<   2004年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

モナリザ・スマイルを見ました

昨日、レンタルビデオ店に行って、DVDでモナリザ・スマイルを借りて見た。

1953年、進歩的な考え方を持った女教師が、保守的な校風を持つ名門女子大で働くことになるが、手ごわい女子大生たちとそれを取り巻く保守的な社会と大奮闘をする。

全体的評価としては、まあまあかな。だが、主役のジュリア・ロバーツが、ミスキャストだったと思う。ジュリア・ロバーツは、すばらしい女優だし演技力があったのは分かるが、どうもあのキャラクターには不向きな感がある。ジュリアのイメージに対しては、地味すぎるキャラクターなのだ。

似たようなテーマの映画にロビン・ウィリアムズ主演の「今を生きる」というのがあったが、あの映画は、ストーリー展開がスローで、面白くなかったという印象を持った。すばらしい先生との出会いで生徒たちが変わるというが、実体験からいえば、逆のことが私には多かった。だから、馴染みが持てないのだと思う。

モナリザ・スマイルに関しては、当時の女性の生き方を大げさなまでに描写していたのが面白かった。また、レトロでおしゃれなインテリアやファッションが楽しめた。エルトン・ジョンの歌を50年代か60年代の映像を交えて流すエンディングは楽しめた。

まあ、現在は、かつてのような幻想を信じていた時代ではないのだ。結婚すれば幸せになるとか、親は子供を虐待しないとか、昔は良かった、良かったとかいうのにはうんざりだ。そういうことをテーマにした映画だったと思う。特に、女性からすれば、そういう意見が強いのだろう。

ちなみに、この映画の舞台となったマサチューセッツ州のウェズリー大学だが、この大学のホームページを見たところ、キャンパスを撮影に使わせたが、あくまで映画に描かれている内容はフィクションで、50年前当時の大学は、かならずしもあの映画のように排他的ではなかったと言っている。モダン・アートもちゃんと教えていたと。
まあ、確かに大袈裟だよな。ただ生徒たちが、きちんと予習をして先生を困らせたりする手強さは今も昔も変わらずとのこと。

時代は変わり、家庭に身を置くだけの専業主婦の時代は終わったというのが、日米ともにいえることらしいが、アメリカは、分かりやすく変わっている。このDVDの特典メニューに、当時と現在の弁護士資格取得者の女性比率というのがあるが、50年前は7%だったのが、現在は47%だ。日本はどのくらい変化があるのだろう?

そういえば、お隣り中国では、最大の電機メーカーの社長が女性だったな。そして、上海の街角の看板には「男女平等是我国的基本国策」と掲げられていた。世界全体で、そういう変化が20世紀後半に起こったのだろう。
by masagata2004 | 2004-12-29 12:16 | 映画ドラマ評論

2004年、最大のニュース

 2004年、最大のニュースといえば、相次いだイラクでの人質事件だったと思う。特に日本人の我々にとっては、4月に最初のケースに直面したため、その衝撃は大きかったように思う。

 その2004年を締めくくるように、今年8月にイラクの武装勢力に拘束された仏公共ラジオのクリスチャン・シェノ記者(37)とフィガロ紙のジョルジュ・マルブルノ記者(41)がそろって12月21日に解放された。誘拐犯の要求は、フランスで9月から施行された公立学校でのイスラム教徒のスカーフ着用禁止法の撤回だった。シラク大統領は、応じなかった。もっとも、フランスはイラクに軍隊を派遣してなかったので、必ずしも敵とみなされたわけではなかったように思う。

 シラク大統領は、モロッコでの休暇を返上してまでこの2人の記者を、パリに戻り出迎えに行ったと聞く。自己責任論や無謀さを問う声は全くなかった。

 同じ欧州で軍隊を派遣しているイタリアは、軍の撤退の要求をつきつけられ、4月に人質が殺された。そして、9月には、ボランティア活動をしていた女性2人が拘束され、3週間後に解放された。その女性2人が、帰国した時、ベルルスコーニ首相は、空港に彼女たちを出迎えた。彼女たちは、熱烈な歓迎を受け、また堂々と「イタリア軍は撤退すべき」と発言できた。自己責任論は問う声は、多少あったものの、おおむね英雄として好意的に迎えられた。

あれ、これらを聞くと、どこぞの国の反応とは大違いでは?

 日本では、小泉首相が、人質となったボランティア活動家の高遠菜穂子さんが、イラクでの活動を続けたいというと「寝食忘れてみんなが大変だったのに、よくもそんなこと言えるな」と大批難。自己責任論が飛び交い、人質となった3人は、被害者というより加害者として迎えられた。このフランス・イタリアと日本の違いは、以下の3点に集約される。

(1)記者クラブ体制でぬくぬくとできるマスコミ業界の体質から、危険なところまで足を運んで取材する意義を理解できないマスコミ人が多くなり、人質となった記者と共感できない日本ジャーナリズムの堕落。

(2)ボランティアを趣味程度にしか考えられない社会認識の乏しさ。欧米では、NGOなどの民間団体が、主体となって紛争地域の救援活動を行い、政府も援助金を出し支援しているが、日本では国内でさえ、民間ボランティアの活動は、まだまだ認知度が低い。

(3)官尊民卑、お上頼みの思想。そもそも納税者に雇われている政治家が「自己責任」ということ自体、職務放棄と考えるべきなのだが、自分たちが納税者という意識が欠如していて、遠慮がちになっている。民主主義においては、市民が政府に要求していくことは当然の権利であることが分かっていない。

 4月に起こった日本人人質事件ほど、日本の問題点を浮き彫りにした事件はなかったように思う。オリンピックで金メダルをいくつ取ろうと、GDPが、世界第2位であろうと、こういう社会意識の貧しい国は、けっして世界から尊敬を集めることはできないだろう。国連安保の常任理事国入りなんて、ちゃんちゃらおかしい。

 また、憲法9条を改正させ、軍隊を持つ普通の国にしたいというが、犯罪の被害者に対し、自己責任論をがなり立てる国家が、果たして国民を緊急時に救えるか大いに疑問である。

 12月20日にテレビ東京で高遠菜穂子さんの現在の活躍を報じるドキュメンタリーがあった。イラクで活動できない今は、隣国のヨルダンで、イラク人と一緒になって再建活動を行っている姿が映し出された。日本の国益ということを考えると、これほど、国益に貢献している人はいないのではないかと思う。占領の当事国のパウエル国務長官が「誇りに思うべき」と言ったのが、皮肉にもうなづける。

2005年はいい年にといいたいが、日本社会には、あまりにも課題が多い。
by masagata2004 | 2004-12-27 11:39 | 時事トピック

またもや証明された日本の民度の低さ

Excite エキサイト : 国際ニュース

今年8月に拘束されたフランス人記者が4ヶ月経って解放された。帰国時には、シラク大統領が出迎えに来たと言う。自己責任論は全くなし。むしろ、英雄として帰国。

そういえば、8月だったかな、イタリア人の女性ボランティアの方たちが解放されたときも、イタリアの首相ベルルスコーニ氏が出迎えに空港に来たと言う話。

日本で4月に起こった人質事件のときは、小泉首相の反応と言えば
「活動続けたいとは、寝食忘れてみんなが頑張ったというのに、そんなこというんですかねえ」とものすごい批判。

日本って、民主主義国でも、先進国でもないってことですよね。
by masagata2004 | 2004-12-26 00:33 | 時事トピック

冬のソナタの完全版を見ています

Excite エキサイト : 芸能ニュース

NHKの衛星第2で、冬のソナタの完全版を字幕で見ている今日この頃。

冬ソナブームが理解できずにいる私だが、見てもないのに批判も称賛も出来ないと思い、見ることにした。

感想は、これまでのところ、第6話まで見たところだが、うーんとつぶやきたくなる。

このドラマは、80年代、日本で流行したトレンディ・ドラマに似通っている感じがする。登場人物のファッション、舞台となる場所のあでやかさや景色の美しさなどが、メロドラマ的なストーリーよりも売り物なんだろう。音楽もまあまあだ。

また、日本に似ているようで日本でない韓国らしさも魅力なのかも。

だが、同年代の男として言うが、ヨン様は決してかっこいいとは思えない。あの役にしては、ちょっと軟派過ぎる。
だが、同年代の男として言いたいのが、ヨン様の恋人役のチェジュウは、美しい。スタイル抜群の上、けばけばしさをいっさい感じさせない清楚な美しさがある。ドラマでは、チェジュウばかりを追って見ていた。恋敵役の女優も、垢抜けていい感じだ。

30代の自分などは、高校時代の思い出と重なり合い懐かしい感じがした。

私は、冬ソナの人気は、日本映画やドラマの退屈さを裏返したもののように思えてならない。

日本のドラマは、実につまらない。ストーリーがつまらない上に、俳優の演技が下手だ。
日本には、個性的な俳優が少ない。型にはまった演技しか出来ないへたれたやつばかり。
芸能界に限らず、社会全体がそんな感じだ。

そういう不満を共有する人々が韓国ドラマに逃げ込んだのではと思ってしまう。

何はともあれ、韓国に一度行ってみたい。何も、冬ソナの舞台でなくてもいいから。
by masagata2004 | 2004-12-23 12:31 | 映画ドラマ評論

米国の大学で環境学を学びました

私も環境問題には関心がありまして、アメリカの大学に留学していたときに選択科目として学びました。私の卒業した大学は、サンフランシスコ州立大学で、専攻は国際関係学でした。そこで、グレン・フィールドマンという教授に出会いました。彼女は、神保さん同様、地球環境破壊を大変憂慮されている方です。

以下が、私がフィールドマン女史の講義から学んだ事柄です。

1)開発によって経済発展をもたらすというが、それが原因で起こるとされる環境破壊の補修コスト(堤防工事など)を考えると、必ずしも効率的でない。

2)技術革新をしたとしても、絶対的に消費量が増える限り、環境負荷を減らすことはできないので、生活そのものを変えるしか方法はない。ガソリン自動車を電気自動車に、ではなく、自動車をやめ電車やバスに乗り換えるような発想。

3)経済成長重視の現在の経済システムや概念を変えるしかない。だからといって、社会主義がいいというのではない。旧共産主義圏では、コストという感覚がなかったので、効率的な資源の消費が行われなかった。

4)環境学を学ぶなら、同時に経済学や政治学を学べ、これまでの環境保護論者の欠点は、問題提起ばかりをして、解決策を明示できなかったことにある。解決策を考えるには、環境をただの自然問題としてイメージするのではなく、政治や経済と大きくつながる事象としてみよということ。

以上のことが主ですが、それ以外にもたくさんありました。多少、参考になったでしょうか?もっとも、神保さんなら、すでにご存知のことばかりですよね。

ところで、最近、環境問題に関する報道が減ったのは、関心が低くなったことよりもメディアのスポンサー圧力によるものではないでしょうか?これはフィールドマン女史が、たびたびいわれていたことで、アメリカではそれが顕著で、日本でも同じことが言えるのではと思います。

その意味でも、インターネットには頑張って貰わないとこまります。また、神保さんのようなジャーナリストにも!
by masagata2004 | 2004-12-20 09:37 | 米留学体験談

マサガタより意見します

「不死身」の秘訣

マサガタです。わざわざ、私のために記事を書いてくれてありがとうございます。私は、中村さんのことはよく知らないですし、記者の経験もないので生意気なことを言えた義理はありません。身勝手じゃないかと言うコメントは、少しネタ的な意味がありました。

中村さんが行かないと言う決断をしたことを、素直に喜べない心境です。というのも、4月の人質事件でも分かるように、イラクに入るジャーナリストの身を案じて説得したというよりも、自分たちの仕事が増えるから嫌だという感じがしてなりません。外務省は納税者に雇われている公僕であり、民が、法律や憲法で認められた範囲内でどういう行動を取ろうが自由なのであり、それを分かった上で仕事をすることが彼らの義務だと思います。政府はいかなる理由があるにせよ、移動や報道の自由を制約してはいけないのです。日本は一応、民主主義国なのですから。

また、危険だからと言ってジャーナリストが入れないとなると、かつての大本営発表のように偏った情報しか入らなくなる別の危険性もあります。

外務省には、説得するなら、隠密裏にして貰いたかったです。4月の人質事件に続いて悪い前例を作っているようでならないです。

それから、日本にはジャーナリストやNGOに対する社会の理解が、他の国々に比べとても浅いと思います。高遠さんの活動を趣味でやっているとか平気で言う人がいますが、そういう人に限って、ボランティアなどしたことない人ばかりです。また、彼女が女性で民間でやっていることも、攻撃理由になったのだと思います。日本は、男尊女卑、官尊民卑の国ですから。他国では、政府機関よりNGOなどの民間が援助活動の主体となっていることをお忘れなく。アメリカのパウエル国務長官が、「誇りに思うべき」と言ったのも、そういう背景があるのでしょう。イタリアでは、同じ女性のボランティア活動家が帰国した時、ベルルスコーニ首相が出迎えに来たほどです。

ジャーナリストに関して言えば、かつては沢田教一のような人がいたと言うのに、情けないですね。

人質事件で私の知っている自称市民派議員の認識の低さにがっかりした体験を書いた記事を読んでください。これが、日本の現実です。
by masagata2004 | 2004-12-17 13:19 | メディア問題

石原都知事が証明する民度の低さ

TBSの社員が名誉毀損で書類送検された。なんでも、「サンデーモーニング」で石原慎太郎の発言の誤報を流したというのだ。

「韓国の植民地化を100%肯定するつもりはない」というところを
「韓国の植民地化を100%肯定するつもりだ」と流したという。

はっきり言ってばかばかしい。誤報と言っても、発言の意図するところはあまり変わらないのに。結局は、日本の植民地化は、悪くなかったんだという演説だったのだ。

この発言がなされた場所も、北朝鮮の拉致に抗議する集会だった。拉致のことに対してだけ言えばいいのに、くだらない話を持ってきて、国交にまで影響することを平気で言う。

こんな品性のない人が、日本の首都の知事をやっているというから、日本の民度がいかに低いかを象徴している。

イラク人質事件でも、予想通り、人質になった人達を非難。覚えているな、TBSのNEWS23で恥さらしの非難発言がされた後に、アメリカのコリン・パウエル国務長官が、「日本人は3人を誇りに思うべきだ」と正反対の発言。

石原慎太郎って、コリン・パウエルを崇めているんじゃなかった。会って拉致問題や国家安全保障について話をしたということを自慢していたっけ。

ま、所詮は含蓄が違うわな。あっちは、実績で登りつめた人。こっちは、人気スターの弟の知名度を利用した人。


しかるに、この老人だけを責めても仕方ない。日本全体の民度の低さの問題だと思う。石原都知事が、中国人のサッカーファンの態度を見て「民度が低い」と言っていたが。同じことが日本でも言えるのだろう。

政界見ても、小粒ばかり。暴言を吐き飛ばす政治家の方々には、国益と言う概念がないように思う。国民も、政治家が暴言を吐くことが、どれだけ国益を害するかということを理解できてないのだろう。

中国が嫌いな政治家が多いようだが、中国は日本にとって最大の輸出先だ。つまり、お得意先ということを忘れてはならない。貿易立国の日本にとって、それがどういう意味を持つか考えろと言いたい。

普通の先進国なら、こういう人に対抗する人が政界に出てきて活躍するものだが、なかなかそんな人は出てこない。それだけ、民度の低い国民性なのだろう。
by masagata2004 | 2004-12-14 19:11 | 時事トピック

高遠さんと森沢さんの講演に参加しました

You Know You're Right

昨夜、志葉さんのサイトの紹介で、明治大学のリバティホールで行われた高遠菜穂子さんと森沢典子さんの講演に参加した。大変、有意義な時間が過ごせたと。高遠さんは、イラクで人質になったことで敢えて説明が要らないくらい有名だが、森沢さんは、あの事件の時に偶然、高遠さんと会ったことで、人質救出に関し政府の関係者と情報収集をしていたジャーナリストである。

二人ともイラクの現状を、現地で自ら撮った写真や映像、また、現地の人からもらった写真や映像で紹介した。様々な写真と映像が見せられ、中にはとてもえぐいものもあった。高遠さんは、現時点では、イラク側の情報が圧倒的に少なく偏った状態なので自分が伝えなければいけないと語った。

私は、高遠さんの講演には、これで二度目の参加となる。最初は、7月に中野ゼロホールでの講演だった。その時、彼女は、涙ながらに話をしており、大変そうだったが、昨日はその点、すっかり元気になった様子で安心した。高遠さんが、今回のイラク体験を綴った講談社刊「戦争と平和」は、売れ行き好調だときいた。

高遠さんを含め人質になった人達は、ある意味、日本社会を大きく変えた存在だったと思う。無関心が蔓延する社会だからこそ、バッシングにあいながらも、最後は、多くの人に考えさせる機会を与えたと思う。私個人としては、あの事件をきっかけに、支持していた国会議員のふがいなさを見抜き、世の中をしっかり見据える目を育てられたと思う。

講演の質疑応答をする時間で、私の質問に高遠さんは答えてくれた。質問は、「TBSのCBSドキュメンタリーで、米兵が自分たちが撤退したらイラクが混乱するので駐留を続けるべきという意見をどう思うか?」だったが、高遠さんは、「米兵が駐留を続けるからこそ、イラクは混乱しており、米兵の中にも攻撃して占領した自分たちが現地の平和維持をしなければいけないことに混乱している」と回答した。もっともな、話しだと思う。


とにかく、高遠さん、頑張ってください。
by masagata2004 | 2004-12-05 14:39 | 時事トピック


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧