜」では、当時の夜の暗さ、陰影の中で生活していた人々の営みがSAYURIのように表現されている。日本人がハリウッドから真の日本を学んだということか。
by masagata2004 | 2013-02-12 23:55 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

風流やな

b0017892_14213073.jpg

間から通る寒風が気持ちいい。鳥のさえずる声も。京都、東福寺近くの雪舟寺にて。
by masagata2004 | 2013-02-10 14:21 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

KIMONOでMIYAKOを訪ねる

先週末、わけあって、MIYAKOに。あのハリウッド映画「SAYURI」の舞台となった街である。情けないながら、あの映画を観て以来、私はMIYAKOに強い関心を寄せている。

そして、その旅は、これまでのMIYAKOの旅とは一味も、二味も違ったとても充実したものとなった。
というのも、KIMONOを着て、丸2日間、MIYAKOの名所を回ったからだ。

b0017892_202346100.jpg


KIMONOだと、普段着ている洋服と違い、実に動きがしんどくなる。足はKIMONOだけでなく足袋と草履により、靴をはいて歩くのと大きく違い、動きが実に鈍くなる。しかし、だからこそ、違った目線でMIYAKOを眺められるというもの。

b0017892_2026218.jpg

MIYAKOの名所である建物の中に入り、畳の上に座り庭園を眺めたり、MIYAKOのHANAMACHIを歩いたり、HANAMACHIの料理屋で懐石を食したりと。それが、これまでにない感覚だったのだ。

また、MIYAKOならではのKIMONOにまつわる出来事も体験した。着物の後ろの尻辺りの糸がほつれ、みっともなく困ったところ。お寺の市で帯を売っている露店に立ち寄り、何とかできるところはないかと訪ねてみると、そこの女主人が「こんなんやったら、私がしてやれるわ」と言って、針と糸でほつれをその場で直して貰った。

また、足袋を買おうと思い呉服屋を訪ね、サイズを合わせようと試着をしている時、足袋を靴下と同じように足を伸ばして履こうとしていたところ、中年の女性客が「あなた、足袋は足を床に直角にしたら履きやすいわよ」と助言を受けた。

うーん、実にMIYAKOらしい。

ところで、観光の面でいうと、すばらしい体験といえば、

More
by masagata2004 | 2012-10-23 20:14 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

只今、MIYAKOにいます

b0017892_1411633.jpg


醍醐寺の五重の塔。建てられたのは、今から1000年以上も前。
by masagata2004 | 2012-10-21 14:11 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

私をMIYAKOに連れてって

b0017892_16125646.jpg

by masagata2004 | 2012-10-20 16:12 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

今年の夏はエンジェルたちと一緒にハワイで

といっても、実際のハワイに行くわけではない。

スクリーン上、または画面上のハワイに行き、エンジェルたちとリゾート気分を味わうことを意味する。

そのエンジェルというのは、1970年代一世風靡をした探偵ドラマ「チャーリーズエンジェル」のこと。そのドラマでエンジェルたちがハワイで活躍をするというエピソードがあり、それが入ったDVDを買った。
以下は、そのエピソードの1場面が入ったYou Tube映像。著作権侵害だろうから、いずれ消されるだろうけど。


DVDが欲しければ、以下のサイトで購入可。

チャーリーズ・エンジェルコンプリート シーズン2 Vol.1 [DVD]

内容は、ロスの3人の美人探偵に、姿を見せない謎のボス、チャーリーから電話が。いつも通り仕事の指令かと思いきや、今回はハワイ滞在中のボスが何者かによって誘拐されたので、急遽来て救い出すように頼まれる。

ハワイに着くと、誘拐犯のギャングの女から、刑務所にいる夫を脱獄させ、それと引き替えにチャーリーを渡すと告げられる。ボスを救うべきエンジェルたちは、脱獄補助を引き受けるが、別のギャングがチャーリーを狙い、事態は複雑に。

もちろん、最後にボスは救われ、ギャング達は一網打尽に。一件落着で、一同、ハワイの宴会ルアウをエンジョイ。マイタイ、パイナップル、フラダンス・ショーを楽しむ。

More
by masagata2004 | 2012-07-13 16:43 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

京都行ってきました

時にはぶらりと日本の古都へ。

他に用事があって、その帰り際に新幹線での寄り道。

典型的な観光スポットをめぐる旅。湯葉などの京料理もいただきましたが。

清水寺
b0017892_23192574.jpg


嵯峨野嵐山の天龍寺と竹林
b0017892_2320262.jpg

b0017892_23205789.jpg


金閣寺
b0017892_23221182.jpg

b0017892_23223898.jpg

独自の角度で撮りました。

平安神宮
b0017892_2323524.jpg

b0017892_23333167.jpg

中庭の建物の屋根についていた苔に惹かれてしまいました。

てなわけで、また行きたいと思います。その時も、ぶらりと寄り道になりそうです。今度は東寺、先斗町、醍醐寺に必ず寄ります。


by masagata2004 | 2012-03-29 23:29 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

いうだけ番長

b0017892_1118116.jpg

その選挙区にて。
by masagata2004 | 2012-03-18 11:18 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

福島県伊達市保原

b0017892_8275666.jpg

東京や福島駅より少し右に振れる。
by masagata2004 | 2011-07-16 08:27 | 旅行 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧